役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年11月26日

東京モーターショーでコンパクトカーの近未来を感じよう

トヨタ自動車東日本ブースで完成度の高いコンセプトカーを展示

東京モーターショーでコンパクトカーの近未来を感じよう

 

トヨタ自動車東日本ブースで完成度の高いコンセプトカーを展示

東京モーターショーでコンパクトカーの近未来を感じよう
■トヨタ自動車東日本ブースで完成度の高いコンセプトカーを展示
11月23日(土)?12月1日(日)まで、お台場の東京ビッグサイトで一般公開される「第43回 東京モーターショー2013」。2015年に市販を予定している次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」など、話題のコンセプトカーが多数展示されているが、多くの人にとって最も身近な存在であるコンパクトカーも、なかなか魅力的なクルマが展示されている。
例えば関東自動車工業、セントラル自動車、トヨタ自動車東北の3社が統合し、2012年7月にコンパクト車の専門集団として誕生したトヨタ自動車東日本ブースでは、「東北から世界へ」をテーマに、コンパクトカーベースのコンセプトカーを提案している。
ラインナップは人気の「AQUA」をベースにした4種のコンセプトカーに加え、ポルテやカローラアクシオ/フィールダーをベースにしたコンセプトカーで、現行車をベースにしているだけに完成度が高く、海外のジャーナリストからも注目を集めていた。
アクアと言えばプリウスの弟分にあたる人気のハイブリッド車で、カタログ上では30km以上の燃費を誇る、今もっとも売れているクルマのひとつだ。
幅広い層が乗るクルマだけに、アクアは誰からも好かれるデザインでまとめられている印象だが、トヨタ自動車東日本ブースに展示されたコンセプトカーでは、スポーツ走行をイメージした「AQUA G SPORTS」、海の風を感じながら海岸線を走りたくなる「AQUA AIR」、週末はアクティブな趣味を楽しんでいると主張する「AQUA CROSS」、トヨタの高級車を思わせるラグジュアリーな雰囲気を醸し出す「Premi AQUA」と、選ぶ人、乗る人をはっきりと意識した提案が印象的だ。
いずれもオリジナルのアクアのデザインを活かしつつ、ツボをおさえたデザインで個性を主張しており、自らをコンパクト車の専門集団と表現する同社に相応しい仕上がりとなっている。コンパクトカーにも自分らしさを求める人なら、今すぐにでも欲しくなるかもしれない。
また、ポルテがベースの「Porte Marche」や、カローラアクシオ/フィールダーをベースにした「COROLLA Donna」と「COROLLA Uomo」は、外見だけでなく、内装にも注目して欲しい。
そのまま移動ショップにも使えそうなユーティリティ性の高い積載スペースや、質感の高いインテリアに、「これは自分のためのクルマだ」と共感を覚える人がきっといるはずだ。
もっとも身近な存在のクルマだからこそ、もっと自由になっていい。
東京モーターショーの一般公開日に参加予定の読者は、コンパクトカーの近未来を感じさせる、トヨタ自動車東日本ブースにゼヒ立ち寄って欲しい。 
トヨタ自動車東日本
http://www.toyota-ej.co.jp/
東京モーターショー2013
http://www.tokyo-motorshow.com/

 

AQUA G SPORTS

AQUA G SPORTS

 

11月23日(土)?12月1日(日)まで、トヨタお台場の東京ビッグサイトで一般公開される「第43回 東京モーターショー2013」。2015年に市販を予定している次世代燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」など、話題のコンセプトカーが多数展示されているが、多くの人にとって最も身近な存在であるコンパクトカーも、なかなか魅力的なクルマが展示されている。


例えば関東自動車工業、セントラル自動車、トヨタ自動車東北の3社が統合し、2012年7月にコンパクト車の専門集団として誕生したトヨタ自動車東日本ブースでは、「東北から世界へ」をテーマに、コンパクトカーベースのコンセプトカーを提案している。


ラインナップは人気の「AQUA」をベースにした4種のコンセプトカーに加え、ポルテやカローラアクシオ/フィールダーをベースにしたコンセプトカーで、現行車をベースにしているだけに完成度が高く、海外のジャーナリストからも注目を集めていた。


アクアと言えばプリウスの弟分にあたる人気のハイブリッド車で、カタログ上では30km以上の燃費を誇る、今もっとも売れているクルマのひとつだ。


幅広い層が乗るクルマだけに、アクアは誰からも好かれるデザインでまとめられている印象だが、トヨタ自動車東日本ブースに展示されたコンセプトカーでは、スポーツ走行をイメージした「AQUA G SPORTS」、海の風を感じながら海岸線を走りたくなる「AQUA AIR」、週末はアクティブな趣味を楽しんでいると主張する「AQUA CROSS」、トヨタの高級車を思わせるラグジュアリーな雰囲気を醸し出す「Premi AQUA」と、選ぶ人、乗る人をはっきりと意識した提案が印象的だ。


 いずれもオリジナルのアクアのデザインを活かしつつ、ツボをおさえたデザインで個性を主張しており、自らをコンパクト車の専門集団と表現する同社に相応しい仕上がりとなっている。コンパクトカーにも自分らしさを求める人なら、今すぐにでも欲しくなるかもしれない。


また、ポルテがベースの「Porte Marche」や、カローラアクシオ/フィールダーをベースにした「COROLLA Donna」と「COROLLA Uomo」は、外見だけでなく、内装にも注目して欲しい。


そのまま移動ショップにも使えそうなユーティリティ性の高い積載スペースや、質感の高いインテリアに、「これは自分のためのクルマだ」と共感を覚える人がきっといるはずだ。


もっとも身近な存在のクルマだからこそ、もっと自由になっていい。


東京モーターショーの一般公開日に参加予定の読者は、コンパクトカーの近未来を感じさせる、トヨタ自動車東日本ブースにゼヒ立ち寄って欲しい。 


Premi AQUA
Premi AQUA
AQUA CROSS
AQUA CROSS
AQUA AIR
AQUA AIR

 

Porte Marche
Porte Marché

 

COROLLA Uomo
COROLLA Uomo
COROLLA Donna
COROLLA Donna

 

トヨタ自動車東日本

http://www.toyota-ej.co.jp/


東京モーターショー2013

http://www.tokyo-motorshow.com/

 

PAGE TOP