マネジメント最新情報

2012年10月12日

「中小企業定年引上げ等奨励金」が平成25年3月31日をもって廃止へ

申請予定の企業はお早めに

 

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構は、平成25年3月31日をもって「中小企業定年引上げ等奨励金」を廃止する予定であることを発表しました。

 

 「中小企業定年引上げ等奨励金」とは、65歳以上への定年引き上げ、定年の定めの廃止または希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度などの導入を行った中小企業事業主(常用被保険者の数が300人以下)に対し、一定額(最高120万円)の奨励金が支給されるものです。

 

 平成25年4月1日の改正高年齢者雇用安定法の施行を控え、多くの企業で定年の引き上げ等を検討されていると思いますが、条件に該当しそうな企業は早めの制度導入と申請をおすすめします。

 

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
 http://www.jeed.or.jp/elderly/employer/subsidy/subsidy.html

 

 

【関連記事】

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(1) <雇い入れ>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(2) <高年齢者の雇用促進>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(3) <育児・介護>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(4) <非正規社員の雇用・雇用の維持>

 ⇒ 平成24年度版 使える助成金(5) <従業員の能力開発>

PAGE TOP