マネジメント最新情報

2013年01月29日

65歳以上のオーナー社長、半数が後継者不在

高齢オーナーほど業績も伸び悩み、急がれる事業承継

65歳以上のオーナー社長、半数が後継者不在

高齢オーナーほど業績も伸び悩み、急がれる事業承継

 

帝国データバンクによる「第2回全国オーナー企業分析」


会社の経営者(社長)と所有者(株主)が同一であるオーナー企業は、設備導入や投資などの意思決定が柔軟に行えるため、経営計画を進めやすいという特徴がある一方で、外部からのガバナンスが働きにくく、独断・放漫経営などの問題が進行しやすいという側面もある。

後者は、近年散発している不正事件の背景にもなっている。また、権限が集中しているため、後継者問題も起こりやすく、事業継続には円滑な承継が欠かせない。日本ではこの形態の企業が多いとも言われ、今後の日本経済を占うのにオーナー企業の動向は注目せざるを得ないだろう。

帝国データバンクは、2011年3月に続きオーナー企業のデータを抽出し集計、今回は後継者問題や企業業績、周年記念などの点から分析した。

 信用調査報告書ファイル「CCR」(160万社収録)および企業概要ファイル「COSMOS2」(143万社収録)をもとに、代表者名と筆頭株主名が同一である企業を“オーナー企業”として定義。

抽出対象は「株式会社」および「特例有限会社」



【調査結果】


1.オーナー企業のうち、68.8%にあたる18万3,958社が後継者不在。

年齢別に見ると、65歳を超えるオーナー社長では約半数に上る48.7%が後継者問題を抱えている

2.2011年度業績の判明しているオーナー企業のうち、「増収増益」となった企業は

5万8,019社で発生率は16.5%。

また、オーナー社長の年齢が70歳台を超えると業績が停滞する傾向も見られた

3.潤沢なキャッシュを保有する「キャッシュリッチ・オーナー企業」は全国に8,303社

4.業歴100年を超える長寿オーナー企業は6,810社(構成比1.9%)で、

2013年に周年記念を迎えるオーナー企業は3万4,813社

<詳しくはこちら>

帝国データバンク ホームページ

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p130103.html


PAGE TOP