編集部のオススメ情報

2012年11月22日

【プレゼント】今のままでは日本企業は生き残れない!? 進化の先にある理想の組織図とは......

『組織能力のハイブリッド戦略』

 

 日本企業は欧米企業の影響を多分に受けながら、企業の形を模索してきました。その最たるものが、バブル崩壊後に多くの日本企業で導入された成果主義という人事制度です。日本企業の強みであった現場主義の組織体系は、この成果主義によって姿を変えてしまいました。一方で、さまざまな不安要素を抱えつつも、企業間のグローバル競争はますます激しくなっています。スピードと環境対応を強く求められるビジネス環境において、それについていけない企業はもはや生き残ることができないというシビアな状況。

 

 

 日本企業が、そのDNAに刻み込まれた強い組織を今こそ再構築し、グローバルな舞台で生き残るにはどうすればよいのか。そのヒントが本書『組織能力のハイブリッド戦略』に紹介されています。

 

 

 慶應義塾大学大学院経営管理研究科の経営学博士である高木晴夫教授は、多くの経営者や経営幹部が抱く「日本企業を強くするにはどうすればよいか」という切実な思いと、グローバル化へのニーズを受けて、今後求められる組織のかたちを明確にするために研究プロジェクトを立ち上げ、さまざまな企業に質問紙調査とヒアリングによる事例調査を行いました。その調査結果に基づいて書かれた本書には、これからの時代の組織作りに必要なヒントが詰まっています。

 

 

 組織能力のハイブリッド化とはどういう意味なのか、どのような道筋が必要なのか。変化の絶えないビジネス環境下で生き残る組織作りの足がかりになる1冊です。

 

 

ハイブリッド戦略.jpg

 『組織能力のハイブリッド戦略』

高木晴夫・著
ダイヤモンド社・発行
定価/本体2,100円+税

 

 


 今回、「Management Leader WEB」会員のみなさまとビジネスマガジンアプリ『Management Leader』読者のみなさまの中から、本書『組織能力のハイブリッド戦略』を抽選で2人の方にプレゼント! ご希望の方は「組織能力のハイブリッド戦略希望」と書いて、下記の宛先までご応募ください。

 

 

 

【プレゼント応募方法】
mng@businessbox.co.jp

 

お名前、送付先、および「組織能力のハイブリッド戦略希望」と明記の上、メールを送信してください。
締め切り:12月21日(金)
*抽選結果は発送をもって代えさせていただきます

 

 

 

(この記事は2012年11月22日公開のものです)

PAGE TOP