役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年02月21日

女性の上司や先輩から好かれるオフィススタイルとは?

「女性先輩による、女性後輩の『オフィススタイル』に関する調査レポート」を公開

女性の上司や先輩から好かれるオフィススタイルとは?

ニューヨーカーが「女性先輩(または上司)による、女性後輩(または部下)の『オフィススタイル』に関する調査レポート」を公開

 

130222_ny_01.jpg

 

 

昨今クールビズなどの影響で、オフィススタイルに変化が出た職場も少なくないだろう。中でも女性は、男性に比べると服装の自由度が高く、快適さを追求できて便利に思えるが、その自由さが弊害をもたらすケースもあるようだ。たとえばノースリーブやノーストッキングなどは一見涼しげで仕事の効率化をもたらすように思えるが、ビジネスマナーとして考えた場合、賛否が分かれることもあるだろう。
中でも、同性であり、部下や後輩を育て管理する立場にある上司や先輩は、彼女たちの服装が気になる場合もあるようだ。
ビジネスブランドの老舗「「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、女性683名を対象に「女性先輩(または上司)による、女性後輩(または部下)の『オフィススタイル』に関する調査レポート」をアンケート形式で実施し、公式オンラインショップ「NYオンライン」にてレポートを掲載している。この結果によれば、約85%の女性上司が「同性の後輩・部下のオフィススタイルが気になる」とのこと。具体的にどのような点が気になるのだろうか。
たとえば「印象が良くないと感じる後輩(部下)の服装を教えてください」という質問には、「ラフ過ぎる」「TPOに合っていない」「肌の露出度が高い」がベスト3にランクイン。いずれも常識的に考えてNGなことはわかるが、その基準が人それぞれ異なるというところに問題があるのかもしれない。
また、「洋服や靴はチープなのにバッグはブランドもので、テイストが合っていない」などのコメントも見られ、本人は何気なくチョイスしていることでも、違和感を持たれることもあるようだ。
「同性の後輩(部下)のファッションにアドバイスをしたことがありますか?」という質問には、「ない」が64%、「したいと思ったことはあるが実施はしなかった」が24%、「ある」が12%という結果となった。誰にも何も言われないから大丈夫、というわけではなさそうである。
さらに「オフィススタイルで最もNGだと思うスタイルは?」という問いには、「胸の大きく開いたトップス/シャツのボタンをはずす」「丈の短いスカート/ショートパンツ」などのわかりやすい回答の他に、少数派であるが「マキシ丈ワンピース」「ブーツ全般」「高級ブランド」などという意見も見られた。寒さが厳しい時期はブーツ必須という女性にとっては酷であるが、デザインなどによっては職場にふさわしくないのかもしれない、と今一度振り返ってみるきっかけになりそうだ。
逆に「印象が良いと感じる後輩(部下)の服装を教えてください」という質問では、「TPOに合っている」「キャリアや担当業務にふさわしい」「清潔感がある」がベスト3となった。「センスがある・トレンドの取りいれ方」「年齢相応である」などの意見も見られ、オフィスにふさわしい常識的な服装でありながらも、さりげなくセンスがあり本人に似合うと感じられるものは、女性上司のみならず、全ての人から好感を持たれるだろう。
社内だけでなく社外の人と顔を合わせることも考えると、ビジネスマナーを踏まえることは必須。誰にも何も言われないから、仕事に特に支障がないから、自分のスタイルだから、ラクちんな服装だから、というわけにはいかないのは、社会人の皆様ならご存知の通り。
身に覚えがあるという人もない人も、このアンケート結果を参考に、今一度オフィススタイルを見直してみるのもいいかもしれない。
女性先輩(または上司)による、女性後輩(または部下)の「オフィススタイル」に関する調査結果レポート
http://www.ny-onlinestore.com/special/130222_questionnaire_office_style/
NEWYORKER MAGAZINE
http://www.newyorker.co.jp/magazine/
NEWYORKER公式オンラインストア
http://www.ny-onlinestore.com/
NEWYORKERブランドサイト
http://www.newyorker.co.jp/

昨今クールビズなどの影響で、オフィススタイルに変化が出た職場も少なくないだろう。中でも女性は、男性に比べると服装の自由度が高く、快適さを追求できて便利に思えるが、その自由さが弊害をもたらすケースもあるようだ。たとえばノースリーブやノーストッキングなどは一見涼しげで仕事の効率化をもたらすように思えるが、ビジネスマナーとして考えた場合、賛否が分かれることもあるだろう。


中でも、同性であり、部下や後輩を育て管理する立場にある上司や先輩は、彼女たちの服装が気になる場合もあるようだ。


ビジネスブランドの老舗「「NEWYORKER(ニューヨーカー)」では、女性683名を対象に「女性先輩(または上司)による、女性後輩(または部下)の『オフィススタイル』に関する調査レポート」をアンケート形式で実施し、公式オンラインショップ「NYオンライン」にてレポートを掲載している。この結果によれば、約85%の女性上司が「同性の後輩・部下のオフィススタイルが気になる」とのこと。具体的にどのような点が気になるのだろうか。


たとえば「印象が良くないと感じる後輩(部下)の服装を教えてください」という質問には、「ラフ過ぎる」「TPOに合っていない」「肌の露出度が高い」がベスト3にランクイン。いずれも常識的に考えてNGなことはわかるが、その基準が人それぞれ異なるというところに問題があるのかもしれない。


また、「洋服や靴はチープなのにバッグはブランドもので、テイストが合っていない」などのコメントも見られ、本人は何気なくチョイスしていることでも、違和感を持たれることもあるようだ。


「同性の後輩(部下)のファッションにアドバイスをしたことがありますか?」という質問には、「ない」が64%、「したいと思ったことはあるが実施はしなかった」が24%、「ある」が12%という結果となった。誰にも何も言われないから大丈夫、というわけではなさそうである。


さらに「オフィススタイルで最もNGだと思うスタイルは?」という問いには、「胸の大きく開いたトップス/シャツのボタンをはずす」「丈の短いスカート/ショートパンツ」などのわかりやすい回答の他に、少数派であるが「マキシ丈ワンピース」「ブーツ全般」「高級ブランド」などという意見も見られた。寒さが厳しい時期はブーツ必須という女性にとっては酷であるが、デザインなどによっては職場にふさわしくないのかもしれない、と今一度振り返ってみるきっかけになりそうだ。


逆に「印象が良いと感じる後輩(部下)の服装を教えてください」という質問では、「TPOに合っている」「キャリアや担当業務にふさわしい」「清潔感がある」がベスト3となった。「センスがある・トレンドの取りいれ方」「年齢相応である」などの意見も見られ、オフィスにふさわしい常識的な服装でありながらも、さりげなくセンスがあり本人に似合うと感じられるものは、女性上司のみならず、全ての人から好感を持たれるだろう。


社内だけでなく社外の人と顔を合わせることも考えると、ビジネスマナーを踏まえることは必須。誰にも何も言われないから、仕事に特に支障がないから、自分のスタイルだから、ラクちんな服装だから、というわけにはいかないのは、社会人の皆様ならご存知の通り。


身に覚えがあるという人もない人も、このアンケート結果を参考に、今一度オフィススタイルを見直してみるのもいいかもしれない。

 

 


女性先輩(または上司)による、女性後輩(または部下)の「オフィススタイル」に関する調査結果レポート

http://www.ny-onlinestore.com/special/130222_questionnaire_office_style/

NEWYORKER MAGAZINE


http://www.newyorker.co.jp/magazine/


NEWYORKER公式オンラインストア

http://www.ny-onlinestore.com/


NEWYORKERブランドサイト

http://www.newyorker.co.jp/

 

PAGE TOP