役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年05月14日

「将来の骨の健康に不安感じる」女性は63%

骨の健康維持には「つくる」だけでなく「まもる」ケアが必要

「将来の骨の健康に不安感じる」女性は63%

 

骨の健康維持には「つくる」だけでなく「まもる」ケアが必要

「将来の骨の健康に不安感じる」女性は63%
■骨の健康維持には「つくる」だけでなく「まもる」ケアが必要
「ロコモティブシンドローム」、通称「ロコモ」をご存じだろうか。ロコモティブシンドローム=運動器症候群は、骨や関節、筋肉、動きの信号を伝える神経などが衰えて「立つ」「歩く」といった動作が困難になり、要介護や寝たきりになってしまうこと、またはそのリスクが高い状態のこと。50歳を過ぎると7割以上に可能性があるとのことで、誰にとっても決して他人事ではない。
予防するには、足腰を鍛えることや骨を丈夫にすることが必要だ。運動は普段から心掛けている人も多いかもしれないが、意外とケアされていないのが「骨の健康」かもしれない。
栄養補給食品ブランド「NUTRILITE (ニュートリライト)」が、今年4月に50?60代の女性412人に対して行なったインターネット調査によれば、現在感じている健康に関する不安は「体力・運動機能の低下」が38%と圧倒的に高かった。次いで「高コレステロールや高脂血症」「肥満」「高血圧」と生活習慣病が多くの割合を占め、「骨粗しょう症」は17%と比較的低い結果であった。
一方、将来的に不安に感じるものでは「骨粗しょう症」が42%と高く、同様に予防したいと思うものについても「骨粗しょう症」が52%。現在「骨の老化を感じている」のは20%だが、「将来の骨の健康に不安感じる」は63%であった。特に女性は閉経後に骨密度が大幅に低下することもあり、男性よりも気にかける傾向にあるのかもしれない。
また骨に関する知識については、「骨が代謝を繰り返す」が30%、「骨はつくるケアだけでなく、まもるケアが必要」が31%の認知にとどまった。骨粗しょう症については一定の知識があるものの、骨の形成に関わる仕組みや知識については偏りがある結果となった。
さらに骨の健康に良いと思うものは、「カルシウムを含む食品をとる」が90%、次いで「日光浴をする」が78%、「定期的な運動」が78%と高い割合を占めた。
それにも関わらず、実際に骨の健康のために実施していることとは、「カルシウムを含む食品をとる」が57%、「定期的な運動をする」が35%、「日光浴をする」はわずか28%。さらに骨の健康のためにサプリメントで栄養補給をしている人は18%と少数派で、こういった習慣が定着していないことが考えられる。
以上のアンケートを踏まえると、多くの人が骨について偏った知識を持ち、漠然とした不安を抱えていることが判明した。骨の健康のために知っておきたいのは、まずは正しい知識である。
骨は「骨をつくる(骨形成)」働きと「骨をこわす(骨吸収)」働きを繰り返し、常に生まれ変わっている。これを「骨代謝」と呼ぶが、加齢に伴い骨を「つくる」よりも「こわす」働きが加速することで、骨量は30代半ばをピークに減少すると言われている。
そうなってくると骨粗しょう症を発症するリスクも高まるが、予防するためには骨をつくるケアに加え、骨をこわす働きから守るケアが必要だ。
一般的に「つくる」ケアには、カルシウムやマグネシウム、ビタミンDなどの栄養素の補給が効果的なことは知られているが、「まもる」働きを助ける食品はあまり知られていない。
しかし昨今、ザクロやブドウ種子の有用性が注目されている。というのも、それらには「ファイトケミカルス」が豊富に含まれているからだ。
第7の栄養素として注目されるファイトケミカルスは、主に果物や野菜に含まれており、体を老化させ、生活習慣病などを引き起こすといわれる「活性酸素」を除去する作用などを持つ。たとえば、赤ワインやブドウ種子に含まれるポリフェノール、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、トマトの色素リコピン、ザクロに含まれるエラグ酸などが代表的なファイトケミカルだ。
とは言え、そういった食品を日常的に食事で補うのはなかなか難しい。そこで役立てるべきなのがサプリメントである。
栄養補給食品ブランド「ニュートリライト」では、カルシウム・マグネシウム・ビタミンDをバランスよく配合したサプリメント「カルマグ D プラス」と、骨量の減少に着目して新たに開発されたサプリメント「ボーンテクト(ザクロ&ブドウ)」をセットにした「ボーンテクト プラス(各120粒/税込8910円)」を発売した。
「ボーンテクト(ザクロ&ブドウ)」は、ファイトケミカルスを豊富に含む「ザクロ抽出物」と「ブドウ種子抽出物」を理想的なバランスで配合。骨をつくる「カルマグ D プラス」と合わせて摂取することで、骨の健康をサポートする。
商品の詳細、購入はオフィシャルサイトを参照のこと。骨に対する正しい知識を得て、自分の骨をサポートしてあげよう。
NUTRILITE
http://www.nutrilite.jp/

 

130514_spre_01.jpg

 

「ロコモティブシンドローム」、通称「ロコモ」をご存じだろうか。ロコモティブシンドローム=運動器症候群は、骨や関節、筋肉、動きの信号を伝える神経などが衰えて「立つ」「歩く」といった動作が困難になり、要介護や寝たきりになってしまうこと、またはそのリスクが高い状態のこと。50歳を過ぎると7割以上に可能性があるとのことで、誰にとっても決して他人事ではない。


予防するには、足腰を鍛えることや骨を丈夫にすることが必要だ。運動は普段から心掛けている人も多いかもしれないが、意外とケアされていないのが「骨の健康」かもしれない。


栄養補給食品ブランド「NUTRILITE (ニュートリライト)」が、今年4月に50-60代の女性412人に対して行なったインターネット調査によれば、現在感じている健康に関する不安は「体力・運動機能の低下」が38%と圧倒的に高かった。次いで「高コレステロールや高脂血症」「肥満」「高血圧」と生活習慣病が多くの割合を占め、「骨粗しょう症」は17%と比較的低い結果であった。


一方、将来的に不安に感じるものでは「骨粗しょう症」が42%と高く、同様に予防したいと思うものについても「骨粗しょう症」が52%。現在「骨の老化を感じている」のは20%だが、「将来の骨の健康に不安感じる」は63%であった。特に女性は閉経後に骨密度が大幅に低下することもあり、男性よりも気にかける傾向にあるのかもしれない。


また骨に関する知識については、「骨が代謝を繰り返す」が30%、「骨はつくるケアだけでなく、まもるケアが必要」が31%の認知にとどまった。骨粗しょう症については一定の知識があるものの、骨の形成に関わる仕組みや知識については偏りがある結果となった。


さらに骨の健康に良いと思うものは、「カルシウムを含む食品をとる」が90%、次いで「日光浴をする」が78%、「定期的な運動」が78%と高い割合を占めた。


それにも関わらず、実際に骨の健康のために実施していることとは、「カルシウムを含む食品をとる」が57%、「定期的な運動をする」が35%、「日光浴をする」はわずか28%。さらに骨の健康のためにサプリメントで栄養補給をしている人は18%と少数派で、こういった習慣が定着していないことが考えられる。


以上のアンケートを踏まえると、多くの人が骨について偏った知識を持ち、漠然とした不安を抱えていることが判明した。骨の健康のために知っておきたいのは、まずは正しい知識である。


骨は「骨をつくる(骨形成)」働きと「骨をこわす(骨吸収)」働きを繰り返し、常に生まれ変わっている。これを「骨代謝」と呼ぶが、加齢に伴い骨を「つくる」よりも「こわす」働きが加速することで、骨量は30代半ばをピークに減少すると言われている。


そうなってくると骨粗しょう症を発症するリスクも高まるが、予防するためには骨をつくるケアに加え、骨をこわす働きから守るケアが必要だ。


一般的に「つくる」ケアには、カルシウムやマグネシウム、ビタミンDなどの栄養素の補給が効果的なことは知られているが、「まもる」働きを助ける食品はあまり知られていない。


しかし昨今、ザクロやブドウ種子の有用性が注目されている。というのも、それらには「ファイトケミカルス」が豊富に含まれているからだ。


第7の栄養素として注目されるファイトケミカルスは、主に果物や野菜に含まれており、体を老化させ、生活習慣病などを引き起こすといわれる「活性酸素」を除去する作用などを持つ。たとえば、赤ワインやブドウ種子に含まれるポリフェノール、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、トマトの色素リコピン、ザクロに含まれるエラグ酸などが代表的なファイトケミカルだ。


とは言え、そういった食品を日常的に食事で補うのはなかなか難しい。そこで役立てるべきなのがサプリメントである。


栄養補給食品ブランド「ニュートリライト」では、カルシウム・マグネシウム・ビタミンDをバランスよく配合したサプリメント「カルマグ D プラス」と、骨量の減少に着目して新たに開発されたサプリメント「ボーンテクト(ザクロ&ブドウ)」をセットにした「ボーンテクト プラス(各120粒/税込8910円)」を発売した。


「ボーンテクト(ザクロ&ブドウ)」は、ファイトケミカルスを豊富に含む「ザクロ抽出物」と「ブドウ種子抽出物」を理想的なバランスで配合。骨をつくる「カルマグ D プラス」と合わせて摂取することで、骨の健康をサポートする。


商品の詳細、購入はオフィシャルサイトを参照のこと。骨に対する正しい知識を得て、自分の骨をサポートしてあげよう。


130514_spre_02.jpg

 

NUTRILITE

http://www.nutrilite.jp/

 

 

 

 

PAGE TOP