マネジメントに役立つIT情報

2014年10月15日

6割の企業がタブレットを導入。導入成果が業績に反映の傾向も。

タブレット導入成果が大きいほど、企業の業績が伸びるとの結果も。

6割の企業がタブレットを導入。導入成果が業績に反映の傾向も。

 

調査機関が相次いで法人タブレットの動向調査結果を発表。

タブレット導入成果が大きいほど、企業の業績が伸びるとの結果も。

割の企業がタブレットを導入。導入成果が業績に反映の傾向も。
調査機関が相次いで法人タブレットの動向調査結果を発表。
タブレット導入成果が大きいほど、企業の業績が伸びるとの結果も。

 

法人タブレット利用動向タイトル 300pix.png

今月に入って、調査機関から法人タブレットの導入状況が相次いで発表されている。

いずれの調査も、実際どのように利用され、どのような効果を生んでいるかについて調査している。


■導入企業は57%、主な利用者は営業担当、経営層、業種によっては現場活用


NECが運営するインフォメーションサイト「WISDOM」では、6月に会員対象にタブレットの利用動向について調査をおこなった結果を発表している。(有効回答数:683)


タブレットの導入状況は、導入済み:26%、一部で試験導入中:31%で合計すると6割近い57%の企業がタブレットを利用している。主な利用者は、営業担当者:47.5%、役員などのマネジメント層:27% が中心で、製造業・建設業など業種により現場作業担当者の活用がはかられているようだ。

タブレットの主な利用は、メール:55.6%、スケジュール管理:43.1%が多く、電子カタログ:39.7%、会議(ぺーパーレス):33.1%となっている。電子カタログや会議資料の電子化などペーパーレスを目的とした利用も多い。データを見る限りでは、まだまだ十分に使いこなせていない利用者が多い。

気になる導入効果については、営業力強化・効率化に効果があった(やや効果があった含む:以下同じ)とする人は50%、会議効率化(ペーパーレス化)で効果があったも同じく50%。接客サービスの強化・効率化が45%、

現場作業員の効率化は41.5%、経営マネジメント層の意思決定力強化は37.4%が効果ありとしている。


■タブレット導入成果と企業業績の伸びに相関関係


このテーマについては、IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社が、「サービス業」を対象に調査をおこなっている。

それによると、企業の15.5%がタブレットを導入したと回答しており、導入した結果、その成果についての質問では、「成果 大」との回答が13.3%、「成果 あり」52.6%、「成果 なし」は34.1%という結果になっている。これらの企業の業績を調べると「成果 大」と回答した企業は平均で6.3%業績を伸ばしていることがわかる。また「成果 あり」の企業は3.3%、「成果 なし」も1.3%伸びている。これにサービス業全体の平均業績伸長率マイナス0.5%を考慮して比較すると、タブレットを導入した企業は「全体平均」よりも伸長率が高く、しかも伸長率が高い順に並べると「成果 大」「成果 あり」「成果 なし」の順に並び、導入した成果が大きいほど企業の業績が良いという相関関係があることが分かった。


調査をおこなったIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山 雅弘氏は「タブレットを導入したことにより会社の業績が著しく伸びたと回答した経営層は4.3%と非常に少ない。タブレットが会社の業績アップに貢献したとの実感が得られていないことがわかる。しかしタブレットの成果と会社の業績の設問を分け、別々に質問し集計すると、タブレットの成果が大きいほど業績が良いという正の相関がある。この点が正しく経営層に伝わらないとタブレットの導入を阻む要因になりかねない」と分析している。


サービス業という特定業種の結果であるが、NECの調査でも導入効果ありの結果となっている。導入効果が立証されれば企業でのタブレット導入はますます加速していくことになるだろう。


■タブレットの導入は総合的な視点で

タブレットの導入は、製品単体に目が奪われがちになるが、効果を発揮するには利用環境全体の整備が欠かせない。通信環境・セキュリティ、社内情報資産の電子化、複数部署にまたがる管理運用体制を考えておかないと、目的とした導入効果が発揮できなかったり、トラブル・事故が発生しかねない。

経営層が事業方針・計画として、全社的に取り組むことが大きな効果を生むカギとなる。


 

<詳細>

NEC  WISDOMメンバーズResearch & Report リサーチ・チャンネル

http://jpn.nec.com/info-square/research-channel/tablet.html?cid=n2urc20141001


IDC Japan 国内サービス分野タブレットソリューション市場予測

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20141014Apr.html

 

PAGE TOP