役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年05月08日

たった2着のセットアップスーツで2週間を格好良く着回す方法

格好良いスタイリングとNGのスタイリングは紙一重

たった2着のセットアップスーツで2週間を格好良く着回す方法

たった2着のセットアップスーツで2週間を格好良く着回す方法
■格好良いスタイリングとNGのスタイリングは紙一重
クールビズが一般的になるにつれ、スーツだけでなく、ビジネスシーンでもジャケットを着用する人が増えている。ポイントを抑えたTPOに相応しいジャケットの着こなしは、オフィスの女性だけでなく、同性から見ても格好良いものだ。
そしてビジネスシーンに相応しいジャケットの着こなしだけでなく、時には上下揃いのビジネススーツとしても活躍してくれるアイテムが「セットアップスーツ」である。セットアップスーツとはジャケットとボトム(スラックス)が別々に企画された商品だが、使用される生地が同じなので、上下揃いのスーツとしても着合わせ可能なアイテムだ。
大切なプレゼンの日はスーツ、気心が知れた取引先との商談には堅過ぎないジャケットスタイル、と使い分けできるのがセットアップスーツの魅力だが、上下揃いのスーツに慣れたビジネスマンの中には、ジャケットのコーディネートに違和感を覚え、単なるスーツとして着用しているのではないだろうか。
そのジャケットのコーディネート違和感の原因は何だろう。実は「自信が無い」だけでなく、NGのスタイリングになっていたのかもしれない。
ビジネスウェアの老舗ブランド「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、たった2着のセットアップスーツで、2週間を格好良く仕事するコーディネートを紹介する『ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks』を公開中。ポイントは格好良いスタイリングだけでなく、それぞれ「NGのスタイリング」も併せて紹介していることだ。
例えば「堅過ぎないジャケットスタイル」の項では、明るいグレーのジャケットに黒のスラックスを合わせ、ボトムの重い印象を和らげるためにイエローのニットをコーディネートしている。さらにバッグとシューズはビジネス用を合わせ、ニットがキーアイテムとなるコーディネートでも“しっかりとした”ビジネススタイルを演出している。
対して「NGのスタイリング」の例では、グレーのジャケットと黒のスラックスの組み合わせはそのままに、サックスブルーのBDシャツに光沢のあるドレッシーなネクタイをコーディネートしている。ジャケットとBDシャツの組み合わせは定番と言えるが、そこに無理やりビジネス感を演出しようとドレッシーなネクタイを合わせたため、全体に野暮ったい雰囲気になっているのがビジュアルで確認できる。
スーツスタイルではOKのインナーも、ジャケットスタイルにそのまま流用するのはNGだ。これは誰でも失敗しがちなNGのスタイリングだけに、ぜひ参考にして欲しい。また、Vゾーンの合わせ方については『ニューヨーカー流Vゾーンの合わせ方』にて紹介されているので、こちらもお見逃しなく。
『ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks』では、トータルで10種類の格好良いスタイリングとNGのスタイリングを紹介している。紙一重ではあるが、外してはならないポイントとテクニックを知ることで、同僚や取引先に「いつも同じようなスーツを着ている」と思われていた印象を、「常にビジネススタイルに気を使っている人」という好印象に変えることができるかもしれない。
格好良いスタイリングを実践している人は、名前と顔を覚えてもらいやすい効果も期待できる。これは多くのビジネスマンにとって、大きなメリットとなるだろう。
ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks
http://www.ny-onlinestore.com/special/setupsuits_130410/
ニューヨーカー流Vゾーンの合わせ方
http://www.ny-onlinestore.com/special/120926_mensvzone/
2013年クールビズ調査レポート「クールビズの功罪」
http://www.ny-onlinestore.com/special/130208_questionnaire_coolbiz/
NEWYORKER公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/
NEWYORKER MAGAZINE
http://www.newyorker.co.jp/magazine/

格好良いスタイリングとNGのスタイリングは紙一重

130508_ny_01.jpg

クールビズが一般的になるにつれ、スーツだけでなく、ビジネスシーンでもジャケットを着用する人が増えている。ポイントを抑えたTPOに相応しいジャケットの着こなしは、オフィスの女性だけでなく、同性から見ても格好良いものだ。


そしてビジネスシーンに相応しいジャケットの着こなしだけでなく、時には上下揃いのビジネススーツとしても活躍してくれるアイテムが「セットアップスーツ」である。セットアップスーツとはジャケットとボトム(スラックス)が別々に企画された商品だが、使用される生地が同じなので、上下揃いのスーツとしても着合わせ可能なアイテムだ。


大切なプレゼンの日はスーツ、気心が知れた取引先との商談には堅過ぎないジャケットスタイル、と使い分けできるのがセットアップスーツの魅力だが、上下揃いのスーツに慣れたビジネスマンの中には、ジャケットのコーディネートに違和感を覚え、単なるスーツとして着用しているのではないだろうか。


そのジャケットのコーディネート違和感の原因は何だろう。実は「自信が無い」だけでなく、NGのスタイリングになっていたのかもしれない。


ビジネスウェアの老舗ブランド「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、たった2着のセットアップスーツで、2週間を格好良く仕事するコーディネートを紹介する『ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks』を公開中。ポイントは格好良いスタイリングだけでなく、それぞれ「NGのスタイリング」も併せて紹介していることだ。


例えば「堅過ぎないジャケットスタイル」の項では、明るいグレーのジャケットに黒のスラックスを合わせ、ボトムの重い印象を和らげるためにイエローのニットをコーディネートしている。さらにバッグとシューズはビジネス用を合わせ、ニットがキーアイテムとなるコーディネートでも“しっかりとした”ビジネススタイルを演出している。


対して「NGのスタイリング」の例では、グレーのジャケットと黒のスラックスの組み合わせはそのままに、サックスブルーのBDシャツに光沢のあるドレッシーなネクタイをコーディネートしている。ジャケットとBDシャツの組み合わせは定番と言えるが、そこに無理やりビジネス感を演出しようとドレッシーなネクタイを合わせたため、全体に野暮ったい雰囲気になっているのがビジュアルで確認できる。


スーツスタイルではOKのインナーも、ジャケットスタイルにそのまま流用するのはNGだ。これは誰でも失敗しがちなNGのスタイリングだけに、ぜひ参考にして欲しい。また、Vゾーンの合わせ方については『ニューヨーカー流Vゾーンの合わせ方』にて紹介されているので、こちらもお見逃しなく。


『ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks』では、トータルで10種類の格好良いスタイリングとNGのスタイリングを紹介している。紙一重ではあるが、外してはならないポイントとテクニックを知ることで、同僚や取引先に「いつも同じようなスーツを着ている」と思われていた印象を、「常にビジネススタイルに気を使っている人」という好印象に変えることができるかもしれない。


格好良いスタイリングを実践している人は、名前と顔を覚えてもらいやすい効果も期待できる。これは多くのビジネスマンにとって、大きなメリットとなるだろう。

 


ニューヨーカー流セットアップスーツ2着で乗り切る2weeks

http://www.ny-onlinestore.com/special/setupsuits_130410/


ニューヨーカー流Vゾーンの合わせ方

http://www.ny-onlinestore.com/special/120926_mensvzone/


2013年クールビズ調査レポート「クールビズの功罪」

http://www.ny-onlinestore.com/special/130208_questionnaire_coolbiz/


NEWYORKER公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/


NEWYORKER MAGAZINE

http://www.newyorker.co.jp/magazine/

 

 

 

PAGE TOP