役立つ製品・サービス情報<PR>

2013年01月22日

バイクに関わる仕事を考える学生へバイク王がセミナーを開催

バイク王ならではの清掃作業実演や情報交換を実施

バイクに関わる仕事を考える学生へ!センター試験当日にバイク王がセミナーを開催

バイク王ならではの清掃作業実演や情報交換を実施

130122_bike_01.jpg

セミナー中に行われたバイク清掃。プロの技に脱帽

 

1月19日と20日、全国で大学入試センター試験が行われた。大学入学を目指す受験生にとって、まさに人生を左右する2日間だったが、就職生も人生を左右する大切なシーズンを迎えている。2014年度の就職戦線はすでに始まっているのだ。
企業側も昨年12月1日の解禁以降、会社説明会を開始している。近年では世界に通じる独自技術を有する中小企業の合同会社説明会や、SNSを利用した「ソー活」など、自社の魅力を学生に伝える様々な工夫を凝らしているが、バイク買取専門店「バイク王」を全国展開する株式会社バイク王&カンパニーが、一風変わった就職活動生向けの企業セミナーを開催した。
センター試験初日の1月19日、東京工科専門学校品川校を会場として行われた「株式会社バイク王&カンパニー バイクセミナー」では、一般募集で集まった就職を控えている学生32名が参加。
今回のセミナーは「バイクライフ」の提案を一生の仕事にしたいと思う学生と、バイクについて一緒に考え、「バイクライフ」の提案やバイク流通事業におけるリユース・リサイクルの意義など企業の取り組み・想いを伝えることを目的としているため、一般の企業説明会とは異なり、実車に触れるなどの時間を設けることで、よりバイクを身近に感じることができる内容となっている。
会場では冒頭からクイズ形式でバイクについての知識や、バイクに対してどんなイメージを持っているかをディスカッション形式で展開。企業側から一方的に情報を伝えるのではなく、参加者との間で様々な意見やアイデアの交換が行われていた。
さらに特徴的な取り組みとして、実際に買い取ったばかりのバイクの洗車作業の実演が行われた。会場に到着したのは屋外に放置してあったと思われる、汚れているバイク。これをバイク王のスタッフがその場で清掃作業を行うのだが、僅か1時間で隅々まで綺麗に磨きあげられ、学生から驚きの声があがっていた。実際にバイクを売った経験がある人は、愛車が手を離れてからどのように扱われるか気になるところだが、プロの技術で丁寧に磨きあげられる様子は、バイクに興味を持つ学生の心を揺さぶったことだろう。
また、当日集まった学生の中にはバイクの免許を持っていない参加者もいたが、東京工科専門学校品川校の実習室では、国内外の有名なバイクにまたがったり、測定機器の実演も行われたので、就職だけではなく、ホビーとしてのバイクにも興味を持ったようだ。
バイク王&カンパニーの2014年度採用スケジュールは、セミナーと一次選考が1月31日(木)を皮切りに実施されるとのこと。上記の取り組みに興味を持ち、日程やエントリー方法を知りたくなった場合は、バイク王&カンパニーの2014年新卒採用ページをご確認いただきたい。
日本のバイク環境はまだ課題も多いが、リターンライダーをはじめとした第3次バイクブームとも言われている。バイクを趣味だけでなく、仕事として選びたい人にとっては、有意義なセミナーだったと言えるだろう。
株式会社バイク王&カンパニー ホームページ
http://www.8190.co.jp/company/
2014年新卒採用ページ
http://www.8190.co.jp/company/recruit/
東京工科専門学校品川校
http://www.tera-house.ac.jp/car/
公式リリースを読む
http://www.pronweb.tv/release.php?code=7733

1月19日と20日、全国で大学入試センター試験が行われた。大学入学を目指す受験生にとって、まさに人生を左右する2日間だったが、就職生も人生を左右する大切なシーズンを迎えている。2014年度の就職戦線はすでに始まっているのだ。


企業側も昨年12月1日の解禁以降、会社説明会を開始している。近年では世界に通じる独自技術を有する中小企業の合同会社説明会や、SNSを利用した「ソー活」など、自社の魅力を学生に伝える様々な工夫を凝らしているが、バイク買取専門店「バイク王」を全国展開する株式会社バイク王&カンパニーが、一風変わった就職活動生向けの企業セミナーを開催した。

 

130122_bike_02.jpg

 

センター試験初日の1月19日、東京工科専門学校品川校を会場として行われた「株式会社バイク王&カンパニー バイクセミナー」では、一般募集で集まった就職を控えている学生32名が参加。


 今回のセミナーは「バイクライフ」の提案を一生の仕事にしたいと思う学生と、バイクについて一緒に考え、「バイクライフ」の提案やバイク流通事業におけるリユース・リサイクルの意義など企業の取り組み・想いを伝えることを目的としているため、一般の企業説明会とは異なり、実車に触れるなどの時間を設けることで、よりバイクを身近に感じることができる内容となっている。


 会場では冒頭からクイズ形式でバイクについての知識や、バイクに対してどんなイメージを持っているかをディスカッション形式で展開。企業側から一方的に情報を伝えるのではなく、参加者との間で様々な意見やアイデアの交換が行われていた。


 さらに特徴的な取り組みとして、実際に買い取ったばかりのバイクの洗車作業の実演が行われた。会場に到着したのは屋外に放置してあったと思われる、汚れているバイク。これをバイク王のスタッフがその場で清掃作業を行うのだが、僅か1時間で隅々まで綺麗に磨きあげられ、学生から驚きの声があがっていた。実際にバイクを売った経験がある人は、愛車が手を離れてからどのように扱われるか気になるところだが、プロの技術で丁寧に磨きあげられる様子は、バイクに興味を持つ学生の心を揺さぶったことだろう。


 また、当日集まった学生の中にはバイクの免許を持っていない参加者もいたが、東京工科専門学校品川校の実習室では、国内外の有名なバイクにまたがったり、測定機器の実演も行われたので、就職だけではなく、ホビーとしてのバイクにも興味を持ったようだ。バイク王&カンパニーの2014年度採用スケジュールは、セミナーと一次選考が1月31日(木)を皮切りに実施されるとのこと。上記の取り組みに興味を持ち、日程やエントリー方法を知りたくなった場合は、バイク王&カンパニーの2014年新卒採用ページをご確認いただきたい。


日本のバイク環境はまだ課題も多いが、リターンライダーをはじめとした第3次バイクブームとも言われている。バイクを趣味だけでなく、仕事として選びたい人にとっては、有意義なセミナーだったと言えるだろう。

 

130122_bike_03.jpg130122_bike_04.jpg   

 

株式会社バイク王&カンパニー ホームページ

http://www.8190.co.jp/company/


2014年新卒採用ページ

http://www.8190.co.jp/company/recruit/


東京工科専門学校品川校

http://www.tera-house.ac.jp/car/

 

公式リリースを読む

http://www.pronweb.tv/release.php?code=7733

 

 


PAGE TOP