役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年07月19日

夏休み前にチェックしたい!帰省時のファッションで気を付けたいこと

明暗を分けるのは事前の情報収集

夏休み前にチェックしたい!帰省時のファッションで気を付けたいこと

 

明暗を分けるのは事前の情報収集

夏休み前にチェックしたい!帰省時のファッションで気を付けたいこと
■明暗を分けるのは事前の情報収集
夏休みも真っ盛りのお盆時期は、実家に帰省する機会も多くなるが、女性が特に気を使うのは旦那さんの実家への帰省。旦那さんの両親はもちろんのこと、親族の目線も気になるというもの。どんな服装で帰省するか、頭を悩ませることも多いだろう。
そんな女性が気にする帰省時のファッションについて、ビジネスブランドの老舗「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、女性324名を対象としたアンケートを実施。その内容を公式オンラインショップ「NYオンライン」にて公開中だ。
「冠婚葬祭」を除いた親族に会うイベントで、特に相手に対して服装を配慮するシーンは?という問いでは、「夫の実家・親戚先への訪問」がトップとなっている。次に「お子様の学校行事・祭事」「夫の実家・親戚との外食」と続くが、やはり旦那さんの両親や親戚と関わり合うイベントで、最も服装に配慮するという声が多い。
具体的に服装のどのような点に注意するか?という問いでは、「上品さ・清潔感がある」がトップ。続いて、「だらしなく見えない」「季節感がある」「年齢に合っている」などが挙げられている。
そして親族のうち、誰に対して服装に配慮するかという問いでは、「義理-母」がダントツで1位。続いて、「義理の姉妹・兄弟」「その他の親族」と続く。
では実際、コーディネートに失敗したことがあるかどうか、失敗談についての問いには、たとえば「自分だけカッチリし過ぎた」「自分だけラフ・カジュアル過ぎた」などが上位に挙がっている。また、「座るとスカートの丈が短すぎた」「動くと露出が多く恥ずかしかった」「服のしみ、シワ、伝線があった」という具体的な意見もあった。
逆に成功談については、「シーンを考慮し装ったこと」がトップとなっている。その他、「キレイめでシンプルな装い」「親族の中での自分の立場を配慮し装ったこと」「ジャケット・スーツ着用でラフ過ぎない装いにしたこと」などが続いた。
旦那さんの両親・親戚を意識するシーンにキレイめなスタイルが好ましいのは当然だが、その中でもさらに自分の立場を考えることが、成功のカギのようだ。
たとえば、親戚宅で手伝いなどがありそうなら女性らしいパンツスタイルにする、正座やかがむなど動いた時の露出も考えたサイズにするなど。あまりにもカッチリとしていると、手伝いをしないと思われるケースもあるようなので、適度にカジュアルであることも必要だろう。
さらに、「貴女から見て注意したくなる親族、注意したかった事」に対しては、圧倒的に「女性の親族」がトップで、「露出・スカート丈が短い」「TPOを考えていない」が挙げられている。女性は、同性に対するチェックが抜かりないことがよくわかる結果となった。お互い気持ちよく過ごすためにも、気遣いのある服装を心掛けたい。
以上のことから見えてくるのが、事前の情報収集力が明暗を分けるということ。会合の趣旨や場所、参加メンバー、その中での自分の役割を考えれば、おのずとふさわしい服装が導き出されるはず。スカート丈などについても、会場がお座敷なのか椅子席なのか、事前に把握していれば心配することもない。少しでも気になることがあれば、旦那さんや、相談しやすい親戚に前もって聞いておくのが良いだろう。
帰省時のファッションについて気にしている人は、このアンケート結果をぜひご参考に。
帰省のファッションアンケート
http://www.ny-onlinestore.com/special/130719_questionnaire_family_ceremony/
NEWYORKER MAGAZINE
http://www.newyorker.co.jp/magazine/
NEWYORKER公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/
NEWYORKERブランドサイト
http://www.newyorker.co.jp/

 

130719_ny_01.jpg

 

夏休みも真っ盛りのお盆時期は、実家に帰省する機会も多くなるが、女性が特に気を使うのは旦那さんの実家への帰省。旦那さんの両親はもちろんのこと、親族の目線も気になるというもの。どんな服装で帰省するか、頭を悩ませることも多いだろう。


そんな女性が気にする帰省時のファッションについて、ビジネスブランドの老舗「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、女性324名を対象としたアンケートを実施。その内容を公式オンラインショップ「NYオンライン」にて公開中だ。


「冠婚葬祭」を除いた親族に会うイベントで、特に相手に対して服装を配慮するシーンは?という問いでは、「夫の実家・親戚先への訪問」がトップとなっている。次に「お子様の学校行事・祭事」「夫の実家・親戚との外食」と続くが、やはり旦那さんの両親や親戚と関わり合うイベントで、最も服装に配慮するという声が多い。


具体的に服装のどのような点に注意するか?という問いでは、「上品さ・清潔感がある」がトップ。続いて、「だらしなく見えない」「季節感がある」「年齢に合っている」などが挙げられている。


そして親族のうち、誰に対して服装に配慮するかという問いでは、「義理-母」がダントツで1位。続いて、「義理の姉妹・兄弟」「その他の親族」と続く。


では実際、コーディネートに失敗したことがあるかどうか、失敗談についての問いには、たとえば「自分だけカッチリし過ぎた」「自分だけラフ・カジュアル過ぎた」などが上位に挙がっている。また、「座るとスカートの丈が短すぎた」「動くと露出が多く恥ずかしかった」「服のしみ、シワ、伝線があった」という具体的な意見もあった。


逆に成功談については、「シーンを考慮し装ったこと」がトップとなっている。その他、「キレイめでシンプルな装い」「親族の中での自分の立場を配慮し装ったこと」「ジャケット・スーツ着用でラフ過ぎない装いにしたこと」などが続いた。


旦那さんの両親・親戚を意識するシーンにキレイめなスタイルが好ましいのは当然だが、その中でもさらに自分の立場を考えることが、成功のカギのようだ。


たとえば、親戚宅で手伝いなどがありそうなら女性らしいパンツスタイルにする、正座やかがむなど動いた時の露出も考えたサイズにするなど。あまりにもカッチリとしていると、手伝いをしないと思われるケースもあるようなので、適度にカジュアルであることも必要だろう。


さらに、「貴女から見て注意したくなる親族、注意したかった事」に対しては、圧倒的に「女性の親族」がトップで、「露出・スカート丈が短い」「TPOを考えていない」が挙げられている。女性は、同性に対するチェックが抜かりないことがよくわかる結果となった。お互い気持ちよく過ごすためにも、気遣いのある服装を心掛けたい。


以上のことから見えてくるのが、事前の情報収集力が明暗を分けるということ。会合の趣旨や場所、参加メンバー、その中での自分の役割を考えれば、おのずとふさわしい服装が導き出されるはず。スカート丈などについても、会場がお座敷なのか椅子席なのか、事前に把握していれば心配することもない。少しでも気になることがあれば、旦那さんや、相談しやすい親戚に前もって聞いておくのが良いだろう。


帰省時のファッションについて気にしている人は、このアンケート結果をぜひご参考に。



帰省のファッションアンケート

http://www.ny-onlinestore.com/special/130719_questionnaire_family_ceremony/


NEWYORKER MAGAZINE

http://www.newyorker.co.jp/magazine/


NEWYORKER公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/


NEWYORKERブランドサイト

http://www.newyorker.co.jp/

 

PAGE TOP