Management Leader Web Magazine (会員限定)

2016年03月08日

ビジネスBOX【法定福利 年金】

厚生労働省、厚生年金未加入が疑われる全国79万社を調査へ

厚生年金保険の加入促進と短時間労働者への適用を拡大

厚生労働省、厚生年金未加入が疑われる全国79万社を調査へ

 

スパイラル社会保険労務士事務所

代表 社会保険労務士 村松鋭士

http://www.tfs-sr.com/

 

3月タイトル 400pix.png

2月、3月は、春に向かって人事が動く時期のため、スポット業務や月次顧問のご依頼が増える時期でもあります。

 

スポット業務とは、例えば社会保険の新規適用手続きや一般派遣の許可申請、就業規則の作成、36協定の作成、キャリアアップ助成金等の申請、入退社手続き、研修等です。ほぼ毎日お見積書を作成している状態です。ありがたい季節です。


今月のコラムは、最近厚労省が対策強化に乗り出した厚生年金未加入についてです。

 

厚生年金保険の加入促進と短時間労働者への適用を拡大

 

厚生労働省は、厚生年金に入る資格があるのに年金額の少ない国民年金に入っている人が約200万人と推計されることについて、2017年度末までに未加入の疑いのある約79万事業所を対象に緊急調査すると表明しました。

 

日本年金機構が加入逃れの可能性がある約79万事業所に対し、早急に調査票を送り、加入状況を調べていきます。未加入であることが確認でき、督促しているにもかかわらず支払う意思を示さない事業所には職員が訪問して加入指導するということになっています。

 

続きを読む…

PAGE TOP