セミナー・イベント情報

2013年05月31日

スーパークールビズ2013 キックオフイベント 取材レポート

6月1日は「クールビズの日」、新たな「クールビズ ファッション&ライフスタイル」を提唱

スーパークールビズ2013 キックオフイベント

 

6月1日は「クールビズの日」、

新たな「クールビズ ファッション&ライフスタイル」を提唱

スーパークールビズ2013 キックオフイベント
6月1日は「クールビズの日」、新たな「クールビズ ファッション&ライフスタイル」を提唱
地球温暖化防止・省エネの一環として始まった「クールビズ」は、既に多くの企業で実施されて久しい。東日本大
震災の際の「電力制限」を機に、単純に「ノーネクタイ」だけではなく、さらにTシャツやアロハシャツも可とする
「スーパークールビズ」が提唱された。しかし、スーパークールビズを採用する企業の数はまだ少ない。採用しない
理由として、「仕事」と「遊び」のけじめがつかない。薄着・肌の露出が多くなり「だらしない」と思われる。とい
った意見や、女性は男性のようにネクタイを外すといった分かり易いクールビズファッションがないことが大きな理
由となっている。そのような声を受けて、新たなクールビズファッションの提案の場として「スーパークールビズ2
013 キックオフイベント」の第一弾が、東京・六本木で行われた。
■「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント」開催概要
【日時】平成25年5月31日(金)
【場所】六本木ヒルズアリーナ
【主催】環境省、クールビズ・プロモーション協議会
【後援】沖縄県
【協力】沖縄県衣類縫製品工業組合、かりゆしウェアを世界へ広める会、森ビル株式会社、吉本興業株式会社
<取材レポート>
会場の六本木ヒルズアリーナには、多くの報道陣が詰めかけ「スーパークールビズ」に対しての関心の高さがうかが
われた。
■「スーパークールビズ ファッションショー」
キックオフイベントの最初は、百貨店を中心とする12社の社員による「スーパークールビズ ファッションショー」
プロのモデルではなく、それぞれの百貨店社員がモデルとなって次々とスーパークールビズをテーマにしたファッシ
ョンを披露した。スーパークールビズと言っても、どのような格好をしたらよいのか戸惑っている方には分かり易い
紹介の仕方で、多くの人がすぐに着こなせる感じのファッションを中心に、扇子や日傘などのアイテムが紹介された
■6月1日「かりゆしウェアの日」
続いて、スーパークールビズでは必ず取り上げられる「かりゆしウェア」の紹介。。「かりゆし」とは沖縄県の多く
の企業・自治体が採用している、沖縄製アロハシャツのことである。もともと暑い土地なので、自然発生的に地元フ
ァッションとしてなじみのあったウェアだが、クールビズの推進で県全体で「かりゆしウェア」の着用が進んでいる
。以前の環境大臣の在任中に「かりゆしウェア」の導入を提唱した、小池百合子元環境大臣の挨拶に続いて、本場沖
縄県から川上好久沖縄県副知事が駆けつけエールを送った。
■「ベストクールビズ大賞」発表・表彰式
本イベントの目玉、クールビズファッション&ライフスタイルに、強い発信力のある方を表彰する「ベストクールビ
ズ大賞」発表・表彰式。
大賞を受賞したのは、女優の米倉涼子さんと俳優の丸山智己さん。さわやかなファッションで登場した米倉さんは「
私の名前自体が<涼>とクールです。」と挨拶。男性受賞者の丸山智己さんは「夏はほとんどエアコンを使わず、窓を開けて風を通して暑さをしのいでいます。」とエコなライフスタイルを披露した。
■環境大臣挨拶
このイベントを主催した環境省の石原伸晃環境大臣が最後に挨拶。つい最近起きた日本の気温が異常に高くなったり低くなったりしたことやアメリカで発生した大規模な竜巻など、地球の環境変化に起因していると思われる事例を挙げて、このようなことが起きないように、一層の「スーパークールビス」の推進をアピールした。
日本では、沖縄のように「クールビズファッション」が企業・組織全体で定着しているところは少ない。特にビジネス習慣としての「スーツ・ネクタイが正装」という概念がまだ残っている限り「スーパークールビズ」の普及は進んでいかないだろう。「涼しく快適に、カッコ良く、豊かに」過ごすためのファッションやライフスタイル」とは、具体的にどんなものか「見える」取り組みの第一歩として、これからの拡がりを期待したい。
■各地域でのキックオフ・イベント開催について
[1]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 大阪」
【日程】平成25年6月3日(月)
【場所】阪急うめだ本店
[2]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 仙台」
【日程】平成25年6月6日(木)
【場所】仙台三越
[3]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 横浜」
【日程】平成25年6月10日(月)
【場所】そごう横浜店
[4]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 福岡」
【日程】平成25年6月12日(水)
【場所】大丸福岡天神店
[5]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 名古屋」
【日程】平成25年6月19日(水)
【場所】松坂屋名古屋店
<詳細>
平成25年度スーパークールビズの実施について(環境省)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16663
 

COOLBIZ 2013ロゴ.JPG

 

地球温暖化防止・省エネの一環として始まった「クールビズ」は、既に多くの企業で実施されて久しい。東日本大震災の際の「電力制限」を機に、単純に「ノーネクタイ」だけではなく、さらにTシャツやアロハシャツも可とする「スーパークールビズ」が提唱された。

 

しかし、スーパークールビズを採用する企業の数はまだ少ない。

採用しない理由として、「仕事」と遊びのけじめがつかない」、「薄着・肌の露出が多くなり、だらしない」と思われる。といった意見や、「女性は男性のようにネクタイを外すといった分かり易いクールビズファッションがない」ことが大きな理由となっている。

 

そのような声を受けて、新たなクールビズファッションの提案の場として「スーパークールビズ2013 キックオフイベント」の第一弾が、東京・六本木で行われた。

 

全体写真.jpg

■「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント」開催概要

【日時】平成25年5月31日(金)

【場所】六本木ヒルズアリーナ

【主催】環境省、クールビズ・プロモーション協議会

【後援】沖縄県

【協力】沖縄県衣類縫製品工業組合、かりゆしウェアを世界へ広める会、森ビル株式会社、吉本興業株式会社

 


<取材レポート>


 

■「スーパークールビズ ファッションショー」


キックオフイベントの最初は、百貨店を中心とする12社の社員による「スーパークールビズ ファッションショー」。プロのモデルではなく、それぞれの百貨店社員がモデルとなって次々とスーパークールビズをテーマにしたファッションを披露した。スーパークールビズと言っても、どのような格好をしたらよいのか戸惑っている方には分かり易い紹介の仕方で、多くの人がすぐに着こなせる感じのファッションを中心に、扇子や日傘などのアイテムが紹介された。


モデルは全て百貨店・アパレル企業の社員>

モデルGS.png

3ショットGS.png

 

 

■6月1日「かりゆしウェアの日」

続いて、スーパークールビズでは必ず取り上げられる「かりゆしウェア」の紹介。。「かりゆし」とは沖縄県の多くの企業・自治体が採用している、沖縄製アロハシャツのことである。もともと暑い土地なので、自然発生的に地元ファッションとしてなじみのあったウェアだが、クールビズの推進で県全体で「かりゆしウェア」の着用が進んでいる。


環境大臣在任中に「かりゆしウェア」の導入を提唱した小池百合子元環境大臣の挨拶に続いて、本場沖縄県から川上好久沖縄県副知事、協賛している吉本興業の芸人たちが「かりゆしウェア」をアピールした。

 

kariyusi.jpg左から、小池百合子元環境大臣、川上義久沖縄県副知事、あべこうじ(芸人)、フルーツポンチ(亘健太郎・村上健志)

 

 

 

■「ベストクールビズ大賞」発表・表彰式

本イベントの目玉、クールビズファッション&ライフスタイルに、強い発信力のある方を表彰する「ベストクールビズ大賞」発表・表彰式。


大賞を受賞したのは、女優の米倉涼子さんと俳優の丸山智己さん。

 

さわやかなファッションで登場した米倉さんは「私の名前自体が<涼>とクールです。」と挨拶。男性受賞者の丸山智己さんは「夏はほとんどエアコンを使わず、窓を開けて風を通して暑さをしのいでいます。」とエコなライフスタイルを披露した。


米倉涼子.jpg・・丸山智己.jpg

ベストクールビズ大賞ベストクールビズ大賞

米倉涼子さん・・丸山智己さん

 

 


■環境大臣挨拶

このイベントを主催した環境省の石原伸晃環境大臣が最後に挨拶。つい最近起きた日本の気温が異常に高くなったり低くなったりしたことやアメリカで発生した大規模な竜巻など、地球の環境変化に起因していると思われる事例を挙げて、地球温暖化防止のために一層の「スーパークールビス」の推進を唱えた。

 

石原環境大臣.jpg

主催者挨拶 石原伸晃環境大臣

 


 

 

日本では、沖縄のように「クールビズファッション」が企業・組織全体で定着しているところは少ない。特にビジネス習慣としての「スーツ・ネクタイが正装」という概念がまだ残っている限り「スーパークールビズ」の普及は進んでいかないだろう。

 

「涼しく快適に、カッコ良く、豊かに」過ごすためのファッションやライフスタイル」とは、具体的にどんなものか「見える」取り組みの第一歩として、これからの拡がりを期待したい。



■各地域でのキックオフ・イベント開催について

 



 

[1]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 大阪」

【日程】平成25年6月3日(月)

【場所】阪急うめだ本店


[2]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 仙台」

【日程】平成25年6月6日(木)

【場所】仙台三越


[3]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 横浜」

【日程】平成25年6月10日(月)

【場所】そごう横浜店


[4]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 福岡」

【日程】平成25年6月12日(水)

【場所】大丸福岡天神店


[5]「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント in 名古屋」

【日程】平成25年6月19日(水)

【場所】松坂屋名古屋店

 


 


<詳細>

平成25年度スーパークールビズの実施について(環境省)

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16663

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP