セミナー・イベント情報

2013年07月29日

平成25年度「ダイバーシティ経営企業100選」の公募について

様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価

平成25年度「ダイバーシティ経営企業100選」の公募について

 

様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を

「経済成長に貢献する経営力」として評価

平成25年度「ダイバーシティ経営企業100選」の公募を開始
様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価
経済産業省では、女性、外国人、高齢者、障がい者など多様な人材を活かす
「ダイバーシティ経営」によって企業価値向上を果たした企業を募集していま
す。「優れたダイバーシティ経営企業」として選定された企業は、その取組内
容がベストプラクティス集に掲載され書籍として刊行されるほか、来年3月の
表彰式での公表や、新聞、雑誌など各種メディアからの取材などを通じて広く
発信され、優秀な人材獲得につながることも期待されます。
ダイバーシティ経営とは
「多様な人材(※1)を活かし、その能力(※2)が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価
値創造につなげている経営(※3)」のことです。これからの日本企業が競争力を高めていくために、必要かつ有効な戦略と
いえます。
(※1)
「多様な人材」とは、性別、年齢、国籍、障がいの有無などだけでなく、キャリアや働き方などの多様性も含みます。
(※2)
「能力」には、多様な人材それぞれの持つ潜在的な能力や特性なども含みます。
(※3)
「イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」とは、組織内の個々の人材がその特性をいかし、いきいきと働
くことの出来る環境を整えることによって、「自由な発想」が生まれ、新しい商品やサービスなどの開発につながります。
表彰概要
「ダイバーシティ経営企業100選」と「ダイバーシティ促進事業表彰」の2つの表彰を行います。「ダイバーシティ経営企業
100選」は大企業部門と中小企業部門※に分けて募集します。
※中小企業の定義は従業員規模300人以下(業種は問いません)
■ダイバーシティ経営企業100選
「ダイバーシティ経営」に優れている企業
■ダイバーシティ促進事業表彰
ダイバーシティ推進に取り組む企業に対してコンサルティング等を通じてサポートしたり、市場への情報発信等によりすそ野
を広げるための普及活動を行うなどの事業・プログラムを提供する企業
<事業・プログラムの例>
企業における女性・外国人・障がい者・高齢者等活躍の状況に関する情報発信サービス
多様な人材活用に関するコンサルティングサービス
ダイバーシティ経営に取り組む企業に対する金融サービス
企業の人材能力開発をサポートする学習サービス 等
★応募資格
原則として民間企業(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社等)であること。(都道府県、市町村等の地方公共団体、な
らびにそれに準ずる団体等、独立行政法人、大学、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、NPO法人等は応募対象外です
。)
応募時点までの過去3年間において、労働関連法令等に関して重大な違反がないこと。
反社会的勢力とのつながり等、社会通念上表彰にふさわしくないと判断される問題がないこと。
ページトップへ
★応募期間
平成25年7月16日(火)- 平成25年9月11日(水) ※17時まで必着
ページトップへ
★応募要領 (PDF)
http://www.diversity100sen.go.jp/entry/pdf/kigyo100sen_130716.pdf
<詳細・お問合せ先>
平成25年度ダイバーシティ経営企業100選 ホームページ
http://www.diversity100sen.go.jp/

 

ダイバーシティ経営企業100選マーク.JPG

経済産業省では、女性、外国人、高齢者、障がい者など多様な人材を活かす「ダイバーシティ経営」によって企業価値向上を果たした企業を募集しています。「優れたダイバーシティ経営企業」として選定された企業は、その取組内容がベストプラクティス集に掲載され書籍として刊行されるほか、来年3月の表彰式での公表や、新聞、雑誌など各種メディアからの取材などを通じて広く発信され、優秀な人材獲得につながることも期待されます。


ダイバーシティ経営とは

「多様な人材(※1)を活かし、その能力(※2)が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営(※3)」のことです。これからの日本企業が競争力を高めていくために、必要かつ有効な戦略といえます。


(※1)「多様な人材」とは、性別、年齢、国籍、障がいの有無などだけでなく、キャリアや働き方などの多様性も含みます。

(※2)「能力」には、多様な人材それぞれの持つ潜在的な能力や特性なども含みます。

(※3)「イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」とは、組織内の個々の人材がその特性をいかし、いきいきと働くことの出来る環境を整えることによって、「自由な発想」が生まれ、新しい商品やサービスなどの開発につながります。

 


表彰概要


 

「ダイバーシティ経営企業100選」と「ダイバーシティ促進事業表彰」の2つの表彰を行います。「ダイバーシティ経営企業100選」は大企業部門と中小企業部門※に分けて募集します。

※中小企業の定義は従業員規模300人以下(業種は問いません)


■ダイバーシティ経営企業100選

「ダイバーシティ経営」に優れている企業

・大企業部門

・中小企業部門

 


■ダイバーシティ促進事業表彰

ダイバーシティ推進に取り組む企業に対してコンサルティング等を通じてサポートしたり、市場への情報発信等によりすそ野を広げるための普及活動を行うなどの事業・プログラムを提供する企業


<事業・プログラムの例>

・企業における女性・外国人・障がい者・高齢者等活躍の状況に関する情報発信サービス

・多様な人材活用に関するコンサルティングサービス

・ダイバーシティ経営に取り組む企業に対する金融サービス

・企業の人材能力開発をサポートする学習サービス 等


★応募資格

・原則として民間企業(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社等)であること。

(都道府県、市町村等の地方公共団体、ならびにそれに準ずる団体等、

独立行政法人、大学、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、

NPO法人等は応募対象外です。)

・応募時点までの過去3年間において、労働関連法令等に関して重大な違反がないこと。

・反社会的勢力とのつながり等、社会通念上表彰にふさわしくないと判断される

問題がないこと。



★応募期間

平成25年7月16日(火)- 平成25年9月11日(水) ※17時まで必着



★応募要領 (PDF)

http://www.diversity100sen.go.jp/entry/pdf/kigyo100sen_130716.pdf


 


<詳細・お問合せ先>

平成25年度ダイバーシティ経営企業100選 ホームページ

http://www.diversity100sen.go.jp/

 

PAGE TOP