役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年07月24日

ベッテルも太鼓判!レッドブル仕様ウォッチにニューモデルが登場

エディフィスの限定モデル「EQW-A1200RB-1AJR」

ベッテルも太鼓判!レッドブル仕様ウォッチにニューモデルが登場

 

エディフィスの限定モデル

「EDIFICE Infiniti Red Bull Racing Limited Edition

ベッテルも太鼓判!レッドブル仕様ウォッチにニューモデルが登場
■エディフィスの限定モデル「EDIFICE Infiniti Red Bull Racing Limited Edition」
F1ドイツGP終了時点で、チームランキング2位のメルセデスAMGに67ポイントの差をつけてトップを独走する「インフィニティレッドブルレーシング」。このレッドブルF1チームのオフィシャルパートナーとして、2009年よりサポートする腕時計ブランドと言えば、先進のテクノロジーとダイナミックなデザインが融合したCASIOのメタルアナログウォッチ「EDIFICE(エディフィス)」だ。
エディフィスは立体的な文字盤でモータースポーツの躍動感を表現するだけでなく、F1マシンと同様に搭載される技術も進化を続け、イヤーモデルと呼ぶべきコラボレーションモデルを発売している。
そして2013年のニューモデル「EDIFICE Infiniti Red Bull Racing Limited Edition『EQW-A1200RB-1AJR』」は、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの走りを支えるチームメカニックの要望に応えた、モータースポーツの最前線で闘うメタルアナログウォッチとしての実力を持つ、魅力的なニューモデルに仕立てられている。
メカニックからの主な要望は2つ。激しい動きや様々な機材を使いこなす際に生じる振動に耐える性能と、これまで以上に傷がつきにくい耐久性だ。CASIOはこれらの要望に対し、コラボレーションモデルのベースに耐振動性構造を有する「EQW-A1200」を選び、風防には傷がつきにくく視認性の高い無反射コーティングサファイアガラスを採用。さらにワールドタイムなど多機能の感覚的な操作とスムーズな表示切替を実現したスマートアクセスも搭載していることも、世界を転戦するF1チームを支える腕時計に相応しい。
「EQW-A1200RB-1AJR」の仕上がりにはチーム側も満足しているようで、例えばセバスチャン・ベッテルは次のようにコメントを発表している。「CASIOがレースの現場で実際に僕らのチームのエンジニアと接したことで、この新しい『EQW-A1200RB』が開発されたというところがいいね。これまでのEDIFICE インフィニティレッドブルレーシングリミテッドエディションのどのモデルも気に入ってきたけど、この新しいEQW-A1200RBにも期待してるよ。だってF1みたいなタフで厳しい環境のために設計されたんだから」
「EQW-A1200RB-1AJR」の仕上がりにはチーム側も満足しているようで、例えばセバスチャン・ベッテルは次のようにコメントを発表している。「CASIOがレースの現場で実際に僕らのチームのエンジニアと接したことで、この新しい『EQW-A1200RB』が開発されたというところがいいね。これまでのEDIFICE インフィニティレッドブルレーシングリミテッドエディションのどのモデルも気に入ってきたけど、この新しいEQW-A1200RBにも期待してるよ。だってF1みたいなタフで厳しい環境のために設計されたんだから」
機能面だけでなく、チームカラーのブルーとレッドをベゼルリング、都市コード、秒針などに取り入れ、文字板上にはチームロゴを配するなど、コラボレーションモデルならではのデザインも見逃せない「EQW-A1200RB-1AJR」の価格は 7万8750円(税込)。10月11日(金)に迫った日本GPを前に、レッドブルF1チームファンはチェックをお忘れなく。
EDIFICE
http://edifice.casio.jp/

 

130724_casio_01.jpg

 

F1ドイツGP終了時点で、チームランキング2位のメルセデスAMGに67ポイントの差をつけてトップを独走する「インフィニティレッドブルレーシング」。このレッドブルF1チームのオフィシャルパートナーとして、2009年よりサポートする腕時計ブランドと言えば、先進のテクノロジーとダイナミックなデザインが融合したCASIOのメタルアナログウォッチ「EDIFICE(エディフィス)」だ。


エディフィスは立体的な文字盤でモータースポーツの躍動感を表現するだけでなく、F1マシンと同様に搭載される技術も進化を続け、イヤーモデルと呼ぶべきコラボレーションモデルを発売している。


そして2013年のニューモデル「EDIFICE Infiniti Red Bull Racing Limited Edition『EQW-A1200RB-1AJR』」は、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの走りを支えるチームメカニックの要望に応えた、モータースポーツの最前線で闘うメタルアナログウォッチとしての実力を持つ、魅力的なニューモデルに仕立てられている。


メカニックからの主な要望は2つ。激しい動きや様々な機材を使いこなす際に生じる振動に耐える性能と、これまで以上に傷がつきにくい耐久性だ。CASIOはこれらの要望に対し、コラボレーションモデルのベースに耐振動性構造を有する「EQW-A1200」を選び、風防には傷がつきにくく視認性の高い無反射コーティングサファイアガラスを採用。さらにワールドタイムなど多機能の感覚的な操作とスムーズな表示切替を実現したスマートアクセスも搭載していることも、世界を転戦するF1チームを支える腕時計に相応しい。


「EQW-A1200RB-1AJR」の仕上がりにはチーム側も満足しているようで、例えばセバスチャン・ベッテルは次のようにコメントを発表している。「CASIOがレースの現場で実際に僕らのチームのエンジニアと接したことで、この新しい『EQW-A1200RB』が開発されたというところがいいね。これまでのEDIFICE インフィニティレッドブルレーシングリミテッドエディションのどのモデルも気に入ってきたけど、この新しいEQW-A1200RBにも期待してるよ。だってF1みたいなタフで厳しい環境のために設計されたんだから」


「EQW-A1200RB-1AJR」の仕上がりにはチーム側も満足しているようで、例えばセバスチャン・ベッテルは次のようにコメントを発表している。「CASIOがレースの現場で実際に僕らのチームのエンジニアと接したことで、この新しい『EQW-A1200RB』が開発されたというところがいいね。これまでのEDIFICE インフィニティレッドブルレーシングリミテッドエディションのどのモデルも気に入ってきたけど、この新しいEQW-A1200RBにも期待してるよ。だってF1みたいなタフで厳しい環境のために設計されたんだから」


機能面だけでなく、チームカラーのブルーとレッドをベゼルリング、都市コード、秒針などに取り入れ、文字板上にはチームロゴを配するなど、コラボレーションモデルならではのデザインも見逃せない「EQW-A1200RB-1AJR」の価格は 7万8750円(税込)。10月11日(金)に迫った日本GPを前に、レッドブルF1チームファンはチェックをお忘れなく。

 

130724_casio_02.jpg 


EDIFICE

http://edifice.casio.jp/

 

 

PAGE TOP