役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年07月01日

「未来のバイクデザインコンテスト2013」を開催中

日大研究室や現役モータージャーナリストなどが応募作品を審査予定

高校生や大学生などを対象に「未来のバイクデザインコンテスト2013」を開催中

 

日大研究室や現役モータージャーナリストなどが応募作品を審査予定

高校生や大学生などを対象に「未来のバイクデザインコンテスト2013」を開催中
■日大研究室や現役モータージャーナリストなどが応募作品を審査予定
アラフォー世代が中心のリターンライダーの増加とともに、バイクメーカー各社から、若者を意識した中排気量のスポーツモデルが相次いで発売されるなど、本格的な第3次バイクブーム到来の兆しが見えている。
夏には日本自動車工業会が、NMCA日本二輪車協会と共催で「THINK BIKE ?8月19日はバイクの日 スマイル・オン2013?」を開催するほか、バイクの街をPRする浜松市がバイクライフ啓蒙イベント「バイクのふるさと浜松2013」を開催するなど、各地でバイクに関する催しが予定されている。バイク乗りやバイクの購入を考えている人にとって、2013年は楽しい夏となりそうだ。
こうした第3次バイクブームの兆しを後押しするため、バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う「バイク王 バイクライフ研究所」では、高校生や高専生、大学生などを対象に「未来のバイクデザインコンテスト2013」の応募受け付けを開始した。
このコンテストは同研究所の運営企業である「バイク王&カンパニー」と共に、日本大学 生産工学部機械工学科 景山一郎 研究室、日本大学 生産工学部機械工学科 丸茂喜高 研究室、上智大学 理工学部機能創造理工学科 竹原昭一郎 研究室、東京理科大学 工学部第一部機械工学科 林隆三 研究室と協力して、未来のバイクブームを担う若者世代に、よりバイクに興味を持ってもらうために開催するものだ。
「バイク王 バイクライフ研究所」の担当者によれば、今回のコンテストでは未来的なデザインだけでなく、安全性や環境対策など、未来の快適で楽しいバイクライフに求められる要素も審査基準のひとつに定められているとのこと。応募作品は上記研究室の教授陣に加え、同じ研究所の研究員に所属する現役モータージャーナリストなどによって厳密に審査される。 
「未来のバイクデザインコンテスト2013」の応募締め切りは7月31日必着。A3サイズでデザインを制作し、オフィシャルサイトでダウンロード可能な指定の応募用紙に必要事項を記入添付して応募する。上記審査員により選出された4作品は、8月11日(日)にNEXCO中日本 清水パーキングエリアで実施予定のプレゼンテーション大会で発表される(国内交通費は運営事務局が負担)。
ちなみに大賞は賞金10万円と副賞、優秀賞は各5万円が用意されているので、学生の皆さんは既存のバイクデザインに捉われず、柔軟で斬新なアイデアでチャレンジしてみてはいかがだろうか。
その他コンテストの詳細は、「未来のバイクデザインコンテスト2013」オフィシャルwebサイトを確認のこと。
未来のバイクデザインコンテスト2013
http://www.8190.co.jp/company/lab/futurebike/index.html
バイク王 バイクライフ研究所
http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html
バイク王 バイクライフ研究所 公式Facebook
http://www.facebook.com/bikelifelab
株式会社バイク王&カンパニー ホームページ
http://www.8190.co.jp/company/
公式リリースを読む
http://www.pronweb.tv/release.php?code=8524

 

130701_bike_01.jpg

アラフォー世代が中心のリターンライダーの増加とともに、バイクメーカー各社から、若者を意識した中排気量のスポーツモデルが相次いで発売されるなど、本格的な第3次バイクブーム到来の兆しが見えている。


夏には日本自動車工業会が、NMCA日本二輪車協会と共催で「THINK BIKE ?8月19日はバイクの日 スマイル・オン2013?」を開催するほか、バイクの街をPRする浜松市がバイクライフ啓蒙イベント「バイクのふるさと浜松2013」を開催するなど、各地でバイクに関する催しが予定されている。バイク乗りやバイクの購入を考えている人にとって、2013年は楽しい夏となりそうだ。


こうした第3次バイクブームの兆しを後押しするため、バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う「バイク王 バイクライフ研究所」では、高校生や高専生、大学生などを対象に「未来のバイクデザインコンテスト2013」の応募受け付けを開始した。


このコンテストは同研究所の運営企業である「バイク王&カンパニー」と共に、日本大学 生産工学部機械工学科 景山一郎 研究室、日本大学 生産工学部機械工学科 丸茂喜高 研究室、上智大学 理工学部機能創造理工学科 竹原昭一郎 研究室、東京理科大学 工学部第一部機械工学科 林隆三 研究室と協力して、未来のバイクブームを担う若者世代に、よりバイクに興味を持ってもらうために開催するものだ。


「バイク王 バイクライフ研究所」の担当者によれば、今回のコンテストでは未来的なデザインだけでなく、安全性や環境対策など、未来の快適で楽しいバイクライフに求められる要素も審査基準のひとつに定められているとのこと。応募作品は上記研究室の教授陣に加え、同じ研究所の研究員に所属する現役モータージャーナリストなどによって厳密に審査される。 


「未来のバイクデザインコンテスト2013」の応募締め切りは7月31日必着。A3サイズでデザインを制作し、オフィシャルサイトでダウンロード可能な指定の応募用紙に必要事項を記入添付して応募する。上記審査員により選出された4作品は、8月11日(日)にNEXCO中日本 清水パーキングエリアで実施予定のプレゼンテーション大会で発表される(国内交通費は運営事務局が負担)。


ちなみに大賞は賞金10万円と副賞、優秀賞は各5万円が用意されているので、学生の皆さんは既存のバイクデザインに捉われず、柔軟で斬新なアイデアでチャレンジしてみてはいかがだろうか。


その他コンテストの詳細は、「未来のバイクデザインコンテスト2013」オフィシャルwebサイトを確認のこと。

 


未来のバイクデザインコンテスト2013

http://www.8190.co.jp/company/lab/futurebike/index.html


バイク王 バイクライフ研究所

http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html


バイク王 バイクライフ研究所 公式Facebook

http://www.facebook.com/bikelifelab


株式会社バイク王&カンパニー ホームページ

http://www.8190.co.jp/company/


公式リリースを読む

http://www.pronweb.tv/release.php?code=8524

 

 

PAGE TOP