マネジメント最新情報

2012年09月05日

KCCSがグローバル対応のクラウド型ネットワーク脆弱性診断「nCircle PureCloud」の提供を開始

年間8,000円/IP!国内契約のみでグローバル利用可能な標的型攻撃対策

年間8,000円/IP!国内契約のみでグローバル利用可能な標的型攻撃対策

 

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)は、小・中規模のネットワークに対応したクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」の提供を2012年8月7日から開始いたします。

 

昨今、政府機関や特定企業に対するサイバー攻撃が相次いでいます。これまではインターネット上でサービスを提供しているサーバが主な攻撃対象でしたが、最近は従業員が利用しているクライアントPCも攻撃対象になり、そのクライアントPC経由で内部システムの情報を収集する「標的型攻撃」が猛威を振るっています。
標的型攻撃ではシステムにおける脆弱性を悪用する手口がよく用いられ、情報漏えいや改ざん、システムダウンといった被害を受ける可能性があります。また、新しい脆弱性が日々世界中で発見されているため、定期的な脆弱性診断とその対策が必要不可欠です。

 

nCircle PureCloudは、全世界で6,000社以上の導入実績を誇る「nCircle IP360*1」を使ったクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービスです。従来、イントラネット内への脆弱性診断を実施するにはアプライアンスなどの専用機器を導入する必要があり、コストや導入期間が大きな課題となっていました。

 

本サービスは、クラウド型サービスのためシステム導入が不要で、タイムリーかつ低コストな診断を実現します。さらに、グローバルでの利用も可能で、海外拠点や子会社を含めたグループ企業全体で統一したリスク管理が可能な点も大きなメリットです。

診断結果はインターネット経由でいつでも閲覧可能です。また、診断情報もクラウド上に暗号化された状態で保存され、端末上には残りません。なお、これらの通信は金融機関でも用いられる暗号化通信を採用しており、セキュリティ面でも安心です。

本サービスにより、イントラネット内に存在する脆弱性を可視化し、リスクを把握することができます。また、リスクに対して優先順位が付けられているため、効率的な対策が可能となります。

 

KCCSは、今後も将来を見据えたIT資産の脆弱性管理ソリューションを提供していきます。

 

*1 「nCircle IP360」は、nCircle Network Security inc.,が提供するアプライアンス型の脆弱性・リスク管理システムです。全世界で6,000社以上、日本国内でも100社以上に導入されている実績のある製品です。IPv6環境への脆弱性診断にも対応予定となります。
「nCircle IP360」の詳しい情報については、Webサイト
URL: http://www.kccs.co.jp/products/ncircle/index.html  をご覧ください。

 

サービスイメージ

KCCSリリース画像.png

 

≪概要≫

名称

クラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud

販売開始日

201287

価格(消費税別)

年間8,000/IP

※最低購入数 10 IP

販売目標

イントラネット内のネットワーク脆弱性診断事業として
3
年間で売上5億円

サービス詳細情報

http://www.kccs.co.jp/products/ncircle/service/purecloud.html

無償評価サービス

nCircle PureCloudのご購入前に、実際の機能を体験いただける1ヶ月間の無償評価サービスを提供しております。

上記URL内にある「評価版お申し込み」ボタンからお申し込みください。

 

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。

*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

 

 

お問い合わせ先

 京セラコミュニケーションシステム株式会社

 KCCSカスタマーサポートセンター

 TEL0120-911-901(フリーコール)、050-3161-3924(携帯電話、PHSIP電話など)

 E-mailkccs-support@kccs.co.jp

 URLhttps://www.kccs.co.jp/contacts/security/index.html

 

 

PAGE TOP