Management Leader Web Magazine (会員限定)

2016年01月08日

ライフスタイルBOX【通勤時間】

毎日の通勤時間は何分が限度?

保育士が理想とする通勤時間は15分から30分、許容できるのは1時間まで。

保育士の通勤調査!毎日の通勤時間は何分が限度?

 

保育士が理想とする通勤時間は15分から30分、

許容できるのは1時間まで

 

タイトルイメージ 400pix.png 

働く上では避けることのできない「通勤時間」。通勤にかかる時間を最小限にしたいと思う方が大部分ではないだろうか。ギューギュー詰めの満員電車に長時間乗るのは相当なストレスにもなってくる。

 

保育士や幼稚園教諭の人材紹介サービス【保育のお仕事】株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区両国)は、 読者の保育士を対象に通勤時間についての調査を行なった。
働くファミリーのお子さんを預かる保育士さんは通勤時間に対してどのような意識を持っているのだろうか。

 

[調査結果概要]

○現在の通勤時間:

「30分 - 1時間」が最も多く35.1%、 次いで「15分 - 30分27.8%。一方で1時間30分以上通勤にかかっているという方も6.2%いる。

 

○理想とする通勤時間:

約半数の48.0%が「15分 - 30分」と回答。 次いで「5分 - 15分」が31.0%、 「30分 - 1時間」が17.0%となっている。 やはり理想としては多くの方が30分以内、 長くとも1時間以内の通勤時間を望んでいることがわかる。

 

○許容できる通勤時間:

 「30分 - 1時間」が45.0%、 「15分 - 30分」が31.0%、 「1時間 - 1時間30分」が17.0%と、 多くの方が通勤時間の限界を、 意外と短い時間に設定していることが分かった。

 

保育士の特徴が表れているのが、現在の通勤手段だ。最も多いのは「電車」で37%だが、次いで「自家用車」が34%と僅差となっている。保育業界では通勤にマイカーを使う人が多く、アンケート結果にもその傾向が表れているようだ。

 

 アンケートの結果ページには回答者のコメントも掲載されている。その一部をご紹介すると・・・


 ★毎日早番からの遅番勤務が多く、 片道1時間半はかかるので、 家には寝に行くようなもの。 せめて半分ぐらいなら自分の時間が持てるのになぁと思う。 (20代/女性)


★夏場は家から車で40分程度でいいが、 冬場は雪かきもあるので1時間ほどかかる。 園に着いてからも雪かきがあり、 かなり早起きをしないと間に合わない。 (20代/女性)

★通勤時間には特に不満はないが、 通勤手当がガソリン代にもならないことが不満…。 (20代/女性)


など通勤時間だけでなく、手当や労働環境に対する不満が多いようだ。 これは保育士以外のビジネスパーソンにも共通するところが多いのではないだろうか。


通勤は毎日のこと。 例えば通勤時間が片道1時間で22日/月勤務の場合、 通勤に時間は528時間/年になる。 つまり1ヶ月分の勤務に相当する22日間を通勤に費やしていることになる。自分自身の生活を考慮して、 無理のない時間はどれくらいか考えることが必要かもしれない。



■調査概要

・実施期間:2015年12月12日?12月22日
・実施対象:保育士(81.0%)・幼稚園教諭(7.0%)・その他保育関連職(3.0%)
学生(5.0%)・主婦その他(4.0%)
・回答者数:100人(平均年齢:31.8歳)
・男女割合:女性/98.0%・男性/2.0%
 


 

<詳細はこちら>

株式会社ウェルクス

「毎日の通勤時間・・・何分までが限度?」

 http://www.hoiku-shigoto.com/report/male-nurse-career/commuting-time/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP