セミナー・イベント情報

2013年10月08日

「中小企業の経営を、ワーク・ライフ・バランスの観点から考える」

企業経営のあるべき姿を、ワーク・ライフ・バランスの観点から読み解く

「中小企業の経営を、ワーク・ライフ・バランスの観点から考える」


企業経営のあるべき姿を、

ワーク・ライフ・バランスの観点から読み解く

「中小企業の経営を、ワーク・ライフ・バランスの観点から考える」
さまざまな働き方で仕事と生活の充実をはかり、中小企業の発展を目指す
厳しい経営環境の中で成長を続けるために必要なものは数多くありますが、1975 年に発表
された「中小企業における労使関係の見解」では、「実際の仕事を遂行する労働者の生活を
保障するとともに、労働者の自発性が発揮される状況を企業内に確立する努力が何よりも重
要」であると指摘しています。やりがいを感じながら仕事の責任を果たし、かつ家庭や育児
、地域活動など日々の暮らしの充実を図るものと読むことができるこの考え方は、今日の「
ワーク・ライフ・バランス」に通じるものではないでしょうか。
 
企業経営のあるべき姿を、ワーク・ライフ・バランスの観点から読み解きます。
日時:平成25年11月26日(火)13:30?18:30
場所:大阪府大阪市中央区農人橋1-1-22 大江ビル13階会議室(リヒトビル)
◇第1部 13:55 - 16:40 
1.講演「中小企業経営とワーク・ライフ・バランス」
渥美 由喜氏 ((株)東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワーク・ライフ・バランス研究部長
2.パネルディスカッション
● コーディネーター 渥美 由喜氏
● パネリスト 鋤柄 修氏(中小企業家同友会全国協議会 会長)
古芝 義福氏(牧岡合金工具株式会社 代表取締役社長)
西村 佳津子氏(株式会社ロッコー 取締役営業本部部長)
◇第2部 17:00 - 18:30
グループ討論
◇情報交換会 18:45 - 20:00 ※希望者のみ
対 象:中小企業経営者または人事労務等の責任者
定 員:130 名程度
参加費:無料 (情報交換会参加の方は参加費 1,000 円 ※希望者のみ)
主 催:内閣府男女共同参画局、大阪府中小企業家同友会 
共 催:中小企業家同友会全国協議会
参加協力:おおさか男女共同参画促進プラットフォーム
詳細・お申込み
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/event/pdf/h251002_event.pdf


厳しい経営環境の中で成長を続けるために必要なものは数多くありますが、1975 年に発表された「中小企業における労使関係の見解」では、「実際の仕事を遂行する労働者の生活を保障するとともに、労働者の自発性が発揮される状況を企業内に確立する努力が何よりも重要」であると指摘しています。やりがいを感じながら仕事の責任を果たし、かつ家庭や育児、地域活動など日々の暮らしの充実を図るものと読むことができるこの考え方は、今日の「ワーク・ライフ・バランス」に通じるものではないでしょうか。

 

企業経営のあるべき姿を、ワーク・ライフ・バランスの観点から読み解きます。

 

<概要>


・タイトル:「中小企業の経営を、ワーク・ライフ・バランスの観点から考える」

 

・日時:平成25年11月26日(火)13:30 - 18:30

・場所:大阪府大阪市中央区農人橋1-1-22 大江ビル13階会議室(リヒトビル)

 


<プログラム>

◇ごあいさつ / 事前説明 13:30 - 13:55

◇第1部 13:55 - 16:40 

1.講演「中小企業経営とワーク・ライフ・バランス」

渥美 由喜氏 (株)東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワーク・ライフ・バランス研究部長


2.パネルディスカッション

● コーディネーター 渥美 由喜氏

● パネリスト

 鋤柄 修氏 中小企業家同友会全国協議会 会長

古芝 義福氏 牧岡合金工具株式会社 代表取締役社長

西村 佳津子氏 株式会社ロッコー 取締役営業本部部長


◇第2部 17:00 - 18:30

グループ討論


◇情報交換会 18:45 - 20:00 ※希望者のみ


 

・対 象: 中小企業経営者または人事労務等の責任者

・定 員: 130 名程度

・参加費: 無料 (情報交換会参加の方は参加費 1,000 円 ※希望者のみ)


・主 催: 内閣府男女共同参画局、大阪府中小企業家同友会 

・共 催: 中小企業家同友会全国協議会

・参加協力: おおさか男女共同参画促進プラットフォーム


 

<詳細・お申込み>

内閣府チラシ(PDF)

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/event/pdf/h251002_event.pdf

 

PAGE TOP