役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年11月26日

2013冬オススメ タータンのグラデーションが絶妙なコクーンコート

人気スタイリストの村山佳世子さんが提案する2つのクラシカルで上品なコーディネート

2013冬のオススメ タータンのグラデーションが絶妙なコクーンコート

 

人気スタイリストの村山佳世子さんが提案する

2つのクラシカルで上品なコーディネート

2013冬のオススメ タータンのグラデーションが絶妙なコクーンコート
■人気スタイリストの村山佳世子さんが提案する2つのクラシカルで上品なコーディネート
いよいよコートが手放せない季節が到来したが、寒さに縮こまりながらも、1着新調するならどんなコートにしようか考えるのも楽しいもの。今年の流行、チェスターコートにチャレンジするのも良いし、定番のPコートやダッフルコートも手堅い。
コクーンコートも毎年人気が高いコートである。その名の通り、コクーン(cocoon)=蚕の繭のように体を包み込むシルエットなのでこのように呼ばれているが、ゆったりとしていて女性らしくフェミニンな印象を与えてくれる。
他の人と差をつけたいなら、タータン柄が魅力的な、こんなコクーンコートも良さそうだ。「NEWYORKER(ニューヨーカー)」の「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート(税込8万7150円?)」は、ネイビーを基調としたグラデーションのタータンがなんとも良い風合いを醸している。
ニューヨーカーオリジナルのハウスタータン柄をモチーフとしており、高度な技術が必要となるニードルパンチという手法を用いて、この手法でしか出せない独特なグラデーションを表現している。
ニードルパンチというのは、タータン柄と無地を二重織りにして縮絨加工を施した生地に、無地側から針でたたいて裏側のタータンの糸を表面に出していくという、聞いているだけでも手が込んでいることが想像に安い実に高度な手法だ。この手法を用いることで、表面に水彩画のような絶妙なグラデーションが表現され、仕立ての良さと相まって、高級感のある独特な趣が醸し出されている。
アームホールは動きやすいように計算されており、中に厚めのニットを着てもかさばらず、美シルエットを約束してくれるので、寒がりさんには嬉しい。素材は上質なウール95%・ナイロン5%(裏地ポリエステル100%)と暖かさは抜群だ。
上品かつ女性らしいシルエットを備え、通勤にはもちろんのことカジュアルなアイテムとも相性が良いので、着回しもバッチリなのであるが、たとえばニューヨーカーのWebマガジン『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』で、「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート」を使って、『Marisol』や『BAILA』を始め数々の女性誌などで人気スタイリストとしてお馴染みの村山佳世子さんが2つのコーディネートを提案しているので参考にしたい。
1つめは、「モーブトーンの大人フェミニンSTYLE」。ネイビーのコートに、肌馴染みの良い鮮やかなモーブピンクのニットで挿し色をプラスするコーディネートだ。
冬は何かと暗めのコーディネートになりがちだけれど、首元に明るい色を持ってくるだけで、顔回りがパァッと華やかな印象になる。ボトムスは、コートと同色のネイビーのスカートとタイツ、靴でタテラインを強調すれば、脚長効果も期待できる。村上さんによれば、「カラフルなニットは“一点色もの投入技”として取り入れやすいので、ぜひ挑戦してみて下さい」とのこと。
2つめは雰囲気ががらりと変わり、「爽やかなカラーリングのスタイリッシュSTYLE」だ。カジュアルなダンガリーシャツと、シックなコートのミックスコーディネートだが、同色系にすることですんなりとまとまり、トレンド感のある表情が生まれる。ボトムスに白いパンツを合わせることで、コントラストによりネイビーの奥深さも引き立つというわけだ。
さらに小物として中折れ帽をプラスすれば、トラッドな印象が強まる。村上さんによれば、「今年ならさりげなく斜めに被るのも素敵ですよね。」とのこと。カジュアルなコーディネートを、ぐっとオシャレに引き立ててくれそうだ。詳細は『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』を参照のこと。
また、公式オンラインショップ「NYオンライン」では、「2013AW COAT STYLE アンケートで選ばれた私が着たいコートスタイル」を公開中、第7位に「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート」がランクインしている。「グラデーション、柄感が他になく高級感を感じる」「新鮮さを感じつつも、永く愛用できそう」などの理由が挙げられている。その他、魅力的なコートがたくさんラインナップされているので、この冬のコート選びや、まんねりになりがちな冬のコーディネートの参考にしてみては?
NEWYORKER MAGAZINE FEATURE コクーンコート
http://www.newyorker.co.jp/magazine/feature/key_item_womens/vol61/
2013AW COAT STYLE アンケートで選ばれた私が着たいコートスタイル
http://www.ny-onlinestore.com/pickup/131115-1_contents/
タータンチェック ニードルパンチ ロングコート
http://www.ny-onlinestore.com/item/51516264/
NEWYORKER公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/
NEWYORKER MAGAZINE
http://www.newyorker.co.jp/magazine/
NEWYORKERブランドサイト
http://www.newyorker.co.jp/

 

・・・・131126_ny_01.jpg131126_ny_02.jpg


いよいよコートが手放せない季節が到来したが、寒さに縮こまりながらも、1着新調するならどんなコートにしようか考えるのも楽しいもの。今年の流行、チェスターコートにチャレンジするのも良いし、定番のPコートやダッフルコートも手堅い。


コクーンコートも毎年人気が高いコートである。その名の通り、コクーン(cocoon)=蚕の繭のように体を包み込むシルエットなのでこのように呼ばれているが、ゆったりとしていて女性らしくフェミニンな印象を与えてくれる。


他の人と差をつけたいなら、タータン柄が魅力的な、こんなコクーンコートも良さそうだ。「NEWYORKER(ニューヨーカー)」の「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート(税込8万7150円?)」は、ネイビーを基調としたグラデーションのタータンがなんとも良い風合いを醸している。


ニューヨーカーオリジナルのハウスタータン柄をモチーフとしており、高度な技術が必要となるニードルパンチという手法を用いて、この手法でしか出せない独特なグラデーションを表現している。


ニードルパンチというのは、タータン柄と無地を二重織りにして縮絨加工を施した生地に、無地側から針でたたいて裏側のタータンの糸を表面に出していくという、聞いているだけでも手が込んでいることが想像に安い実に高度な手法だ。この手法を用いることで、表面に水彩画のような絶妙なグラデーションが表現され、仕立ての良さと相まって、高級感のある独特な趣が醸し出されている。


アームホールは動きやすいように計算されており、中に厚めのニットを着てもかさばらず、美シルエットを約束してくれるので、寒がりさんには嬉しい。素材は上質なウール95%・ナイロン5%(裏地ポリエステル100%)と暖かさは抜群だ。


上品かつ女性らしいシルエットを備え、通勤にはもちろんのことカジュアルなアイテムとも相性が良いので、着回しもバッチリなのであるが、たとえばニューヨーカーのWebマガジン『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』で、「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート」を使って、『Marisol』や『BAILA』を始め数々の女性誌などで人気スタイリストとしてお馴染みの村山佳世子さんが2つのコーディネートを提案しているので参考にしたい。


1つめは、「モーブトーンの大人フェミニンSTYLE」。ネイビーのコートに、肌馴染みの良い鮮やかなモーブピンクのニットで挿し色をプラスするコーディネートだ。


冬は何かと暗めのコーディネートになりがちだけれど、首元に明るい色を持ってくるだけで、顔回りがパァッと華やかな印象になる。ボトムスは、コートと同色のネイビーのスカートとタイツ、靴でタテラインを強調すれば、脚長効果も期待できる。村上さんによれば、「カラフルなニットは“一点色もの投入技”として取り入れやすいので、ぜひ挑戦してみて下さい」とのこと。


2つめは雰囲気ががらりと変わり、「爽やかなカラーリングのスタイリッシュSTYLE」だ。カジュアルなダンガリーシャツと、シックなコートのミックスコーディネートだが、同色系にすることですんなりとまとまり、トレンド感のある表情が生まれる。ボトムスに白いパンツを合わせることで、コントラストによりネイビーの奥深さも引き立つというわけだ。


さらに小物として中折れ帽をプラスすれば、トラッドな印象が強まる。村上さんによれば、「今年ならさりげなく斜めに被るのも素敵ですよね。」とのこと。カジュアルなコーディネートを、ぐっとオシャレに引き立ててくれそうだ。詳細は『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』を参照のこと。


また、公式オンラインショップ「NYオンライン」では、「2013AW COAT STYLE アンケートで選ばれた私が着たいコートスタイル」を公開中、第7位に「タータンチェック ニードルパンチ ロングコート」がランクインしている。「グラデーション、柄感が他になく高級感を感じる」「新鮮さを感じつつも、永く愛用できそう」などの理由が挙げられている。その他、魅力的なコートがたくさんラインナップされているので、この冬のコート選びや、まんねりになりがちな冬のコーディネートの参考にしてみては?



NEWYORKER MAGAZINE FEATURE コクーンコート

http://www.newyorker.co.jp/magazine/feature/key_item_womens/vol61/


2013AW COAT STYLE アンケートで選ばれた私が着たいコートスタイル

http://www.ny-onlinestore.com/pickup/131115-1_contents/


タータンチェック ニードルパンチ ロングコート

http://www.ny-onlinestore.com/item/51516264/


NEWYORKER公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/


NEWYORKER MAGAZINE

http://www.newyorker.co.jp/magazine/


NEWYORKERブランドサイト

http://www.newyorker.co.jp/

 

PAGE TOP