マネジメントに役立つIT情報

2013年10月10日

業務効率向上のポイント

「見えない課題」を可視化し、会社全体で最適化をはかっていくことが業務効率向上の「鍵」となる。

業務効率向上のポイント

 

「見えない課題」を可視化し、会社全体で最適化をはかることが

業務効率向上の「鍵」となる

業務効率向上のポイント
概要:業務効率向上のポイント
本文:「業務効率を向上」させることは、どの企業においても収益を上げるための大きな課
題といえよう。しかし、個々の仕事や部署の業務改善だけでなく、会社全体として変革をお
こない業務効率向上を達成することは容易ではない。
◎業務の可視化と全体最適
よくあるのが、とても多忙な部署があるため、先行して効率化に着手する場合である。
例えば、処理するのに3人で8時間かかっていた作業を、1人で2時間足らずで済むような最
新の設備に更新できれば、そこだけ見れば大幅な効率化となる。しかし、その前後の工程が
変わらなければ全体としての業務効率は僅かな向上に留まってしまう。またその繁忙部署で
の業務改善が全ての部門であてはまる訳ではない。ひとつのプロセスを改善するとどんな影
響が出てくるのかを正確に見極め、それぞれの業務で最適な方法を検討することが必要とな
るのだ。
そのためには、把握しにくい部門間等の異なる業務の連携といった「見えない課題」を可
視化し、会社全体で最適化をはかっていくことが業務効率向上の鍵となるだろう。
◎業務効率向上の目的は収益の向上
業務効率アップが達成されれば、確実に会社の利益は向上する。
しかし、業務効率を会社全体で推進する場合、その過程においてさまざまな課題も生じて
くる。 特に、習慣化された業務を変えていくためには、変革の目的と効果を会社としてき
ちんと説明し納得してもらうことが必要になる。また「楽になる部署」、「変わらない部署
」、「引き続き負荷のかかる、負荷が増える部署」といったアンバランスを調整し、変革の
ためにかかる費用と業務効率向上で得られる収益を投資として中長期的なビジョンで見てい
くことも必要だ。
これを乗り越えていくために、経営者自らがリードし積極的に参加していかなければ、
業務効率達成は難しい。全社一体となって推進する気運を高めることによって「業務の活性
化」といったゴールを共有できればさらに会社はパワーアップしていく。
詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、
無料の詳細資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。
■「IT Wins」
・大塚商会 IT導入相談室
・IT Wins 035「業務効率の向上を目指すなら、現状の正確な分析から」
から資料「業務効率の向上は生産性の拡大につながる」をダウンロード。
 
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/035/
◇◆◇ 想定外を想定内にする秘策 ◇◆◇
顧客に渡す説明資料。先方に手渡す直前に間違いに気づいたことはありませんか。
単純な変換ミスや誤字であれば大きな問題になりませんが、相手の会社名や、データの数値
に間違いがあると「信頼性」を失う大きなマイナスとなりかねません。
このような時でも、スマホやタブレット、ウルトラブックなどのスマートデバイスを用い
て資料をその場で修正し、プロジェクター投影で説明すれば解決できるかもしれません。資
料は「PDF」ファイルとしてメール添付で送ったり、近くのコンビニのマルチコピー機でプリ
ントして配布したりすることで対応できます。また、顧客の求めに応じて用意していない資
料やデータが急に必要になった場合でも、社内のシステムにアクセスして即座に示すことも
可能となります。
詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、
詳細資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。
■頓出家の人々
・大塚商会 IT導入相談室
・「頓出家の人々」第50回【想定外を想定内にする秘策】から、
IT導入ホントのトコロ【ビジネスの「想定外」に強いスマートデバイス】
をダウンロード。
 
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/tonde/050/

 

業務効率タイトル300pix.png

「業務効率を向上」させることは、どの企業においても収益を上げるための大きな課題となる。しかし、個々の仕事や部署の業務改善だけでなく、会社全体として変革をおこない業務効率向上を達成することは容易ではない。


◎業務の可視化と全体最適

よくあるのが、とても多忙な部署があるため、先行して効率化に着手する場合だ。


例えば、処理するのに3人で8時間かかっていた作業を、1人で2時間足らずで済むような最新の設備に更新できれば、そこだけ見れば大幅な効率化となる。しかし、その前後の工程が変わらなければ全体としての業務効率は僅かな向上に留まってしまう。またその繁忙部署での業務改善が全ての部門であてはまる訳ではない。ひとつのプロセスを改善するとどんな影響が出てくるのかを正確に見極め、それぞれの業務で最適な方法を検討することが必要となるのだ。


そのためには、把握しにくい部門間等の異なる業務の連携といった「見えない課題」を可視化し、会社全体で最適化をはかっていくことが業務効率向上の鍵となるだろう。


◎業務効率向上の目的は収益の向上

業務効率アップが達成されれば、確実に会社の利益は向上する。

しかし、業務効率を会社全体で推進する場合、その過程においてさまざまな課題も生じてくる。 特に、習慣化された業務を変えていくためには、変革の目的と効果を会社としてきちんと説明し納得してもらうことが必要になる。また「楽になる部署」、「変わらない部署」、「引き続き負荷のかかる、負荷が増える部署」といったアンバランスを調整し、変革のためにかかる費用と業務効率向上で得られる収益を投資として中長期的なビジョンで見ていくことも必要だ。


これを乗り越えていくために、経営者自らがリードし積極的に参加していかなければ、業務効率達成は難しい。全社一体となって推進する気運を高めることによって「業務の活性化」といったゴールを共有できればさらに会社はパワーアップしていく。


詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、

無料の詳細資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。


■「IT Wins」

・大塚商会 IT導入相談室

・IT Wins 035「業務効率の向上を目指すなら、現状の正確な分析から」

から資料「業務効率の向上は生産性の拡大につながる」をダウンロード。

IT Wins PDF 300pix.jpg 

http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/035/



 

 

◇◆◇ 想定外を想定内にする秘策 ◇◆◇

 

顧客に渡す説明資料。先方に手渡す直前に間違いに気づいたことはありませんか。

単純な変換ミスや誤字であれば大きな問題になりませんが、相手の会社名や、データの数値に間違いがあると「信頼性」を失う大きなマイナスとなりかねません。


このような時でも、スマホやタブレット、ウルトラブックなどのスマートデバイスを用いて資料をその場で修正し、プロジェクター投影で説明すれば解決できるかもしれません。資料は「PDF」ファイルとしてメール添付で送ったり、近くのコンビニのマルチコピー機でプリントして配布したりすることで対応できます。また、顧客の求めに応じて用意していない資料やデータが急に必要になった場合でも、社内のシステムにアクセスして即座に示すことも可能となります。


詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、

詳細資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。


■頓出家の人々

・大塚商会 IT導入相談室

・「頓出家の人々」第50回【想定外を想定内にする秘策】から、

IT導入ホントのトコロ【ビジネスの「想定外」に強いスマートデバイス】をダウンロード

頓出家50 PDF 300pix.jpg

 http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/tonde/050/

 


 

<関連記事>

⇒コンピューターは「所有する」から「利用する」へ

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/21/post-6.php


⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php


⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒タブレット端末にはさまざまな使い道がある

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/05/post-7.php

 

⇒IT設備、全社導入の鍵は「運用コスト」

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/18/post-8.php

 

⇒いまこそ「経営の見える化」を

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/16/post-9.php

 

⇒PCの入れ替え、ポイントは「機動力」の向上

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/18/pc.php

 

⇒企業での「マルチデバイス」導入はどのようにすべきか

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/05/post-11.php


⇒ビジネスで無料クラウドサービスを使う際の注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/12/post-12.php

 

⇒安全にBYOD環境をビジネスに活かす鍵は

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/19/byod.php

 

⇒企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/26/it.php


⇒タブレット端末はセカンド端末なのか?
http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/04/post-13.php

 

PAGE TOP