マネジメント最新情報

2013年06月17日

「おもてなし実態調査2013」

「おもてなし」の経済効果はどれくらい?

「おもてなし実態調査2013」

 

「おもてなし」の経済効果はどれくらい?

「おもてなし実態調査2013」
「おもてなし」の経済効果はどれくらい?
企業でのお客様に対しての「おもてなし」の効果はどのくらいあるのだろうか?
「おもてなし」がどんな効果をもたらしているかについて、こんな調査結果が発表された。
“おもてなし感動研究所”は、「おもてなし実態調査2013」の結果を発表いたしました。
本調査レポートは国内の生活者約9,000人と国内の経営者約4,400人を対象に実施したアンケートを基に分析した日本のおもてなしの実態をご紹介するレポートです。
日本人がどんなおもてなしを心地よいと感じるのか?おもてなしが企業経営や業績にもたらす影響はどのようなものがあるのか?おもてなしの個人差にはどのようなものがあるか?これらを深く掘り下げることにより、「心地よいおもてなし」は生活者と企業・ブランドとの絆を強化し、企業経営に一定の経済効果をもたらすという結果を導き出しました。
以下、調査結果を一部抜粋したものです。
■日本人の6割が心地よいおもてなしを体験している
おもてなし実態調査は20-65歳の日本人生活者を対象にしたアンケートを実施しています。本アンケートによると、生活者が店舗やサービスの利用において、心地よいおもてなしを体験したことがある人は全体の60.3%になることがわかりました。
図表
■おもてなしがもたらす最大の経済効果は愛と信頼
心地よいおもてなしは、企業経営や業績にどのような影響・インパクトを与えるのか?本調査ではこの疑問に答えるために、おもてなしの経済効果について分析を行いました。
図表
分析からわかったことは、心地よいおもてなしを体験したことによって、もっとも生活者に大きな変化をもたらしたのはブランドや企業に対する「愛着」ということでした。心地よいおもてなしを体験した人の75.5%が企業やブランドに対する愛着が増す結果となったのです。
非常に愛着が高まった(大幅な向上)比率も26.2%と、およそ4人に1人の割合と高い水準となっています。
愛着に次いで生活者の変化が大きかった要因がブランドや企業への信頼度で、心地よいおもてなし体験者の74.0%が企業やブランドへの信頼度を高めた結果となり、非常に信頼度が高まった割合が24.4%と愛着度と同様に4人に1人の割合となりました。
「心地よいおもてなし」は生活者と企業・ブランドとの絆を強化し、企業経営に一定の経済効果をもたらすことがわかりました。
<詳細>
おもてなし感動研究所
http://omtnsh.co.jp/

 

企業でのお客様に対しての「おもてなし」の効果はどのくらいあるのだろうか?

「おもてなし」がどんな効果をもたらしているかについて、こんな調査結果が発表された。


 

「おもてなし実態調査2013」


 

“おもてなし感動研究所”は、「おもてなし実態調査2013」の結果を発表いたしました。


本調査レポートは国内の生活者約9,000人と国内の経営者約4,400人を対象に実施したアンケートを基に分析した日本のおもてなしの実態をご紹介するレポートです。


日本人がどんなおもてなしを心地よいと感じるのか?おもてなしが企業経営や業績にもたらす影響はどのようなものがあるのか?おもてなしの個人差にはどのようなものがあるか?これらを深く掘り下げることにより、「心地よいおもてなし」は生活者と企業・ブランドとの絆を強化し、企業経営に一定の経済効果をもたらすという結果を導き出しました。


(以下、調査結果一部抜粋)

 

■日本人の6割が心地よいおもてなしを体験している


おもてなし実態調査は20-65歳の日本人生活者を対象にしたアンケートを実施しています。本アンケートによると、生活者が店舗やサービスの利用において、心地よいおもてなしを体験したことがある人は全体の60.3%になることがわかりました。


OM2013_01.png

 

■おもてなしがもたらす最大の経済効果は愛と信頼


心地よいおもてなしは、企業経営や業績にどのような影響・インパクトを与えるのか?本調査ではこの疑問に答えるために、おもてなしの経済効果について分析を行いました。


OM2013_02(1).png


分析からわかったことは、心地よいおもてなしを体験したことによって、もっとも生活者に大きな変化をもたらしたのはブランドや企業に対する「愛着」ということでした。心地よいおもてなしを体験した人の75.5%が企業やブランドに対する愛着が増す結果となったのです。

 

非常に愛着が高まった(大幅な向上)比率も26.2%と、およそ4人に1人の割合と高い水準となっています。


愛着に次いで生活者の変化が大きかった要因がブランドや企業への信頼度で、心地よいおもてなし体験者の74.0%が企業やブランドへの信頼度を高めた結果となり、非常に信頼度が高まった割合が24.4%と愛着度と同様に4人に1人の割合となりました。


「心地よいおもてなし」は生活者と企業・ブランドとの絆を強化し、企業経営に一定の経済効果をもたらすことがわかりました。



 


<詳細>

おもてなし感動研究所

http://omtnsh.co.jp/

 

PAGE TOP