役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年08月09日

ゾンビや吸血鬼などアンデッドモンスターの謎を紹介

コンビニコミック『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』が発売

映画や物語の中だけではない!ゾンビや吸血鬼などアンデッドモンスターの謎を紹介


コンビニコミック『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』が発売

映画や物語の中だけではない!ゾンビや吸血鬼などアンデッドモンスターの謎を紹介
■コンビニコミック『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』が発売
NASA ゴダード宇宙科学研究所によると2013年の世界の平均気温が2010年の過去最高記録を破る可能性が高いという。
そんな暑い夏をヒンヤリ涼しく過ごす工夫のひとつがホラー作品だろう。中でも、ゾンビや吸血鬼は、映画や小説、ゲームでお馴染みのアンデッドモンスターだが、実は、これらはただのフィクションではなく、元となる伝説や伝承などのモデルがあるという。
現在、映画などに出てくるアンデッドモンスターは、映画や小説などのフィクションの中で進化し、モンスター化していったため、どこまでが本来の伝承であるかがわかりにくい。
学研パブリッシングから発売となった『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』は、そういったアンデッドモンスターの起源を紹介し、死から甦る怪物たちのルーツを探究している。
一般にゾンビが知られるようになったのはジョージ・A・ロメロ監督の映画『ゾンビ』が大ヒットしてからだといわれている。しかしその当時、モンスターとしては、吸血鬼や狼男、フランケンシュタインなどのような人気はなかった。
だがその後、多数のゾンビ映画が製作され、ゲーム『バイオハザード」』でプレイヤーが操るキャラクターを襲う敵となって登場すると、アンデッドモンスターとして人々に更なる強烈な印象を残すようになった。
これらの起源となったゾンビ伝説が生まれた背景には、カリブ海のハイチ共和国で発展したヴードゥー教が深く関わっていると本書は説明する。それによると、呪いなどによって人々にさまざまな障害をあたえるボコールと呼ばれる呪術師が、ゾンビ・パウダーや呪術によって墓から死体を甦らせ、ゾンビを意のままに操り、金のために屋敷などで働かせたというのだ。
さらに、ボコールが使用したとされるゾンビ・パウダーの作り方や、自らが死後にゾンビにならない方法なども紹介し、伝説の謎に迫っている。
本書では世界の多様な吸血鬼や狼男、スケルトンなどのアンデッドモンスターも登場する。
『ホワイトゾンビ』『霊幻導士』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『狼男』など著名な映画作品の解説を、登場するアンデッドモンスターの特徴も交えて紹介しており、各章末にはアンデッドモンスターの映画一覧もあるので、懐かしの作品を掘り起こすのも楽しい。
『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』は、価格530円(税込)で、8月9日(金)より全国のコンビニにて発売。
学研パブリッシング
http://gakken-publishing.co.jp/

 

NASA ゴダード宇宙科学研究所によると2013年のゾンビ&アンデッドモンスターファイル

世界の平均気温が2010年の過去最高記録を破る可能性が高いという。


そんな暑い夏をヒンヤリ涼しく過ごす工夫のひとつがホラー作品だろう。中でも、ゾンビや吸血鬼は、映画や小説、ゲームでお馴染みのアンデッドモンスターだが、実は、これらはただのフィクションではなく、元となる伝説や伝承などのモデルがあるという。

現在、映画などに出てくるアンデッドモンスターは、映画や小説などのフィクションの中で進化し、モンスター化していったため、どこまでが本来の伝承であるかがわかりにくい。


学研パブリッシングから発売となった『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』は、そういったアンデッドモンスターの起源を紹介し、死から甦る怪物たちのルーツを探究している。


一般にゾンビが知られるようになったのはジョージ・A・ロメロ監督の映画『ゾンビ』が大ヒットしてからだといわれている。しかしその当時、モンスターとしては、吸血鬼や狼男、フランケンシュタインなどのような人気はなかった。


だがその後、多数のゾンビ映画が製作され、ゲーム『バイオハザード」』でプレイヤーが操るキャラクターを襲う敵となって登場すると、アンデッドモンスターとして人々に更なる強烈な印象を残すようになった。


これらの起源となったゾンビ伝説が生まれた背景には、カリブ海のハイチ共和国で発展したヴードゥー教が深く関わっていると本書は説明する。それによると、呪いなどによって人々にさまざまな障害をあたえるボコールと呼ばれる呪術師が、ゾンビ・パウダーや呪術によって墓から死体を甦らせ、ゾンビを意のままに操り、金のために屋敷などで働かせたというのだ。


さらに、ボコールが使用したとされるゾンビ・パウダーの作り方や、自らが死後にゾンビにならない方法なども紹介し、伝説の謎に迫っている。


本書では世界の多様な吸血鬼や狼男、スケルトンなどのアンデッドモンスターも登場する。

『ホワイトゾンビ』『霊幻導士』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『狼男』など著名な映画作品の解説を、登場するアンデッドモンスターの特徴も交えて紹介しており、各章末にはアンデッドモンスターの映画一覧もあるので、懐かしの作品を掘り起こすのも楽しい。


『ゾンビ&アンデッドモンスターFILE』は、価格530円(税込)で、8月9日(金)より全国のコンビニにて発売。



学研パブリッシング

http://gakken-publishing.co.jp/

 

 

PAGE TOP