マネジメントに役立つIT情報

2013年03月05日

中小企業の困ったを解決する「四銃士」登場!!

導入する側の事情を知り、導入後の運用経験も豊富な、リアルな人たちが繰り広げる「課題発見・解決ドラマが始まる!!

 

中小企業の困ったを解決する「四銃士」登場!
日々の業務において、解決しなければならないことは山のようにある。
それを、解決する際に、上司、同僚、取引先、はたまた友人に相談することは多々あると思う。
また、最近ではネットで検索したり、専門のウェブサイトを閲覧したりすることによって、解決もしくは解決の糸口をつかむ場合も多いだろう。
普通の広告は、提案したい商品やサービスについて、そのメリットを端的に伝えることに主眼が置かれる。導入を検討する際、商品やサービスのスペックや価格を知ることは重要である。
しかし、導入を検討するに至った「会社の課題」や「導入後の運用」といった、企業の「業務環境」に合ったものなのかどうかまでは、導入担当者が判断するしかなく、結局「価格が安い」ことが最大の判断軸になる場合が多い。特にIT系の商品・サービスの場合、
専門知識を持った専門家が不在の場合は、勧められるままに導入していることがないだろうか?
IT系の商品・サービスは、日々低価格化・高性能化が進んでいるので、導入時「安い」と思って導入しても、さらに安くて性能が高い商品がすぐ登場することも多い。導入のタイミングや費用対効果を計りにくくなっていることも容易に想像できる。
導入担当者、また導入決定する管理職・管理部門の方々にとって必要な情報は、直接的な商品・サービス内容だけでなく、それが自社の業務にどれだけ役立つかが大切になってくる。
■問題解決の参考事例としての「解決!! 四銃士」活用
3月5日から、大塚商会のIT導入相談室で始まった「解決!! 四銃士」は、これまでの企業広告とは少し違った工夫がされている。
<四銃士集合イラスト(PDF表紙画像)入る>
「解決!! 四銃士」は、大塚商会の現役社員が実名・顔出しで登場している。
つまり、導入する側の事情を知り、導入後の運用経験も豊富な、リアルな人たちが繰り広げる「課題発見:解決ドラマ」である。
登場する5人の役割は、「企業の課題や問題発見」「多彩な経験から知恵を絞って課題解決」する4人の社員に加えて、中小企業診断士としての視点で「問題や課題の深層部に関わる解決策を補完」するチーフの5人で構成されている。しかも、全員が豊富な営業経験をもつ社員だ。
ここで展開される「課題や問題の発見から解決するまでのプロセス」は、導入担当者ならびに導入を判断するマネジメント担当者に有益な、生きた情報となってくるのではないだろうか?
「自社に同じような問題はないか?」「自社にとって一番良い解決法は?」「他社はどうしているのか?」
見積もりを取る前に、稟議書を書く前に、稟議書に決裁印を押す前に読んでおくことをお勧めする。
また、もう一つの楽しみ方として、登場する5人を自分の部署の人間に当てはめて、チームとしてどのように物事を解決していくのかをみてみると、着眼点や解決法、指示の仕方なども分かってくる。
優秀な現役社員が登場するメリットがここにもある。
「解決!! 四銃士」はこちら
http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/
大塚商会
http://www.otsuka-shokai.co.jp/

中小企業の困ったを解決する「四銃士」登場!


日々の業務において、解決しなければならないことは山のようにある。


それを、解決する際に、上司、同僚、取引先、はたまた友人に相談することは多々あると思う。また、最近ではネットで検索したり、専門のウェブサイトを閲覧したりすることによって、解決もしくは解決の糸口をつかむ場合も多いだろう。


普通の広告は、提案したい商品やサービスについて、そのメリットを端的に伝えることに主眼が置かれる。導入を検討する際、商品やサービスのスペックや価格を知ることは重要である。


しかし、導入を検討するに至った「会社の課題」や「導入後の運用」といった、企業の「業務環境」に合ったものなのかどうかまでは、導入担当者が判断するしかなく、結局「価格が安い」ことが最大の判断軸になる場合が多い。

 

特にIT系の商品・サービスの場合、専門知識を持った専門家が不在の場合は、勧められるままに導入していることがないだろうか?


IT系の商品・サービスは、日々低価格化・高性能化が進んでいるので、導入時「安い」と思って導入しても、さらに安くて性能が高い商品がすぐ登場することも多い。導入のタイミングや費用対効果を計りにくくなっていることも容易に想像できる。


導入担当者、また導入決定する管理職・管理部門の方々にとって必要な情報は、直接的な商品・サービス内容だけでなく、それが自社の業務にどれだけ役立つかが大切になってくる。



■問題解決の参考事例としての「解決!! 四銃士」活用


3月5日から、大塚商会のIT導入相談室で始まった「解決!! 四銃士」は、これまでの企業広告とは少し違った工夫がされている。


四銃士TOP.jpg


「解決!! 四銃士」は、大塚商会の現役社員が実名・顔出しで登場している。

つまり、導入する側の事情を知り、導入後の運用経験も豊富な、リアルな人たちが繰り広げる「課題発見/解決ドラマ」である。


登場する5人の役割は、「企業の課題や問題発見」「多彩な経験から知恵を絞って課題解決」する4人の社員に加えて、中小企業診断士としての視点で「問題や課題の深層部に関わる解決策を補完」するチーフの5人で構成されている。しかも、全員が豊富な営業経験をもつ社員だ。


登場人物.JPG

ここで展開される「課題や問題の発見から解決するまでのプロセス」は、導入担当者ならびに導入を判断するマネジメント担当者に有益な、生きた情報となってくるのではないだろうか?


「自社に同じような問題はないか?」

「自社にとって一番良い解決法は?」

「他社はどうしているのか?」


見積もりを取る前に、稟議書を書く前に、稟議書に決裁印を押す前に、

読んでおくことをお勧めする。


また、もう一つの楽しみ方として、登場する5人を自分の部署の人間に当てはめて、チームとしてどのように物事を解決していくのかをみてみると、着眼点や解決法、指示の仕方なども分かってくる。

優秀な現役社員が登場するメリットがここにもある。



「解決!! 四銃士」はこちら

http://www.otsuka-shokai.co.jp/it-navi/yon/


大塚商会

http://www.otsuka-shokai.co.jp/

 


 

<関連記事>

⇒コンピューターは「所有する」から「利用する」へ

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/21/post-6.php


⇒パソコンの入替、見えないリスクにご注意!

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/05/07/post-5.php


⇒経営的視点で業務用パソコンの「見直し」を行う

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/16/post-4.php

 

⇒業務用パソコン入れ替えのメリットと注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/04/02/post-3.php

 

⇒話題のマルチデバイスを導入・利用するときの注意

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/03/19/post-2.php

 

⇒タブレット端末にはさまざまな使い道がある

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/05/post-7.php

 

⇒IT設備、全社導入の鍵は「運用コスト」

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/06/18/post-8.php

 

⇒いまこそ「経営の見える化」を

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/16/post-9.php

 

⇒PCの入れ替え、ポイントは「機動力」の向上

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/07/18/pc.php

 

⇒企業での「マルチデバイス」導入はどのようにすべきか

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/05/post-11.php


⇒ビジネスで無料クラウドサービスを使う際の注意点

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/12/post-12.php

 

⇒安全にBYOD環境をビジネスに活かす鍵は

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/19/byod.php

 

⇒企業競争力を高めるIT運用のポイントは?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/09/26/it.php

 

⇒タブレット端末はセカンド端末なのか?

http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/04/post-13.php

 

⇒業務効率向上のポイント

 http://www.mng-ldr.com/it_introduction/2013/10/10/post-14.php



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP