マネジメント最新情報

2012年12月27日

LINEにビデオ通話機能追加 来春をめどにリリース

 スマートフォン(高機能携帯電話)向けの無料通話・メールアプリ「LINE」(以下...

 スマートフォン(高機能携帯電話)向けの無料通話・メールアプリ「LINE」(以下、ライン)を展開するNHNジャパン(東京)は、ラインにビデオ通話機能を実装する方針を固めました。来春をめどにリリースする予定です。


 ラインは1対1やグループ間でのメッセージのやり取りに加え、通話も可能。大型絵文字「スタンプ」の交換は人気機能の1つで、若年層のスマホ向けコミュニケーションツールとして定着しつつあります。


 新たなビデオ通話機能では、ユーザー同士が互いに相手のようすを動画で見ながら会話ができるようにし、ライブ感を演出。従来の3G回線で安定的に使えるようにするといいます。


 想定されるユーザーは、離れて暮らす家族やカップル、また、災害時の安否確認の際にも互いの顔を見ることができるので安心感につながる効果が期待されています。先行する無料通話アプリ「スカイプ」は世界中で利用されており、同種のビデオ通話機能を備えているため、ビジネスシーンでの利用も少なくありません。


 後発となるラインはスマホの普及に比例してユーザーが増えており、登録ユーザーは世界で8700万(うち、国内は3600万)。ラインの公式アカウントを活用する企業は海外でも増えています。今後、アジアなどの海外市場でもユーザーの広がりが有望視され、1億ユーザー達成も遠くない日に実現しそうです。


 すでに開発に着手済みで、NHNの執行役員、舛田淳・ウェブサービス本部事業戦略室長は「モバイル端末によるコミュニケーションでは、テキスト、音声に加えて動画もカバーすべきだと判断した」と語ったそうです。

PAGE TOP