マネジメント最新情報

2013年01月28日

特定役員退職手当等がある方の「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」

特定の役員に対する退職手当等(特定役員退職手当等)に係る退職所得の金額の計算が改正されます。

国税庁(1月25日発表)

租税特別措置法等の一部を改正する法律(平成 24 年法律第 16 号)により、特定の役員に対する退職手当等(特定役員退職手当等)に係る退職所得の金額の計算が改正され、平成 25年1月1日から施行されます。特定役員退職手当等がある方の「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」の記載例が国税庁のホームページに掲載されていますので、作成する際の参考として下さい。

 

※【特定役員】

    役員等勤続年数が5年以下である人をいいます。

<詳細(国税庁PDF)

 

「特定役員退職手当がある方の『退職所得の源泉徴収票・特別徴収票』 について (平成251月)」

 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/01.htm#a-12

 

 

PAGE TOP