マネジメント最新情報

2014年09月30日

iPhone6全国主要都市通信速度、SoftBankが37.03Mbpsで最速

「2014年9月iPhone6 全国20都市125箇所通信速度調査」

Phone6全国主要都市通信速度、SoftBankが37.03Mbpsで最速

 

「2014年9月iPhone6 全国20都市125箇所通信速度調査」

 

MMD研究所は、9月19日にdocomo、au、SoftBankの3キャリアからiPhone6、iPhone6 Plusが発売されたことを受け、全国の主要都市(20都市・125箇所)にて、「2014年9月iPhone6 全国20都市125箇所通信速度調査」を実施。調査スポットは、各都道府県における主要都市の駅やランドマークをランダムに抽出。駅、役所、大学、商業施設、スタジアムなどの調査スポットは施設のメイン入口付近で計測。

 

それによると、 iPhone6全国主要都市通信速度ダウンロード平均スピードが最も速かったのはSoftBankで37.03Mbps、次いでauが35.3Mbps、docomoが27.07Mbpsとなった。アップロード平均スピードもダウンロードスピード同様にSoftBankが12.25Mbpsと最も速く、次いでdocomoが11.62Mbps、auが7.60Mbpsで続いた。

尚、今回の全調査スポットでの最速地点はauが高松「高松空港」で記録した84.8Mbpsだった。キャリア別でdocomoの最速地点は大阪「JR新大阪駅」の73.24Mbps、SoftBankの最速地点は金沢「JR金沢駅」の72.3Mbpsだった。

 

通信速度

 

昨年同時期に行なったiPhone5cでの通信速度調査と比較してみると、3キャリアのダウンロード平均スピードが22.22Mbpsに対し、今回は33.13Mbpsとなり、通信速度が10 Mbps以上速くなった。また、ダウンロード平均スピードが30Mbps以上の調査スポット数を比較すると、2013年9月のiPhone5c調査時は3キャリア平均で約27/125箇所(21.9%)から今回のiPhone6調査では3キャリア平均71/125箇所(56.8%)となり、30%以上アップした。

 

MMD研究所

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1347.html

 

 

 

 

PAGE TOP