編集部のオススメ情報

2013年06月19日

職場における腰痛予防の取組を!

厚生労働省が19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂

職場における腰痛予防の取組を!

 

19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂

職場における腰痛予防の取組を!
19年ぶりに「職場における腰痛予防対策指針」を改訂
職場での腰痛は、休業4日以上の職業性疾病のうち6割を占める労働災害となっています。厚生労働省は、平成6年9月に「職場における腰痛予防対策指針」を示し、主に重量物を取り扱う事業場などに対して、啓発や指導を行ってきましたが、近年は高齢者介護などの社会福祉施設での腰痛発生件数が大幅に増加している状況にあります。
今回の改定では、近年腰痛発生件数が増加している、福祉・医療分野等における介護・看護作業全般に範囲を広げるとともに、腰に負担の少ない介護介助法などを加えた改定となっています。
厚生労働省の指針では、
職場における腰痛は、特定の業種のみならず多くの業種及び作業において見られる。
腰痛の発生要因には、腰部に動的あるいは静的に過度の負担を加える動作要因、腰部への振動、温度、転倒の原因となる床・階段の状態等の環境要因、年齢、性、体格、筋力、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症等の既往症又は基礎疾患の有無等の個人的要因、職場の対人ストレス等に代表される心理・社会的要因がある。
腰痛の発生要因は、このように多元的であるほか、作業様態や労働者等の状況と密接に関連し、変化することから、職場における腰痛を効果的に予防するには、労働衛生管理体制を整備し、多種多様な発生要因によるリスクに応じて、作業管理、作業環境管理、健康管理及び労働衛生教育を総合的かつ継続的に、また事業実施に係る管理と一体となって取り組むことが必要である。
となっている。腰に負担のかかる作業や長時間の立ち作業に従事している方だけでなく、オフィスでのデスクワークなど同じ姿勢をとり続ける作業も注意が必要です。一定時間経過したら「ストレッチ体操」をするなど、予防に努めてください。
「職場における腰痛予防対策指針」には、体操の仕方も紹介されています。
<厚生労働省・職場における腰痛予防の取組を!>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html
「職場における腰痛予防対策指針及び解説」(PDF 948KB)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034et4-att/2r98520000034mtc.pdf

 

職場での腰痛は、休業4日以上の職業性疾病のうち6割を占める労働災害となっています。厚生労働省は、平成6年9月に「職場における腰痛予防対策指針」を示し、主に重量物を取り扱う事業場などに対して、啓発や指導を行ってきましたが、近年は高齢者介護などの社会福祉施設での腰痛発生件数が大幅に増加している状況にあります。


今回の改定では、近年腰痛発生件数が増加している、福祉・医療分野等における介護・看護作業全般に範囲を広げるとともに、腰に負担の少ない介護介助法などを加えた改定となっています。


厚生労働省の指針 (一部抜粋)


 

職場における腰痛は、特定の業種のみならず多くの業種及び作業において見られる。


腰痛の発生要因には、腰部に動的あるいは静的に過度の負担を加える動作要因、腰部への振動、温度、転倒の原因となる床・階段の状態等の環境要因、年齢、性、体格、筋力、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症等の既往症又は基礎疾患の有無等の個人的要因、職場の対人ストレス等に代表される心理・社会的要因がある。


腰痛の発生要因は、このように多元的であるほか、作業様態や労働者等の状況と密接に関連し、変化することから、職場における腰痛を効果的に予防するには、労働衛生管理体制を整備し、多種多様な発生要因によるリスクに応じて、作業管理、作業環境管理、健康管理及び労働衛生教育を総合的かつ継続的に、また事業実施に係る管理と一体となって取り組むことが必要である。


 

 

腰に負担のかかる作業や長時間の立ち作業に従事している方だけでなく、オフィスでのデスクワークなど同じ姿勢をとり続ける作業も注意が必要です。一定時間経過したら「ストレッチ体操」をするなど、予防に努めてください。「職場における腰痛予防対策指針」には、体操の仕方も紹介されています。

 


<厚生労働省・職場における腰痛予防の取組を!>

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html


「職場における腰痛予防対策指針及び解説」(PDF 948KB)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034et4-att/2r98520000034mtc.pdf

 

PAGE TOP