マネジメントに役立つIT情報

2013年06月18日

IT設備、全社導入のカギは「運用コスト」

業務効率向上は、日々の運用が大事!

IT設備、全社導入のカギは「運用コスト」

 

業務効率向上は、日々の運用が大事!

IT設備、全社導入のカギは「運用コスト」
概要:業務効率向上は、日々の運用が大事!
前回は、タブレット端末の利用は、必要部署で導入しそこで当初の導入目的だけでなく、
業務から派生するさまざまな使い方を試すことで、業務ごとでの効果的な活用が図られることをお伝えした。
今回は、部分導入したタブレット端末を全社導入に踏み切る場合のポイントをお伝えしよう。
■継続的な「運用」を念頭に置いた予算策定を
ITに限らず、設備の更新は「ハード」予算の方に目が行きがちになる場合が多いだ。しかし、会社の情報やITを取り巻く環境はは日々変化し、扱う内容も当初の予定にないものが組み込まれてくる可能性も高い。
情報は「プル」(利用者が見に行く・データを取りに行く)と「プッシュ」(送り手<会社>が、受け手<社員>に情報を届ける届けておく)を組み合わせて利用していくことにより、効果的な情報共有がはかられる。
特に「プッシュ」情報は、社員が特段の更新操作をしなくても会社が社員にから必要な情報を送るためが自動配信されるため、「情報の周知・共有」のための効果的な伝達手段となる。
しかし、「プッシュ」して送するための情報作成やまとめは、意外と労力のかかるものである。伝えたい情報を「コンテンツ化」し、配信し、配信ログ(受信・開封数)を把握して、効果測定をおこない、さらに「コンテンツ」の精度・利用率を高める。この繰り返しを行うことで、情報精度が上がり導入効果を得る上げることにつながるつなげたい。
そのためには、できるだけ導入コストを抑えて、その分運用コストに注力していくことが必要となる。全社導入においては、運用効果を捉えた経営的レベルでの判断が必要だ。
一番の失敗は「導入コスト・運用コスト」を低く抑えたが惜しんだために「利用されない」状態に陥ることである。企業情報の「5W1H」を具体的にイメージして運用コストを算出し、導入の費用対効果を高めよう。
PR
プルからプッシュへ
発想の転換が
業務の精度とスピードをアップ
〇重要な情報をユーザーに送り込み
利用率を高める
大塚商会のデジタルサイネージ
・コンテンツを有機的に連携・・・・・
・基幹システムや情報系システムなどの
上位システムとの自動連携をサポートします。
 
詳細は「解決!! 四銃士」をご覧ください
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/008/

 

前回は、タブレット端末の利用は、必要部署で導入しそこで当初の目的だけでなく、派生するさまざまな使い方を試すことで、業務ごとでの効果的な活用が図られることをお伝えした。


今回は、部分導入したタブレット端末を全社導入に踏み切る場合のポイントをお伝えしよう。


■継続的な「運用」を念頭に置いた予算策定を

ITに限らず、設備の更新は「ハード」予算の方に目が行きがちだ。しかし、会社やITを取り巻く環境は日々変化し、扱う内容も当初予定にないものが組み込まれてくる可能性も高い。


情報は「プル」(利用者が見に行く・データを取りに行く)と「プッシュ」(送り手<会社>が、受け手<社員>に情報を届けておく)を組み合わせて利用していくことにより、効果的な情報共有がはかられる。


特に「プッシュ」情報は、社員が特段の更新操作をしなくても、会社から必要な情報が自動配信されるため、「情報の周知・共有」のための効果的な伝達手段となる。


しかし、「プッシュ」するための情報作成やまとめは、意外と労力のかかるものである。伝えたい情報を「コンテンツ化」し、配信し、配信ログ(受信・開封数)を把握して、効果測定をおこない、さらに「コンテンツ」の精度・利用率を高める。この繰り返しを行うことで、情報精度が上がり導入効果を上げることにつなげたい。


そのためには、できるだけ導入コストを抑えて、その分運用コストに注力していくことが必要となる。全社導入においては、運用効果を捉えた経営的レベルでの判断が必要だ。


一番の失敗は「導入コスト・運用コスト」を惜しんだために「利用されない」状態に陥ることである。企業情報の「5W1H」を具体的にイメージして運用コストを算出し、導入の費用対効果を高めよう。

 


PR


 

プルからプッシュへ

 

発想の転換が

 

業務の精度とスピードをアップ

 

〇重要な情報をユーザーに送り込み

利用率を高める

大塚商会のデジタルサイネージ

・コンテンツを有機的に連携・・・・・

・基幹システムや情報系システムなどの

上位システムとの自動連携をサポートします。

 

解決!! 四銃士 第8幕.jpg

詳細は「解決!! 四銃士」をご覧ください

http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/008/

 


 

<関連記事>

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

  http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php

 

⇒コンピューターは「所有する」から「利用する」へ

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/21/post-6.php


⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php


⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒タブレット端末にはさまざまな使い道がある

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/05/post-7.php

 

⇒IT設備、全社導入の鍵は「運用コスト」

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/18/post-8.php

 

⇒いまこそ「経営の見える化」を

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/16/post-9.php

 

⇒PCの入れ替え、ポイントは「機動力」の向上

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/18/pc.php

 

⇒企業での「マルチデバイス」導入はどのようにすべきか

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/05/post-11.php


⇒ビジネスで無料クラウドサービスを使う際の注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/12/post-12.php

 

⇒安全にBYOD環境をビジネスに活かす鍵は

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/19/byod.php

 

⇒企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/26/it.php

 

⇒タブレット端末はセカンド端末なのか?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/04/post-13.php

 

⇒業務効率向上のポイント

 

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/10/post-14.php


 

PAGE TOP