役立つ製品・サービス情報<PR>

2012年12月20日

Bluetooth対応G-SHOCKの限定モデルも登場

G-SHOCK 30周年アニバーサリーモ デルの第2弾はイニシャルブルー

iPhoneユーザーも見逃せない!Bluetooth(R)v4.0対応G-SHOCKの限定モデルも登場

G-SHOCK 30周年アニバーサリーモデルの第2弾はイニシャルブルー

121220_casio_01.jpg

 

 2013年4月に誕生30周年を迎えるG-SHOCK。それを記念したアニバーサリーモデルとして、今年9月に『Rising RED(ライジングレッド)』が発売され、大きな注目を集めたのは記憶に新しい。そして2013年1月25日(金)には、30周年アニバーサリーモデルの第2弾であり、G-SHOCKの新たな歴史の幕開けをブラックとブルーで表現した「Initial Blue(イニシャルブルー)」が発売される。

 

 注目のラインナップは全6モデル。ストリートシーンで特に人気が高いビッグフェイスモデル「GA-113B-1AJR(1万8900円/税込)」をはじめ、歯車をモチーフにしたインダイアルを採用してレトロなイメージを醸し出す「GA-303B-1AJR(2万1000円/税込)」、圧力センサーと温度センサーを搭載したライズマン「GW-9230BJ-1JR(3万3600円/税込)」、防塵&防泥構造に方位と温度の2つのセンサーを搭載したマッドマン「GW-9330B-1JR(4万2000円/税込)」、そしてBluetoothに対応し、iPhoneやAndroid搭載スマホと連動する伝統のスクエアモデル「GB-5600AA-A1JR(2万3100円/税込)」と、同じくBluetooth対応の「GB-6900AA-A1JR(2万3100円/税込)」が登場だ。


  「Rising RED」と同様に、裏蓋にはエリック・ヘイズがデザインした30周年の記念ロゴを配したほか(「GB-5600AA-A1JR」 「GB-6900AA-A1JR」除く)専用パッケージも用意。いずれもコーディネイトを選ばないブラックを基調に、ロゴやボタン、液晶表示などのブルー主張する魅力的なモデルに仕上がっている。限定モデルのG-SHOCKを毎日使い倒したい人には特にオススメしたい。

 

 G-SHOCKでは2013年4月の誕生30周年に向け、今後もアニバーサリーモデルやコラボレーションモデルの発売に加え、世界各地でのイベント開催など、様々な活動が企画されているとのこと。
  情報が入り次第PRONWEBでも紹介していく予定なので、お楽しみに!

121220_casio_02.jpg

 

G-SHOCK.JP
http://g-shock.jp/

PAGE TOP