マネジメントに役立つIT情報

2013年09月26日

企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

経営課題として情報システム全体を見直し、効率的な運用を目指す

企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

 

経営課題として情報システム全体を見直し、効率的な運用を目指す

企業競争力を高めるIT運用のポイントは?
経営課題として情報システム全体を見直し、効率的な運用を目指す
情報システムの進化により、日々扱う情報量は格段に増える傾向にある。以前は紙ベース
で処理していた案件がインターネットを利用してやり取りされ、すべてPC上で完結する仕事
ももはや珍しいことではない。
会社の誰もが情報システムを積極的に活用するようになると、課題となってくるのが「運用
業務」である。
例えば、社内のさまざまな部署で、業務に必要な情報の受発信をする場合「サーバー」を
どうするかが問題となってくる。特に、社外の取引先や一般の消費者に向けた外部接続を必
要とする情報システムを構築する場合は、社内サーバーはセキュリティの関係から利用が難
しい場合が多く、社外のサーバーを利用する場合が多い。気が付くと自社からの接続先に多
くのサーバーが乱立し、少数のシステム管理者では運用管理に手が回らなくなってしまうケ
ースもある。もし、そのうちのいずれかでトラブルが発生すればすぐに対処できなくなる恐
れがある。
この課題を解決するためには、社内の情報システム課題をきちんと検討し、システムの管
理・運用に関する作業量・コストを定量化することが必要となる。このステップをクリアす
ることによって、導入時点では具体的に見えなかった問題とムダなコストが見つかり、
将来的なトラブルによる大きな損失を未然に防ぐことが可能となってくる。
また、複数のサーバーをまとめる、あるいは近い将来の拡張に備えるためには、基幹とな
る「サーバーのクラウド化」を検討することも必要だ。もちろん、移行にあたっては不正な
攻撃や巨大地震への災害対策など、十分なセキュリティを確保することが前提である。
サーバーのクラウド移行は、さらに「システム全体を見直す」ことにもつながってくる。
業務内容に適したデバイスは何か? タブレット端末等のマルチデバイスを活用は? BYOD
の導入は? これからさらに複雑化していくソフト&ハードウェアを見据えて再構築をはか
るチャンスではないだろうか?
企業で情報システムを利用する流れはますます加速している。社内でのIT運用を効率化す
ることにより、社員は圧倒的な情報力をベースに俊敏に行動できる環境が整い「企業競争力
」が増すことに直結する。会社の経営課題として「情報システム」を見直し、収益増と運用
・管理体制・コストを検討してみてはいかがだろうか。
詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、
詳細資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。
■「IT Wins」
・大塚商会 IT導入相談室
・IT Wins 034「サーバの物理的設置場所にこだわる必要はない」
から資料「IT運用の効率化が企業競争力を高める」をダウンロード。
 http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/034/

 

タイトル 300pix.png

 

情報システムの進化により、日々扱う情報量は格段に増える傾向にある。以前は紙ベースで処理していた案件がインターネットを利用してやり取りされ、すべてPC上で完結する仕事ももはや珍しいことではない。


会社の誰もが情報システムを積極的に活用するようになると、課題となってくるのが「運用業務」である。


例えば、社内のさまざまな部署で、業務に必要な情報の受発信をする場合「サーバー」をどうするかが問題となってくる。特に、社外の取引先や一般の消費者に向けた外部接続を必要とする情報システムを構築する場合は、社内サーバーはセキュリティの関係から利用が難しい場合が多く、社外のサーバーを利用する場合が多い。気が付くと自社からの接続先に多くのサーバーが乱立し、少数のシステム管理者では運用管理に手が回らなくなってしまうケースもある。もし、そのうちのいずれかでトラブルが発生すればすぐに対処できなくなる恐れがある。


この課題を解決するためには、社内の情報システム課題をきちんと検討し、システムの管理・運用に関する作業量・コストを定量化することが必要となる。このステップをクリアすることによって、導入時点では具体的に見えなかった問題とムダなコストが見つかり、将来的なトラブルによる大きな損失を未然に防ぐことが可能となってくる。


また、複数のサーバーをまとめる、あるいは近い将来の拡張に備えるためには、基幹となる「サーバーのクラウド化」を検討することも必要だ。もちろん、移行にあたっては不正な攻撃や巨大地震への災害対策など、十分なセキュリティを確保することが前提である。


サーバーのクラウド移行は、さらに「システム全体を見直す」ことにもつながってくる。


業務内容に適したデバイスは何か? タブレット端末等のマルチデバイスを活用は? BYODの導入は? これからさらに複雑化していくソフト&ハードウェアを見据えて再構築をはかるチャンスではないだろうか?


企業で情報システムを利用する流れはますます加速している。社内でのIT運用を効率化することにより、社員は圧倒的な情報力をベースに俊敏に行動できる環境が整い「企業競争力」が増すことに直結する。会社の経営課題として「情報システム」を見直し、収益増と運用・管理体制・コストを検討してみてはいかがだろうか。


詳細については、下記にアクセスしてご登録の上、

資料 (PDF)のダウンロード(無料)をお願いします。


■「IT Wins」

・大塚商会 IT導入相談室

・IT Wins 034「サーバの物理的設置場所にこだわる必要はない」

から資料「IT運用の効率化が企業競争力を高める」をダウンロード。

IT運用の効率化300pix.JPG

 http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/034/

 

 

<関連記事>

⇒コンピューターは「所有する」から「利用する」へ

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/21/post-6.php


⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php


⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒タブレット端末にはさまざまな使い道がある

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/05/post-7.php

 

⇒IT設備、全社導入の鍵は「運用コスト」

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/18/post-8.php

 

⇒いまこそ「経営の見える化」を

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/16/post-9.php

 

⇒PCの入れ替え、ポイントは「機動力」の向上

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/18/pc.php

 

⇒企業での「マルチデバイス」導入はどのようにすべきか

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/05/post-11.php


⇒ビジネスで無料クラウドサービスを使う際の注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/12/post-12.php

 

⇒安全にBYOD環境をビジネスに活かす鍵は

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/19/byod.php  

 

PAGE TOP