マネジメントに役立つIT情報

2013年09月05日

企業での「マルチデバイス導入」はどのようにすべきか

加速するマルチデバイスの導入で確かな効果を発揮するために必要なこと

企業での「マルチデバイス導入」はどのようにすべきか

 

加速するマルチデバイスの導入で確かな効果を発揮するために必要なこと

企業での「マルチデバイス導入」はどのようにすべきか
加速するマルチデバイスの導入で確かな効果を発揮するために必要なこと
タブレット端末の登場により、外出の機会の多い営業職はじめマルチデバイスを業務に導入し活用する企業が増えている。最近は通信環境の整備やタブレット端末の高機能・高性能・低価格化も進み、近い将来会社からPCが消えるのでは!?と伝える報道も散見されるようになってきている。
確かに、手軽に持ち運べスペースも取らないタブレット端末は、機能でPCと変わらなければ導入するメリットは大きいと思われる。しかし、企業で働くすべての人々がすぐにその恩恵にあずかる訳ではない。事実、導入しても一部の社員にしか利用されず「宝の持ち腐れ」と社員から揶揄されている企業も存在する。
では、どうすればマルチデバイスを導入して高い効果を得ることができるのだろうか?
多くの企業のIT設備の導入にあたっている株式会社大塚商会「IT導入相談室」での専門家のコメント、導入に深く携わっているコンサルティング営業担当者の提言をまとめてみた。
■マルチデバイスは業務プロセスを「最適化」する
ITジャーナリストの神尾 寿 氏は、大塚商会IT Winsのインタビューで、マルチデバイスは「いまの仕事を変えるために導入する」ことを提唱している。そのためには一律に同じものを導入するのではなく「使う場所、利用目的に応じてデバイスを選択する」ことが必要としている。その上で、必要があれば業務の流れを変える。さらに、いまの仕事を変えていくことも考慮し、企業全体が業務効率を向上するための「最適化」を目指すべきと述べている。
インタビューの詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「IT Wins」PDF を
ダウンロードしてご覧いただきたい(フォーム経由でダウンロードURLが自動返信されてきます)。
 
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/021/
■モバイル機器の導入がTCO (Total Cost Ownership:総所有コスト)の算出を複雑にしている。
視点を変えて、マルチデバイス導入に関わる予算・コストについて考えてみたい。
IT設備の導入で多くの企業と接して、企業の課題解決にあたっている「解決!! 四銃士」の猛者達によると「マルチデバイスを導入するにあたって、導入に必要な機器・アプリ・サーバー・通信等の目に見える費用だけでなく、導入後の『運用』を含めた『新しい企業価値を生み出すための予算・投資』という考え方が必要」とのことである。
よく陥りがちなのが、導入費用のみ予算化されていて、その後の保守・運用コストを考えていないために、更新や新たな構築ができなくなりせっかく導入した機器が利用されなくなるケースだ。
導入後はさまざまな使い方ができてきて、当初目に見えない予算が顕在化してくる。これには出費もともなうが、業務スピードが速くなることによる売り上げ増や人件費の軽減といった効果も見ていかなければならない。そのため収支の算出が複雑化する。
マルチデバイスの導入は、企業の業務変革といった全社的な視点で検討する必要がありそうだ。
詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「解決!! 四銃士」第11幕PDF に記載されているので、ダウンロードし参考にしていただきたい。
 
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/011/
■一斉入れ替えの落とし穴
もったいないからと長く使い続けると、逆にムダ遣いにつながっているかも・・・
詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「頓出家の人々」第28回
今すぐ使える!!「いれかえの情報」をダウンロード。
 
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/tonde/028/

 

タブレット&PC.jpg

タブレット端末の登場により、外出の機会の多い営業職はじめマルチデバイスを業務に導入し活用する企業が増えている。最近は通信環境の整備やタブレット端末の高機能・高性能・低価格化も進み、近い将来会社からPCが消えるのでは!?と伝える報道も散見されるようになってきている。


確かに、手軽に持ち運べスペースも取らないタブレット端末は、機能でPCと変わらなければ導入するメリットは大きいと思われる。しかし、企業で働くすべての人々がすぐにその恩恵にあずかる訳ではない。事実、導入しても一部の社員にしか利用されず「宝の持ち腐れ」と社員から揶揄されている企業も存在する。


では、どうすればマルチデバイスを導入して高い効果を得ることができるのだろうか?


多くの企業のIT設備の導入にあたっている株式会社大塚商会「IT導入相談室」での専門家のコメント、導入に深く携わっているコンサルティング営業担当者の提言をまとめてみた。

 


■マルチデバイスは業務プロセスを「最適化」する

ITジャーナリストの神尾 寿 氏は、大塚商会IT Winsのインタビューで、マルチデバイスは「いまの仕事を変えるために導入する」ことを提唱している。そのためには一律に同じものを導入するのではなく「使う場所、利用目的に応じてデバイスを選択する」ことが必要としている。その上で、必要があれば業務の流れを変える。さらに、いまの仕事を変えていくことも考慮し、企業全体が業務効率を向上するための「最適化」を目指すべきと述べている。


インタビューの詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「IT Wins」PDF を

ダウンロードしてご覧いただきたい。

(フォーム経由でダウンロードURLが自動返信されてきます)

 

20130905 IT Wins.png

 http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/itwins/021/



 

 

■モバイル機器の導入がTCO (Total Cost Ownership:総所有コスト)

の算出を複雑にしている。


視点を変えて、マルチデバイス導入に関わる予算・コストについて考えてみたい。


IT設備の導入で多くの企業と接して、企業の課題解決にあたっている「解決!! 四銃士」の猛者達によると「マルチデバイスを導入するにあたって、導入に必要な機器・アプリ・サーバー・通信等の目に見える費用だけでなく、導入後の『運用』を含めた『新しい企業価値を生み出すための予算・投資』という考え方が必要」とのことである。


よく陥りがちなのが、導入費用のみ予算化されていて、その後の保守・運用コストを考えていないために、更新や新たな構築ができなくなりせっかく導入した機器が利用されなくなるケースだ。


導入後はさまざまな使い方ができてきて、当初目に見えない予算が顕在化してくる。これには出費もともなうが、業務スピードが速くなることによる売り上げ増や人件費の軽減といった効果も見ていかなければならない。そのため収支の算出が複雑化する。


マルチデバイスの導入は、企業の業務変革といった全社的な視点で検討する必要がありそうだ。


詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「解決!! 四銃士」第11幕PDF に記載されているので、ダウンロードし参考にしていただきたい。

 

20130905 解決 四銃士.png

 

http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/011/

 


 

 

■一斉入れ替えの落とし穴

「もったいないからと長く使い続けると、逆にムダ遣いにつながっているかも・・・」


詳細・資料は、大塚商会IT導入相談室 「頓出家の人々」第28回

今すぐ使える!!「いれかえの情報」をダウンロード

 

20130905 頓出家の人々.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/tonde/028/

 


<関連記事>

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php

 

⇒コンピューターは「所有する」から「利用する」へ

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/21/post-6.php


⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php


⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒タブレット端末にはさまざまな使い道がある

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/05/post-7.php

 

⇒IT設備、全社導入の鍵は「運用コスト」

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/18/post-8.php

 

⇒いまこそ「経営の見える化」を

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/16/post-9.php

 

⇒PCの入れ替え、ポイントは「機動力」の向上

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/18/pc.php

 

⇒ビジネスで無料クラウドサービスを使う際の注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/12/post-12.php

 

⇒安全にBYOD環境をビジネスに活かす鍵は

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/19/byod.php

 

⇒企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/26/it.php

 

⇒タブレット端末はセカンド端末なのか?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/04/post-13.php

 

⇒業務効率向上のポイント

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/10/post-14.php


PAGE TOP