役立つ製品・サービス情報<PR>

2014年04月14日

「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」始動

6月、ブラジルに期間限定オープンの「nakata.net Cafe 2014」スタッフを募集

中田英寿と日研総業が「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトを始動

 

6月、ブラジルに期間限定オープンの「nakata.net Cafe 2014」スタッフを募集

中田英寿と日研総業が「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトを始動
■6月、ブラジルに期間限定オープンの「nakata.net Cafe 2014」スタッフを募集
元サッカー日本代表、中田英寿氏は現役引退後、世界約90か国・150以上の都市を旅していたことは記憶に新しい。2009年からは47都道府県をめぐる旅で、日本の文化や伝統、ものづくりに触れることを通じ、日本には世界に誇れる文化や技術があることを再発見しながら、全国を巡っているという。
そんな中田氏が立ち上げた日本文化再発見プロジェクト「ReVALUE NIPPON」の取組みに共感した日研総業株式会社が、自社が運営する製造業専門の求人情報サイト「e仕事」と共同で、日本のモノ作りを活性化し、若者の働き方を豊かにすることを目指す新たなプロジェクト「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」を始動した。
4月14日(月)都内のホテルにて「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」のプロジェクト発表会が行われたのでその模様を紹介しよう。
そもそも「ReVALUE NIPPON」とは、中田氏自らが日本の文化・伝統・農業・モノづくりなどに直接触れながらその魅力を国内外に発信するもので、中でも「鍛金」「漆」「竹工芸」など伝統工芸をはじめとした日本のモノづくりに深く共感し、数多く体感しているという。
日本のモノづくりの将来を支えたい「e仕事」と、モノづくりこそ日本の真価であると伝えたい中田氏の「ReVALUE NIPPON PROJECT」の想いがひとつになり、このコラボレーションが実現したのだ。
近年、モノづくりに対する若者の関心が徐々に失われていくなかで、若者の製造業離れが進み、国内での労働力不足続いている。
そこでモノづくりのスキルを身につければ、会社に就くのではなく、職に就くという主体的で自由な働き方を選ぶことができるし、自身の生き方や働き方を積極的に選択することができる。このプロジェクトには、そんな自由な生き方を若い人たちへ提供したいという願いが込められているのだ。
発表会で中田氏は、現代の工業における工場のプレス技術にも通じる伝統工芸「鍛金」の話に触れ、「日本の製造業には日本人の気質である繊細さや、どこの国よりも厳しく作っていく人たちの思いや技術が詰まっています。プロジェクトを通じて日本人が持つモノづくりのDNAを繋ぎ伝えていくことで、日本が世界でも尊敬される、世界をリードする国になるのではと思います」と、自らが全国を旅して感じた日本のモノづくり魅力から、本プロジェクトへの意気込みを語った。
また、4月15日(火)からオンエアされる新CMもお披露目された。CMでは重要無形文化財保持者(人間国宝)と中田英寿氏がモノづくりに取り組む様子が描かれている。
さらに、「モノづくりニッポン e 仕事×ReVALUE NIPPON」ではキャンペーンの一環として、中田氏自らがプロデュースし、6 月に期間限定でブラジルのサンパウロにオープンする「nakata.net Cafe 2014」のスタッフを募集。ブラジルなんて遠いと思うかもしれないが、なんとブラジルまでの往復渡航費や宿泊費は日研総業が負担。しかも、現地までの専用送迎車付き、もちろん給与も出るとのことなので、少しでも興味を持った人はサイトをチェックだ。
<募集概要>
・応募方法:募集期間中に「e仕事」へアクセス・登録し、希望の職種を選択して応募。
・募集期間:4月14日(月)?4月30日(水)
・職種:(1)カフェのオープン準備・イベント補助スタッフ
(2)カフェ接客スタッフ 
・勤務地:ブラジル・サンパウロ市内 (滞在期間2週間を予定)
・宿泊先:サンパウロ市内のホテル (ホテル代は日研総業負担)
・交通費:ブラジルまでの往復渡航費は日研総業負担/現地までの専用送迎車付き
・給与:日給12,000円 研修期間中(国内)は時給1,000円 ※残業・深夜手当別途支給
・応募資格:学生不可
・キャンペーンサイト:http://1145monozukuri.jp
nakata.net Cafe 2014
http://nakata.net/cafe2014
ReVALUE NIPPON
http://nakata.net/rnp
「e仕事」
http://1145.jp/
日研総業
http://www.nikken-sogyo.co.jp/

 

140414_hide_01.jpg

元サッカー日本代表、中田英寿氏中田英寿氏は現役引退後、世界約90か国・150以上の都市を旅していたことは記憶に新しい。2009年からは47都道府県をめぐる旅で、日本の文化や伝統、ものづくりに触れることを通じ、日本には世界に誇れる文化や技術があることを再発見しながら、全国を巡っているという。


そんな中田氏が立ち上げた日本文化再発見プロジェクト「ReVALUE NIPPON」の取組みに共感した日研総業株式会社が、自社が運営する製造業専門の求人情報サイト「e仕事」と共同で、日本のモノ作りを活性化し、若者の働き方を豊かにすることを目指す新たなプロジェクト「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」を始動した。


4月14日(月)都内のホテルにて「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」のプロジェクト発表会が行われたのでその模様を紹介しよう。


そもそも「ReVALUE NIPPON」とは、中田氏自らが日本の文化・伝統・農業・モノづくりなどに直接触れながらその魅力を国内外に発信するもので、中でも「鍛金」「漆」「竹工芸」など伝統工芸をはじめとした日本のモノづくりに深く共感し、数多く体感しているという。


日本のモノづくりの将来を支えたい「e仕事」と、モノづくりこそ日本の真価であると伝えたい中田氏の「ReVALUE NIPPON PROJECT」の想いがひとつになり、このコラボレーションが実現したのだ。


近年、モノづくりに対する若者の関心が徐々に失われていくなかで、若者の製造業離れが進み、国内での労働力不足続いている。


そこでモノづくりのスキルを身につければ、会社に就くのではなく、職に就くという主体的で自由な働き方を選ぶことができるし、自身の生き方や働き方を積極的に選択することができる。このプロジェクトには、そんな自由な生き方を若い人たちへ提供したいという願いが込められているのだ。


発表会で中田氏は、現代の工業における工場のプレス技術にも通じる伝統工芸「鍛金」の話に触れ、「日本の製造業には日本人の気質である繊細さや、どこの国よりも厳しく作っていく人たちの思いや技術が詰まっています。プロジェクトを通じて日本人が持つモノづくりのDNAを繋ぎ伝えていくことで、日本が世界でも尊敬される、世界をリードする国になるのではと思います」と、自らが全国を旅して感じた日本のモノづくり魅力から、本プロジェクトへの意気込みを語った。


また、4月15日(火)からオンエアされる新CMもお披露目された。CMでは重要無形文化財保持者(人間国宝)と中田英寿氏がモノづくりに取り組む様子が描かれている。


さらに、「モノづくりニッポン e 仕事×ReVALUE NIPPON」ではキャンペーンの一環として、中田氏自らがプロデュースし、6 月に期間限定でブラジルのサンパウロにオープンする「nakata.net Cafe 2014」のスタッフを募集。ブラジルなんて遠いと思うかもしれないが、なんとブラジルまでの往復渡航費や宿泊費は日研総業が負担。しかも、現地までの専用送迎車付き、もちろん給与も出るとのことなので、少しでも興味を持った人はサイトをチェックだ。


<募集概要>

・応募方法:募集期間中に「e仕事」へアクセス・登録し、希望の職種を選択して応募。

・募集期間:4月14日(月) - 4月30日(水)

・職種:(1)カフェのオープン準備・イベント補助スタッフ

(2)カフェ接客スタッフ 

・勤務地:ブラジル・サンパウロ市内 (滞在期間2週間を予定)

・宿泊先:サンパウロ市内のホテル (ホテル代は日研総業負担)

・交通費:ブラジルまでの往復渡航費は日研総業負担/現地までの専用送迎車付き

・給与:日給12,000円 研修期間中(国内)は時給1,000円 ※残業・深夜手当別途支給

・応募資格:学生不可

・キャンペーンサイト:http://1145monozukuri.jp

 

140414_hide_03.jpg

nakata.net Cafe 2014

http://nakata.net/cafe2014


ReVALUE NIPPON

http://nakata.net/rnp


「e仕事」

http://1145.jp/


日研総業

http://www.nikken-sogyo.co.jp/

 

PAGE TOP