セミナー・イベント情報

2013年07月25日

「イクメン企業アワード2013」参加企業募集

イクメン(働きながら育児を行う男性)を積極的に支援する企業を表彰

「イクメン企業アワード2013」参加企業募集

 

イクメン(働きながら育児を行う男性)を積極的に支援する企業を表彰

「イクメン企業アワード2013」参加企業募集
イクメン(働きながら育児を行う男性)を積極的に支援する企業を表彰
出生数の減少に歯止めをかけるために、男性の育児休暇を認める企業が増えている。しかし、実際に休暇を取得している数は不況による収入ダウンにより伸び悩んでいる。子供を安心して育てられる環境を企業として整えていくことが求められ、それが社会的な企業に対しての評価につながる時代となってきた。
厚生労働省では、イクメン(働きながら育児を行う男性)を積極的に支援する企業を表彰する制度「イクメン企業アワード」を創設した。
このアワードでは、男性の育児参加が当たり前にできるような職場環境の改善・整備に取り組んだ企業、他社がすぐにでも採用・導入できるアイディアやユニークな取組を行っている企業を募集している。
各分野で活躍する有識者で構成された「イクメンプロジェクト」推進会議メンバーが審査を行い、推進委員会グランプリ、特別奨励賞(合計20?30社)を表彰する予定とのこと。
表彰企業の取組内容は、「イクメンプロジェクト」ホームページに掲載し、厚生労働省の広報でも紹介。
“イクメン応援企業”としての企業イメージアップに、ぜひ、ご応募してみてはいかがだろうか。
[応募資格]
・くるみん(次世代育成対策推進法に基づく都道府県労働局長の認定)取得企業
・育児のための休暇を取得した男性社員が1人でもいる企業
[応募期間]
平成25年7月16日(火)?9月6日(金)
[受賞企業の発表]
平成25年10月1日(火)
[応募方法]
「イクメンプロジェクト」ホームページから応募書類をダウンロードして、
電子メールか郵便で送付。
【「イクメンプロジェクト」ホームページ】
http://krs.bz/roumu/c?c=8748&m=52008&v=752ecaa9

 

family.jpg

出生数の減少に歯止めをかけるために、男性の育児休暇を認める企業が増えている。しかし、実際に休暇を取得している数は不況による収入ダウンにより伸び悩んでいる。子供を安心して育てられる環境を企業として整えていくことが求められ、それが社会的な企業に対しての評価につながる時代となってきた。


厚生労働省では、イクメン(働きながら育児を行う男性)を積極的に支援する企業を表彰する制度「イクメン企業アワード」を創設した。


このアワードでは、男性の育児参加が当たり前にできるような職場環境の改善・整備に取り組んだ企業、他社がすぐにでも採用・導入できるアイディアやユニークな取組を行っている企業を募集している。


各分野で活躍する有識者で構成された「イクメンプロジェクト」推進会議メンバーが審査を行い、推進委員会グランプリ、特別奨励賞(合計20?30社)を表彰する予定とのこと。

応募資格は、育児のための休暇を取得した男性社員が1人でもいる企業なので、

“イクメン応援企業”としての企業イメージアップに、ぜひ、ご応募してみてはいかがだろうか。



 

[応募資格]

・くるみん(次世代育成対策推進法に基づく都道府県労働局長の認定)取得企業

・育児のための休暇を取得した男性社員が1人でもいる企業


[応募期間]

平成25年7月16日(火) - 9月6日(金)


[受賞企業の発表]

平成25年10月1日(火)


[応募方法]

「イクメンプロジェクト」ホームページから応募書類をダウンロードして、

電子メールか郵便で送付。


【「イクメンプロジェクト」ホームページ】

http://krs.bz/roumu/c?c=8748&m=52008&v=752ecaa9

 

PAGE TOP