実務BOX

2013年07月05日

職業能力評価基準について

自社の業務内容に応じた実践的な人材育成を

<厚生労働省>職業能力評価基準について

 

自社の業務内容に応じた実践的な人材育成を

職業能力評価基準について
自社の業務内容に応じた実践的な人材育成を
企業で働く従業員のスキルを正しく評価し、その能力を伸ばしてく「人材育成システム」。
一部の大企業を除き、人材育成システムが構築できている企業はまだまだ少ないのが現状です。
人材評価・育成の制度構築を検討する際の参考として、厚生労働省の「職業能力評価基準」を核とした人材育成システムをご紹介します。
「職業能力評価基準」とは、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に整理したものです。
厚生労働省が整備している人材育成システムの特徴は、業種別、職種・職務別に整理された「職業能力評価基準」を用い、現在の能力レベルを把握、評価するための「職業能力評価シート」、業種内でのキャリア形成の指針となる「キャリアマップ」といったツールを用い、業務内容に応じた実践的な人材育成を行えることにあります。
職業能力評価基準をもとに、企業が人材育成に取り組むに当たって、より簡単に利用できるツールとして、「キャリアマップ」と「職業能力評価シート」を作成しています。
職業能力評価基準(キャリアマップ・職業能力評価シート)の用途
■人事育成/能力開発
・企業内での人材育成制度の整備や従業員の能力開発に活用することができます。
・従業員の方は、自分の能力を把握したり、キャリア形成の目標を立てることができます。
■人事評価
・企業内での人事制度の見直しや人事評価制度の整備に当たって、評価・処遇決定の基準に活用することができます。
■採用
・社内の人材ニーズの把握、人材戦略の計画実施に活用できます。
・ジョブ・カード制度を利用して採用を行う場合に職業能力評価基準やモデル評価シートを活用できます。
■検定試験
・業界検定を構築したり、研修・教育のためのテキスト作成や講習に活用できます。
職業能力評価基準の構成
■仕事の内容を細分化して成果につながる行動例と必要な知識を整理・体系化
職業能力評価基準では、仕事の内容を「職種」→「職務」→「能力ユニット」→「能力細目」という単位で細分化しています。そのうえで、成果につながる行動例を「職務遂行のための基準」、仕事をこなすために前提として求められる知識を「必要な知識」として整理・体系化しています。
<職業能力評価基準の枠組み>
図表1
用語解説
※1 職種=仕事の内容や性質が類似している「職務」をくくったもの。
(例:「販売」「店舗運営」「商品開発・仕入れ」など)
※2 職務=概ね1人の従業員が、責任をもって遂行すべき精神的、肉体的活動を要する
仕事の集まりを指す。(例:「販売」「販売・加工」など)
※3 能力ユニット=仕事を効果的、効率的に遂行するために必要な職業能力を、
活動単位でくくったもの。
「能力ユニット」には次の2種類があり、基本的に複数の「能力細目」から構成される。
(1)共通能力ユニット=職種に共通して求められる能力
(2)選択能力ユニット=各職務の遂行のために固有に求められる能力
※4 能力細目=「能力ユニット」の内容をさらに細分化したもので、
概ね「作業」単位でくくった能力の要素を表す。
※5 職務遂行のための基準=「能力細目」の仕事を確実に遂行できるか否かの
判断基準となる行動例や技能・技術を列挙したもの。
※6 必要な知識=その「能力ユニット」に対応する職務を遂行するために前提として必要な知識を表す。
■企業において期待される責任・役割の範囲と難易度により4つの能力段階を設定
職業能力評価基準では、能力ユニットごとの「能力細目」「職務遂行のための基準」「必要な知識」の設定にあたり、企業において期待される責任・役割の範囲と難易度により、4つの能力段階(「レベル区分」と呼んでいます)を設定しています。
<職業能力評価基準におけるレベル区分の目安 例:スーパーマーケット業>
図表2
<制度の詳細>
厚生労働省 「職業能力評価基準について」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/
職業能力評価基準の策定業種一覧 [PDF 215KB]
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/dl/gyousyuitiran.pdf
キャリアマップ(業種別にキャリアの道筋を示したものです。)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/03.html
職業能力評価シート(職業能力評価基準を簡易なチェック形式の評価シートにしたものです。)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/04.html
中央職業能力開発協会 人材要件確認表(中途採用時の面接などに活用できるツールです。)
http://www.hyouka.javada.or.jp/user/method6.html

 

 

企業で働く従業員のスキルを正しく評価し、その能力を伸ばしていく「人材育成システム」。一部の大企業を除き、人材育成システムが構築できている企業はまだまだ少ないのが現状です。


そのため人材評価・育成の制度構築を検討する際の参考として、厚生労働省の「職業能力評価基準」を核とした人材育成システムをご紹介します。


「職業能力評価基準」とは、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に整理したものです。


厚生労働省が整備している人材育成システムの特徴は、業種別、職種・職務別に整理された「職業能力評価基準」を用い、現在の能力レベルを把握、評価するための「職業能力評価シート」、業種内でのキャリア形成の指針となる「キャリアマップ」といったツールを用い、業務内容に応じた実践的な人材育成を行えることにあります。

 

人事育成システム図表.jpg

職業能力評価基準をもとに、企業が人材育成に取り組むに当たって、より簡単に利用できるツールとして、「キャリアマップ」と「職業能力評価シート」を作成しています。


職業能力評価基準(キャリアマップ・職業能力評価シート)の用途


■人事育成/能力開発

・企業内での人材育成制度の整備や従業員の能力開発に活用することができます。

・従業員の方は、自分の能力を把握したり、キャリア形成の目標を立てることができます。


■人事評価

・企業内での人事制度の見直しや人事評価制度の整備に当たって、

評価・処遇決定の基準に活用することができます。


■採用

・社内の人材ニーズの把握、人材戦略の計画実施に活用できます。

・ジョブ・カード制度を利用して採用を行う場合に職業能力評価基準や

モデル評価シートを活用できます。


■検定試験

・業界検定を構築したり、研修・教育のためのテキスト作成や講習に活用できます。



職業能力評価基準の構成


■仕事の内容を細分化して成果につながる行動例と必要な知識を整理・体系化

職業能力評価基準では、仕事の内容を「職種」→「職務」→「能力ユニット」→「能力細目」という単位で細分化しています。そのうえで、成果につながる行動例を「職務遂行のための基準」、仕事をこなすために前提として求められる知識を「必要な知識」として整理・体系化しています。


<職業能力評価基準の枠組み>

 

職業能力評価基準 図表1.jpg

 

[用語解説]

※1 職種=仕事の内容や性質が類似している「職務」をくくったもの。

(例:「販売」「店舗運営」「商品開発・仕入れ」など)


※2 職務=概ね1人の従業員が、責任をもって遂行すべき精神的、肉体的活動を要する

仕事の集まりを指す。(例:「販売」「販売・加工」など)


※3 能力ユニット=仕事を効果的、効率的に遂行するために必要な職業能力を、

活動単位でくくったもの。

「能力ユニット」には次の2種類があり、基本的に複数の「能力細目」から構成される。

(1)共通能力ユニット=職種に共通して求められる能力

(2)選択能力ユニット=各職務の遂行のために固有に求められる能力


※4 能力細目=「能力ユニット」の内容をさらに細分化したもので、

概ね「作業」単位でくくった能力の要素を表す。


※5 職務遂行のための基準=「能力細目」の仕事を確実に遂行できるか否かの

判断基準となる行動例や技能・技術を列挙したもの。


※6 必要な知識=その「能力ユニット」に対応する職務を遂行するために前提として

必要な知識を表す。



■企業において期待される責任・役割の範囲と難易度により4つの能力段階を設定

職業能力評価基準では、能力ユニットごとの「能力細目」「職務遂行のための基準」「必要な知識」の設定にあたり、企業において期待される責任・役割の範囲と難易度により、4つの能力段階(「レベル区分」と呼んでいます)を設定しています。


<職業能力評価基準におけるレベル区分の目安 例:スーパーマーケット業>

職業能力図表2.jpg

 


 

<制度の詳細>


厚生労働省 「職業能力評価基準について」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/


職業能力評価基準の策定業種一覧 [PDF 215KB]

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/dl/gyousyuitiran.pdf


キャリアマップ(業種別にキャリアの道筋を示したものです。)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/03.html


職業能力評価シート(職業能力評価基準を簡易なチェック形式の評価シートにしたものです。)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/04.html


中央職業能力開発協会 人材要件確認表(中途採用時の面接などに活用できるツールです。)

http://www.hyouka.javada.or.jp/user/method6.html

 

PAGE TOP