役立つ製品・サービス情報<PR>

2015年04月22日

スニーカーをコアにしたオトナのためのライフスタイル提案本

双葉社スーパームック『SNEAKER FANBOOK Vol.3』が発売中

スニーカーをコアにしたオトナのためのライフスタイル提案本

 

双葉社スーパームック『SNEAKER FANBOOK Vol.3』が発売中

スニーカーをコアにしたオトナのためのライフスタイル提案本
■双葉社スーパームック『SNEAKER FANBOOK Vol.3』が発売中
ナイキやアディダス、ニューバランスなどを中心にしたスニーカー人気がアツい。1990年代後半の大スニーカーブームを経験した世代だけでなく、コーディネイトのキーアイテムとして履きこなす女性や、ブラックミュージックを愛する若い世代によって、スニーカーをコアにしたライフスタイルが定着しつつある。
こうしたムーヴメントの追い風を受け、コレクターズアイテムとしてだけでなく、ライフスタイルを提案する書籍が双葉社スーパームック『SNEAKER FANBOOK Vol.3』だ。
今回で3号目となる本書では、ブランド誕生30周年を記念して、巻頭にて1985年製のオリジナル「エアジョーダン」を紹介しているのを始め、デザイナーズコラボモデルや最新のスニーカーを紹介。その一方で、東京、静岡、大阪で撮影した100通りのストリートスナップを掲載。スニーカーをコレクション品ではなく、履いていつものコーディネイトをもっと楽しくするという視点で構成されている。
巻頭には、よしもと芸人を中心にしたスニーカーファンコミュニティ「スニーカー同好会」主宰のレイザーラモンRGのインタビューを掲載。巻末に掲載された、注目の若手MC“HIYADAM”のインタビューと共に、影響力の大きなスニーカー愛好家の想いを綴っている。
RG氏は昨今の過熱気味なスニーカー人気に対して、「復刻物を追いかけるのはちょっとやめよう」と語っている。その真意と、お得意の“スニーカー同好会あるある”については『SNEAKER FANBOOK Vol.3』誌面で確認しよう。
また、紹介されている最新モデルは手に入れるのが難しい限定モデルだけでなく、比較的購入しやすい流通量が多いモデルも同格に扱われているのも特徴だ。
スニーカーが好きだけど、買ったまま履いていないアイテムがいくつもある。Webでヒットするスニーカー情報は、購入が難しい限定品ばかりでコーディネイトの参考になりにくい…… そんな経験を持つスニーカーファンならば一読の価値はありそうだ。
SNEAKER FANBOOK Vol.3
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45515-1.html

 

150421_book_01.jpg

ナイキやアディダス、ニューバランスなどを中心にしたスニーカー人気がアツい。1990年代後半の大スニーカーブームを経験した世代だけでなく、コーディネイトのキーアイテムとして履きこなす女性や、ブラックミュージックを愛する若い世代によって、スニーカーをコアにしたライフスタイルが定着しつつある。

こうしたムーヴメントの追い風を受け、コレクターズアイテムとしてだけでなく、ライフスタイルを提案する書籍が双葉社スーパームック『SNEAKER FANBOOK Vol.3』だ。

今回で3号目となる本書では、ブランド誕生30周年を記念して、巻頭にて1985年製のオリジナル「エアジョーダン」を紹介しているのを始め、デザイナーズコラボモデルや最新のスニーカーを紹介。その一方で、東京、静岡、大阪で撮影した100通りのストリートスナップを掲載。スニーカーをコレクション品ではなく、履いていつものコーディネイトをもっと楽しくするという視点で構成されている。


巻頭には、よしもと芸人を中心にしたスニーカーファンコミュニティ「スニーカー同好会」主宰のレイザーラモンRGのインタビューを掲載。巻末に掲載された、注目の若手MC“HIYADAM”のインタビューと共に、影響力の大きなスニーカー愛好家の想いを綴っている。

RG氏は昨今の過熱気味なスニーカー人気に対して、「復刻物を追いかけるのはちょっとやめよう」と語っている。その真意と、お得意の“スニーカー同好会あるある”については『SNEAKER FANBOOK Vol.3』誌面で確認しよう。


また、紹介されている最新モデルは手に入れるのが難しい限定モデルだけでなく、比較的購入しやすい流通量が多いモデルも同格に扱われているのも特徴だ。

スニーカーが好きだけど、買ったまま履いていないアイテムがいくつもある。Webでヒットするスニーカー情報は、購入が難しい限定品ばかりでコーディネイトの参考になりにくい…… そんな経験を持つスニーカーファンならば一読の価値はありそうだ。

 

150421_book_02.jpg

SNEAKER FANBOOK Vol.3

http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45515-1.html

 

PAGE TOP