マネジメント最新情報

2013年04月23日

「2013年度 新入社員の初任給調査」

東証第1部上場企業238社の速報集計。初任給を据え置いた企業が95.4%に上る

「2013年度 新入社員の初任給調査」

東証第1部上場企業238社の速報集計。

/

初任給を据え置いた企業が95.4%に上る

 

「2013年度 新入社員の初任給調査」
東証第1部上場企業238社の速報集計。初任給を据え置いた企業が95.4%に上る
民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所では、今年4月入社者の決定初任給を調査し、このほど速報集計をまとめた。安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待から円安・株高が進み、輸出産業など業績が改善する企業が増えている。しかし、今回の速報集計では、95.4%とほとんどの企業が初任給を前年度と同額に据え置く結果となった。初任給の据え置き率は、06年度以降企業の採用意欲の高まりを反映し、低下傾向にあった。しかし、世界的不況に陥った09年度は一転、92.7%と再び9割を超え、10年度以降は95%前後で推移。今年度についても、昨年度までと変わらない傾向となった。
初任給は、大学卒で20万5647円、高校卒で16万1084円の水準。同一企業で見た昨年度の金額に比べ、それぞれ73円・0.0%、107円・0.1%の上昇にとどまった。
【調査結果概要】
<調 査 要 領>
1.調査項目
2013年度の賃金見直しによって確定された2013年4月入社者の決定初任給(学歴別)。なお、初任給は原則として時間外手当と通勤手当を除く、諸手当込みの所定内賃金である
2.調査時期・方法
3月中旬?4月5日。調査票の郵送と電話取材により調査
3.調査・集計対象
東証第1部上場企業1627社と、生命保険、新聞、出版でこれに匹敵する大手企業11社を加えた合計1638社のうち、回答のあった238社を集計
<調査結果のポイント>
1.初任給の据え置き状況 
「据え置き」が 95.4%で、内訳は「全学歴据え置き」がほとんど。「全学歴引き上げ」は 4.2%にとどまる[図表
1]
2.過去10年間における据え置き率の推移 
2003年度から3年連続で95%を超えていたが、06年度以降は企業業績の回復や団塊世代の大量退職などを背景と
した企業の採用意欲の高まりを反映し、低下傾向にあった。しかし、世界的不況に陥った09年度は一転、再び9
割を超え、以降その状況が続いている [図表2]
3.初任給の水準 
大学卒(一律設定)20万5647円、大学院卒修士22万2300円、短大卒17万2546円、高校卒(一律設定)16万1084
円[図表3]
4.主な学歴別に見た上昇額の分布 
いずれの学歴でも、「据え置き」が9割以上を占める。平均上昇額は、大学卒で73円、高校卒で107円[図表4]
一般財団法人 労務行政研究所
http://www.rosei.or.jp/

民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所では、今年4月入社者の決定初任給を調査し、このほど速報集計をまとめた。

 

安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待から円安・株高が進み、輸出産業など業績が改善する企業が増えている。しかし、今回の速報集計では、95.4%とほとんどの企業が初任給を前年度と同額に据え置く結果となった。初任給の据え置き率は、06年度以降企業の採用意欲の高まりを反映し、低下傾向にあった。しかし、世界的不況に陥った09年度は一転、92.7%と再び9割を超え、10年度以降は95%前後で推移。今年度についても、昨年度までと変わらない傾向となった。


初任給は、大学卒で20万5647円、高校卒で16万1084円の水準。同一企業で見た昨年度の金額に比べ、それぞれ73円・0.0%、107円・0.1%の上昇にとどまった。


【調査結果概要】 


<調 査 要 領>

1.調査項目

2013年度の賃金見直しによって確定された2013年4月入社者の決定初任給(学歴別)。なお、初任給は原則として時間外手当と通勤手当を除く、諸手当込みの所定内賃金である


2.調査時期・方法

3月中旬?4月5日。調査票の郵送と電話取材により調査


3.調査・集計対象

東証第1部上場企業1627社と、生命保険、新聞、出版でこれに匹敵する大手企業11社を加えた合計1638社のうち、回答のあった238社を集計


 


<調査結果のポイント>

1.初任給の据え置き状況 

「据え置き」が 95.4%で、内訳は「全学歴据え置き」がほとんど。「全学歴引き上げ」は 4.2%にとどまる。 [図表1]

 

初任給1.JPG


2.過去10年間における据え置き率の推移 

2003年度から3年連続で95%を超えていたが、06年度以降は企業業績の回復や団塊世代の大量退職などを背景とした企業の採用意欲の高まりを反映し、低下傾向にあった。しかし、世界的不況に陥った09年度は一転、再び9割を超え、以降その状況が続いている。 [図表2]


初任給2.JPG


3.初任給の水準 

大学卒(一律設定)20万5647円、大学院卒修士22万2300円、短大卒17万2546円、高校卒(一律設定)16万1084円。 [図表3]

 

初任給3.JPG


4.主な学歴別に見た上昇額の分布 

いずれの学歴でも、「据え置き」が9割以上を占める。平均上昇額は、大学卒で73円、高校卒で107円。 [図表4]

 

初任給4.JPG



 

一般財団法人 労務行政研究所

http://www.rosei.or.jp/

 

 

PAGE TOP