役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年07月25日

サングラスや帽子の汚れの落とし方・正しいお手入れ方法

マスターしたい夏のアクセサリー類のデイケア

夏の必須アイテム、サングラスや帽子の汚れの落とし方・正しいお手入れ方法

 

マスターしたい夏のアクセサリー類のデイケア

夏の必須アイテム、サングラスや帽子の汚れの落とし方・正しいお手入れ方法
■マスターしたい夏のアクセサリー類のデイケア
日差しが強い季節に欠かせないのが、帽子やサングラスなどのアイテム。しかし1年ぶりに取り出してみたら、黄ばんだり、シワになっていたとしたら非常に残念だ。そうならないためにも日頃のケア方法を覚えておくと便利である。
トラディショナルなファッション&ライフスタイルを愛する大人のためのWEBマガジン『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』の「HOW TO」コンテンツでは、夏に出番の多い帽子・サングラス・アクセサリーのお手入れ方法を公開中なので、参考にしたい。
帽子の場合、ホコリや汚れが織り目に詰まることがあるため、定期的にやわらかいブラシでブラッシングすることが望ましい。そして何より、夏の汚れの原因と言えば汗。そのままにしておくと、間違いなく黄ばみやニオイの原因になる。特におでこのあたる部分は汚れやすいため、小さいブラシや、やわらかい布に中性洗剤をふくませ、軽くたたくようにして汚れを落とそう。
収納方法も重要だ。汚れを落として陰干しをしたらしっかりと乾燥させ、型崩れしないように専用の箱にしまうこと。
そしてサングラスは、日頃から眼鏡用のクロスで拭き、汚れやくもりがひどい場合はレンズクリーナーを使用する。ホコリなどの汚れがある場合は流水で洗い流し、脂汚れは水で薄めた中性洗剤を指につけ、優しくこすり洗いをする。洗った後は、眼鏡クロスやマイクロファイバーなど、できるだけ目が細かくやわらかい布で優しく拭く。
気を付けたいのは、外している時の扱い方だ。そのままポケットに挿したり、むき出しでバッグに入れてしまうと劣化や痛みが早まるため、専用ケースに入れることが望ましい。テーブルの上などに置く時は、レンズ上部を下にして、傷つかないようにしよう。
その他、一日中身に着けることで、皮脂やホコリ、化粧品などの汚れがつきやすい貴金属製のアクセサリーは素材別お手入れ方法を公開中。コーディネートのポイントとしても活躍してくれるお気に入りのアイテムなのだから、長く使うために適切なお手入れを施して大切にしたい。
HOW TO 帽子・サングラス・アクセサリーのお手入れ-夏のデイケア編-
http://www.newyorker.co.jp/magazine/howto/vol13/
NEWYORKER MAGAZINE
http://www.newyorker.co.jp/magazine/
NEWYORKER公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/
NEWYORKERブランドサイト
http://www.newyorker.co.jp/

 

・・・・・130725_ny_02.jpg・・130725_ny_01.jpg

 

日差しが強い季節に欠かせないのが、帽子やサングラスなどのアイテム。しかし1年ぶりに取り出してみたら、黄ばんだり、シワになっていたとしたら非常に残念だ。そうならないためにも日頃のケア方法を覚えておくと便利である。


トラディショナルなファッション&ライフスタイルを愛する大人のためのWEBマガジン『NEWYORKER MAGAZINE(ニューヨーカーマガジン)』の「HOW TO」コンテンツでは、夏に出番の多い帽子・サングラス・アクセサリーのお手入れ方法を公開中なので、参考にしたい。


帽子の場合、ホコリや汚れが織り目に詰まることがあるため、定期的にやわらかいブラシでブラッシングすることが望ましい。そして何より、夏の汚れの原因と言えば汗。そのままにしておくと、間違いなく黄ばみやニオイの原因になる。特におでこのあたる部分は汚れやすいため、小さいブラシや、やわらかい布に中性洗剤をふくませ、軽くたたくようにして汚れを落とそう。


収納方法も重要だ。汚れを落として陰干しをしたらしっかりと乾燥させ、型崩れしないように専用の箱にしまうこと。


そしてサングラスは、日頃から眼鏡用のクロスで拭き、汚れやくもりがひどい場合はレンズクリーナーを使用する。ホコリなどの汚れがある場合は流水で洗い流し、脂汚れは水で薄めた中性洗剤を指につけ、優しくこすり洗いをする。洗った後は、眼鏡クロスやマイクロファイバーなど、できるだけ目が細かくやわらかい布で優しく拭く。


気を付けたいのは、外している時の扱い方だ。そのままポケットに挿したり、むき出しでバッグに入れてしまうと劣化や痛みが早まるため、専用ケースに入れることが望ましい。テーブルの上などに置く時は、レンズ上部を下にして、傷つかないようにしよう。


その他、一日中身に着けることで、皮脂やホコリ、化粧品などの汚れがつきやすい貴金属製のアクセサリーは素材別お手入れ方法を公開中。コーディネートのポイントとしても活躍してくれるお気に入りのアイテムなのだから、長く使うために適切なお手入れを施して大切にしたい。



HOW TO 帽子・サングラス・アクセサリーのお手入れ-夏のデイケア編-

http://www.newyorker.co.jp/magazine/howto/vol13/


NEWYORKER MAGAZINE

http://www.newyorker.co.jp/magazine/


NEWYORKER公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/


NEWYORKERブランドサイト

http://www.newyorker.co.jp/


 

PAGE TOP