役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年02月01日

Webサイト『バイク王 バイクライフ研究所』がリニューアル

主任研究員に岸田一郎氏、国井律子氏の就任が決定

バイクライフの楽しさを伝えるWebサイト『バイク王 バイクライフ研究所』がリニューアル

主任研究員に岸田一郎氏、国井律子氏の就任が決定

 

130201_bike_01.jpg 岸田一郎氏と国井律子氏

 

 

国土交通省が発表した「車種別平均輸送人数の推移」によれば、乗用車の乗車人数は平均1.32人だそう。いくらエコカーといえども、4?5人乗りの乗用車に対してドライバーのみ、またはドライバーと助手席だけというのは、エネルギー効率が悪いと言わざるを得ない。
その点、バイクは天候に左右されるという欠点はあるものの、もっと実用や生活に使われれば、エコにも貢献してくれそうだ。そしてバイクがあれば、移動ツールというだけではなく日々のライススタイルが"もっと楽しく"なりそうでワクワクする、そう考えるバイクファン、元バイクファンもいるのではないだろうか。
"バイクがあればもっと楽しい"
この言葉を2013年のコンセプトにしたのが、バイクライフの楽しさや、バイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動している『バイク王 バイクライフ研究所』だ。2011年の発足から現在まで、WebサイトやFacebookでの情報発信だけでなく、ツーリングイベントなど、さまざまな活動を行ってきている。そして、2月1日(金)に、より具体的な活動を目指してWebサイトをリニューアルした。
Webサイトを見ると、リニューアルにあわせて寄稿した澤篤史所長のコラムに以下のメッセージが掲載されている。
Enjoy bikeとはちょっと違う
Enjoy Life with Bike
バイクがあれば もっと楽しい
バイクがあれば、もっと楽しい。
バイクがあれば、もっと趣味が楽しい。
もっと旅が楽しい。もっと音楽が楽しい。
もっともっと人生が楽しい。
だって、
バイクがあれば、もっと先まで行ける。
バイクがあれば、もっと奥までのぞける。
バイクがあれば、もっと仲間が増える。
趣味とバイクと仲間。人生の友達に会おう。
なんともまっすぐなメッセージだが、一度でもバイクにまたがったことのある人やタンデムの経験がある人は、この言葉に納得するだろう。
研究所の名の通り、今回のリニューアルで研究員も充実させた。主任研究員としてメディアプロデューサーで"ちょい不良(ワル)オヤジ"の生みの親、岸田一郎氏と、エッセイストとして幅広いメディアで活躍中の国井律子氏が参加。「僕と一緒にオトナのバイク遊びを考えていきましょう。」(岸田氏)と言うメッセージにワクワクする。他にもバイクジャーナリストなど数名が研究員として参加予定なので、今後の発信内容が期待できるだろう。
Webサイトリニューアルにあわせ、『バイク王 バイクライフ研究所公式Facebook』も、バイクライフを楽しむための情報を幅広く発信するようアップデートされたので、こちらもお見逃しなく。
バイク王 バイクライフ研究所
http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html
バイク王 バイクライフ研究所 公式Facebook
http://www.facebook.com/bikelifelab
株式会社バイク王&カンパニー
http://www.8190.co.jp/company/
公式リリースを読む
http://www.pronweb.tv/release.php?code=7783

 

国土交通省が発表した「車種別平均輸送人数の推移」によれば、乗用車の乗車人数は平均1.32人だそう。いくらエコカーといえども、4?5人乗りの乗用車に対してドライバーのみ、またはドライバーと助手席だけというのは、エネルギー効率が悪いと言わざるを得ない。


その点、バイクは天候に左右されるという欠点はあるものの、もっと実用や生活に使われれば、エコにも貢献してくれそうだ。そしてバイクがあれば、移動ツールというだけではなく日々のライススタイルが"もっと楽しく"なりそうでワクワクする、そう考えるバイクファン、元バイクファンもいるのではないだろうか。


"バイクがあればもっと楽しい"


この言葉を2013年のコンセプトにしたのが、バイクライフの楽しさや、バイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動している『バイク王 バイクライフ研究所』だ。2011年の発足から現在まで、WebサイトFacebookでの情報発信だけでなく、ツーリングイベントなど、さまざまな活動を行ってきている。そして、2月1日(金)に、より具体的な活動を目指してWebサイトをリニューアルした。


Webサイトを見ると、リニューアルにあわせて寄稿した澤篤史所長のコラムに以下のメッセージが掲載されている。


Enjoy bikeとはちょっと違う

Enjoy Life with Bike

バイクがあれば もっと楽しい


バイクがあれば、もっと楽しい。

バイクがあれば、もっと趣味が楽しい。

もっと旅が楽しい。もっと音楽が楽しい。

もっともっと人生が楽しい。


だって、

バイクがあれば、もっと先まで行ける。

バイクがあれば、もっと奥までのぞける。

バイクがあれば、もっと仲間が増える。

趣味とバイクと仲間。人生の友達に会おう。


なんともまっすぐなメッセージだが、一度でもバイクにまたがったことのある人やタンデムの経験がある人は、この言葉に納得するだろう。


研究所の名の通り、今回のリニューアルで研究員も充実させた。主任研究員としてメディアプロデューサーで"ちょい不良(ワル)オヤジ"の生みの親、岸田一郎氏と、エッセイストとして幅広いメディアで活躍中の国井律子氏が参加。「僕と一緒にオトナのバイク遊びを考えていきましょう。」(岸田氏)と言うメッセージにワクワクする。他にもバイクジャーナリストなど数名が研究員として参加予定なので、今後の発信内容が期待できるだろう。


Webサイトリニューアルにあわせ、『バイク王 バイクライフ研究所公式Facebook』も、バイクライフを楽しむための情報を幅広く発信するようアップデートされたので、こちらもお見逃しなく。


130201_bike_02.jpg

バイク王 バイクライフ研究所

 


バイク王 バイクライフ研究所

http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html


バイク王 バイクライフ研究所 公式Facebook

http://www.facebook.com/bikelifelab


株式会社バイク王&カンパニー

http://www.8190.co.jp/company/


公式リリースを読む

http://www.pronweb.tv/release.php?code=7783


 

 

PAGE TOP