マネジメント最新情報

2013年12月12日

「産業競争力強化法」が成立

事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進め、産業競争力を強化。

「産業競争力強化法」が成立

 

事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進め、産業競争力を強化。

「産業競争力強化法」が成立
事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進め、産業競争力を強化。
12月4日に「産業競争力強化法」が成立しました。
この法律は、アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」に盛り込まれた施策を確実に実行し、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。
産業競争力強化のために、日本経済の3つの歪み、すなわち「過剰設備」、「過小投資」、「過当競争」を是正していくことが重要で、この法律は、そのキードライバーとしての役割を果たすものであります。
具体的には、「企業実証特例制度」による企業単位での規制改革や、収益力の飛躍的な向上に向けた事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進めることで、我が国の産業競争力を強化します。
この法案の成立により、設備投資、給与の引き上げ時の税制優遇や事業再編、新規事業・起業時における金融支援などが実施される見通しです。
産業競争力強化法の概要
○ 日本再興戦略の実行を図るため、「集中実施期間」(5年間)を定め、政府全体で計画的取組を進める実行体制を確立。
■実行体制
• 5年間で施策を集中実施。 
• 確実に実行すべき当面3年間の計画を作り、毎年見直し。 
• 実行すべき制度改革ごとに、実施期限、担当大臣を決定。 
• 遅れや不足が生じた場合、担当大臣は、理由を説明し、追加的な措置を講じる義務を負う。 
 
○ 分野横断的措置として、規制改革推進のための新たな制度、産業の新陳代謝の促進を図るための制度を創設。
■規制改革
1.企業実証特例制度(通称) 
・企業単位で特例的に規制を緩和。 
・企業自らが、新事業開拓の取組と規制の代替措置をセットで実施提案。 
・その提案内容について、関係大臣が連携し、個別に計画を認定。
2.グレーゾーン解消制度(通称) 
・新規事業分野では、規制の適用の有無が曖昧で事業者が事業開始に萎縮しがち。 
・個別の事業について、関係大臣が連携し適法(ホワイト)であることを明確化。 
・これにより、新事業開拓の取組を促進。
■産業の新陳代謝
1.ベンチャー投資の促進 
・ベンチャーファンドに出資する企業に支援措置を講じ、ベンチャーファンドを通じたベンチャー企業への資金供給の円滑化を図る。 
・資金が必要とされる「事業拡張期」のベンチャー企業に投資し、経営支援も行うベンチャーファンドを対象とする。 
■事業再編の促進 
・一企業内では十分に成長できない事業の再編・統合と新たな市場への挑戦を優遇措置で支援。 
・既存の事業構造の変更を行い、収益性・生産性を向上させるものに限定。 
・過剰供給等の分野では、その解消につながるものに限り支援。 
○ 加えて、その他の産業競争力強化関連施策を推進(日本再興戦略に則って競争力強化のために行われる関連施策の特例を規定 等)。
先端設備投資の促進 
・高額な初期費用を要し、初期稼働が見通しにくい先端医療機器や3Dプリンター等の先端設備について、会計上の取扱いを明確化する等、リースの手法を活用した設備投資を支援。 
税制措置(設備投資、事業再編、ベンチャー支援 等) 
が連動
(4)その他の関連施策
・地域中小企業の創業・事業再生の支援強化 
・国立大学法人等によるベンチャーファンド等への出資 
・中小企業等に対する、国内出願、国際出願の際の料金の減免の特許法の特例 
・産業革新機構によるベンチャー投資の迅速化
・早期事業再生の促進(私的整理の円滑化)
 
<詳細>
 
経済産業省 政策について
http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/index.html
産業競争力強化法 条文
http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/pdf/20131206_001.pdf

 

12月4日に「産業競争力強化法」が成立しました。この法律は、アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」に盛り込まれた施策を確実に実行し、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。


産業競争力強化のために、日本経済の3つの歪み、すなわち「過剰設備」、「過小投資」、「過当競争」を是正していくことが重要で、この法律は、そのキードライバーとしての役割を果たすものです。


具体的には、「企業実証特例制度」による企業単位での規制改革や、収益力の飛躍的な向上に向けた事業再編や起業の促進などの産業の新陳代謝を進めることで、我が国の産業競争力を強化します。


この法案の成立により、設備投資、給与の引き上げ時の税制優遇や事業再編、新規事業・起業時における金融支援などが実施される見通しです。

 

 


産業競争力強化法の概要


○ 日本再興戦略の実行を図るため、「集中実施期間」(5年間)を定め、

・・政府全体で計画的取組を進める実行体制を確立。


■実行体制

• 5年間で施策を集中実施。 

• 確実に実行すべき当面3年間の計画を作り、毎年見直し。 

• 実行すべき制度改革ごとに、実施期限、担当大臣を決定。 

• 遅れや不足が生じた場合、担当大臣は、理由を説明し、

追加的な措置を講じる義務を負う。 

 


○ 分野横断的措置として、規制改革推進のための新たな制度、産業の

・・新陳代謝の促進を図るための制度を創設。

・・税制措置(設備投資、事業再編、ベンチャー支援 等) が連動)


■規制改革

1.企業実証特例制度(通称) 

・企業単位で特例的に規制を緩和。 

・企業自らが、新事業開拓の取組と規制の代替措置をセットで実施提案。 

・その提案内容について、関係大臣が連携し、個別に計画を認定。


2.グレーゾーン解消制度(通称) 

・新規事業分野では、規制の適用の有無が曖昧で事業者が

・・・・事業開始に萎縮しがち。 

・個別の事業について、関係大臣が連携し適法(ホワイト)であることを

・・・・明確化。 

・これにより、新事業開拓の取組を促進。


■産業の新陳代謝

1.ベンチャー投資の促進 

・ベンチャーファンドに出資する企業に支援措置を講じ、

ベンチャーファンドを通じたベンチャー企業への資金供給の円滑化を図る。 

・資金が必要とされる「事業拡張期」のベンチャー企業に投資し、

経営支援も行うベンチャーファンドを対象とする。 


2.事業再編の促進 

・一企業内では十分に成長できない事業の再編・統合と

新たな市場への挑戦を優遇措置で支援。 

・既存の事業構造の変更を行い、収益性・生産性を向上させるものに限定。 

・過剰供給等の分野では、その解消につながるものに限り支援。 


3.先端設備投資の促進 

・高額な初期費用を要し、初期稼働が見通しにくい先端医療機器や

3Dプリンター等の先端設備について、会計上の取扱いを明確化する等、

リースの手法を活用した設備投資を支援。 

 

○ 加えて、その他の産業競争力強化関連施策を推進

・・(日本再興戦略に則って競争力強化のために行われる関連施策の

・・特例を規定 等)


■その他の関連施策

・地域中小企業の創業・事業再生の支援強化 

・国立大学法人等によるベンチャーファンド等への出資 

・中小企業等に対する、国内出願、国際出願の際の料金の減免の特許法の特例 

・産業革新機構によるベンチャー投資の迅速化

・早期事業再生の促進(私的整理の円滑化)

 


<詳細>

経済産業省 政策について

http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/index.html


産業競争力強化法 条文

http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/pdf/20131206_001.pdf

 

PAGE TOP