役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年04月16日

日本酒の奥深さを知るWebショップ限定セットが日本盛より発売開始

日本盛 楽天市場店で「日本盛 3本の矢セット」が発売中

日本酒の奥深さを知るWebショップ限定セットが日本盛より発売開始

 

日本盛 楽天市場店で「日本盛 3本の矢セット」が発売中

日本盛 楽天市場店で「日本盛 3本の矢セット」が発売中

 

130416_sake_01.jpg
食に関する情報が氾濫し、消費者の選択肢が増えた現代のライフスタイルでは、伝統的な酒である日本酒に対するイメージも変わりつつある。ブロクやSNSに投稿される記事では、酔うための酒だけでなく、味わうための酒としての需要が増えているようだ。

とは言え、日本酒を扱う居酒屋で良く聞かれるオーダーは「辛口を冷酒で!」というもの。好きな酒を飲むのが一番楽しいのだが、温度や酒質、あわせる肴、さらには使う器によって、様々な味わいが楽しめるのが日本酒の魅力である。ひととおり試したうえで「自分はコレが好き!」というなら良いのだが、奥深い世界を覗かずして日本酒を飲むのは、ちょっと勿体ないのである。

そんな日本酒の奥深さを手軽に楽しめるセット商品が、日本盛よりWebショップ限定で発売される。「日本盛 3本の矢セット」は、冷酒、常温、燗の3つの温度帯がお勧めの日本酒を、手軽な180ml瓶でセットにしたもの。

それぞれの特徴を簡単に説明すると、スッキリとした辛口に仕上げた「大吟醸」は冷やして飲むのにお勧め。辛口とはいえ、しっかりとした味の軸を持つ酒なので、華やかな吟醸香を楽しみながら、リッチな味わいを楽しみたい。

惣花酵母という独特の酵母で丹念に醸した「超特選 惣花」は、山田錦をはじめとする酒造好適米を55%まで磨いた純米吟醸。惣花は皇室の祝事や晩餐会などに供された伝統の酒で、こちらは常温がお勧めのこと。 

そして「もち四段仕込み」という醸造法を用いた本醸造「五訓」は、芳醇でコクのある味わいが特徴。こちらは40℃くらいの“ぬる燗”にすることで旨みと芳香が膨らみを増し、食事の旨さを引き出す相乗効果が期待できそうだ。 

三矢の教えのように、3種類の日本酒の楽しみ方でライフスタイルをより豊かにしてくれそうな「日本盛 3本の矢セット」の価格は1セット(各180ml×3本)で、1000円(税込・送料込/初回購入者のみ)。4月16日(火)より、日本盛 楽天市場店にて発売中だ。送料込みで1000円と魅力的な価格設定だが、数量限定での発売となるので、気になる方はお早めに。


日本盛 楽天市場店

 

 

PAGE TOP