マネジメント最新情報

2012年10月18日

雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の手続きが一部変更されました

事業所外訓練にも「受講レポート」の提出が必要に

 

 景気の変動などの理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、雇用する労働者を一時的に休業・教育訓練または出向を行った企業に対して支給される雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金について、教育訓練を実施した場合の支給申請手続きが10月1日から一部変更されました。

 

 これまでは、事業所内訓練のみ、各受講者の受講を証明する書類として受講レポートなど受講者本人が作成した書類を提出することになっていましたが、10月以降に判定基礎期間の初日がある支給申請からは、事業所外訓練を行った場合にも、受講者本人が作成した書類(受講者本人が記入・作成し、署名・押印したアンケートや受講レポートで、訓練を受けた日が分かるもの)の提出が必要になります。この書類がそろわない教育訓練は支給対象になりませんので、ご注意ください。

 

<詳しくはこちら>
  http://krs.bz/roumu/c?c=7712&m=50265&v=74f091a6

 

 

【関連記事】

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(1) <雇い入れ>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(2) <高年齢者の雇用促進>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(3) <育児・介護>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(4) <非正規社員の雇用・雇用の維持>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(5) <従業員の能力開発>


PAGE TOP