役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年10月11日

今年だからこそ注目したいハリスツイードの新作ジャケット

NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAハリスツイードのジャケット

今年だからこそ注目したいハリスツイードの新作ジャケット

 

NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAが

ハリスツイードを使ったジャケットを公開

今年だからこそ注目したいハリスツイードの新作ジャケット
■NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAがハリスツイードを使ったジャケットを公開
毎年この時期になると、秋冬モノ選びに悩む人も多いのではないだろうか?
パーティの参加や女性をエスコートする機会が増えるこれからのシーズンでは、ラフすぎるカジュアルでは恥ずかしい思いをするケースや、逆にいつものスーツ姿でも浮いてしまうシチュエーションも増えてくる。
この秋冬、大人のコーディネートで本当に活躍してくれそうなアイテムとは何だろう。
ここ数年、フォーマル寄りなウールスラックスだけでなく、デニムやチノでもラフになり過ぎないアイテムとしてアツいのが、ハリスツイードを使ったジャケットだ。
ホームスパンとしては超名門、かつド定番のハリスツイード。何を今さらと思うかもしれないが、実は2010年にハリスツイード協会設立100周年を記念して、多数のブランドやセレクトショップが同生地を使ったジャケットを発売し、100年以上の伝統と品質に支えられたクオリティが再評価されているのだ。
ただ伝統的な製法を守り続けるハリスツイードだけに、100周年フィーバー時には世界中から注文が殺到し、生産が全く追い付かなかったとのこと。そのフィーバーのピークを超えた今、ブランドやセレクトショップのコダワリが活かされたジャケットを選ぶチャンスというワケだ。
大人のプレッピーを提案する「NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA」では、大人がブルゾン感覚で楽しめる、ハリスツイードを使った新作ジャケットを発表した。
2013秋冬では、着丈が短めの定番モデル「プレッピーモデル」と、スポーツジャケットの定番であるノーフォーク・ジャケットを、NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA流にカスタマイズした「ノーフォークタイプ」の2タイプをラインナップ。
プレッピーモデルでは、いかにもなハリスツイードらしさを醸し出すタッターソールとヘリンボーンに加え、あらゆるシーンで使えそうなソリッドネイビーの3種が登場。定番色であるネイビーもホームスパンならではの立体感と温かみに加え、ハリスツイードらしい重厚感があり、特に話題になりそうなアイテムだ。
いずれもやや大きめのラペルと裏地に鮮やかなパイピングが採用されていて、色々なコーディネートに挑戦したくなる楽しさが演出されている。
一方、ノーフォークタイプのジャケットは、ハリスツイード2013年秋冬の新柄で、現代性が感じられる黒と赤のグラフチェック柄を採用。NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAらしい大胆な色合わせではあるが、ホームスパン生地なので温かみのある色調に仕上がっているから、スポーツブルゾン感覚で着こなすのが良さそう。トラッドにも他とは違う自分らしさと新しさを求める人には、こちらも候補になるだろう。
ニューヨーカーの公式オンラインショップ「NYオンライン」では、ハリスツイード以外にもムーン社別注のジャケット等も紹介中。コーディネート次第で様々なシーンで活躍してくれる、最新ジャケット事情の参考にチェックしてみてはいかがだろうか。
NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA 公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/special/keitamaruyama/
NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA
http://ny-keitamaruyama.com/

 

毎年この時期になると、秋冬モノ選びにハリスツイードジャケット悩む人も多いのではないだろうか?


パーティの参加や女性をエスコートする機会が増えるこれからのシーズンでは、ラフすぎるカジュアルでは恥ずかしい思いをするケースや、逆にいつものスーツ姿でも浮いてしまうシチュエーションも増えてくる。

この秋冬、大人のコーディネートで本当に活躍してくれそうなアイテムとは何だろう。


ここ数年、フォーマル寄りなウールスラックスだけでなく、デニムやチノでもラフになり過ぎないアイテムとしてアツいのが、ハリスツイードを使ったジャケットだ。


ホームスパンとしては超名門、かつド定番のハリスツイード。何を今さらと思うかもしれないが、実は2010年にハリスツイード協会設立100周年を記念して、多数のブランドやセレクトショップが同生地を使ったジャケットを発売し、100年以上の伝統と品質に支えられたクオリティが再評価されているのだ。


ただ伝統的な製法を守り続けるハリスツイードだけに、100周年フィーバー時には世界中から注文が殺到し、生産が全く追い付かなかったとのこと。そのフィーバーのピークを超えた今、ブランドやセレクトショップのコダワリが活かされたジャケットを選ぶチャンスというワケだ。


大人のプレッピーを提案する「NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA」では、大人がブルゾン感覚で楽しめる、ハリスツイードを使った新作ジャケットを発表した。


2013秋冬では、着丈が短めの定番モデル「プレッピーモデル」と、スポーツジャケットの定番であるノーフォーク・ジャケットを、NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA流にカスタマイズした「ノーフォークタイプ」の2タイプをラインナップ。


プレッピーモデルでは、いかにもなハリスツイードらしさを醸し出すタッターソールとヘリンボーンに加え、あらゆるシーンで使えそうなソリッドネイビーの3種が登場。定番色であるネイビーもホームスパンならではの立体感と温かみに加え、ハリスツイードらしい重厚感があり、特に話題になりそうなアイテムだ。


いずれもやや大きめのラペルと裏地に鮮やかなパイピングが採用されていて、色々なコーディネートに挑戦したくなる楽しさが演出されている。


一方、ノーフォークタイプのジャケットは、ハリスツイード2013年秋冬の新柄で、現代性が感じられる黒と赤のグラフチェック柄を採用。NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAらしい大胆な色合わせではあるが、ホームスパン生地なので温かみのある色調に仕上がっているから、スポーツブルゾン感覚で着こなすのが良さそう。トラッドにも他とは違う自分らしさと新しさを求める人には、こちらも候補になるだろう。


ニューヨーカーの公式オンラインショップ「NYオンライン」では、ハリスツイード以外にもムーン社別注のジャケット等も紹介中。コーディネート次第で様々なシーンで活躍してくれる、最新ジャケット事情の参考にチェックしてみてはいかがだろうか。



NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA 公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/special/keitamaruyama/


NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA

http://ny-keitamaruyama.com/

 

PAGE TOP